「DRESS焼酎部」宮崎県をまるごと楽しむ本格焼酎イベントへ

「DRESS焼酎部」宮崎県をまるごと楽しむ本格焼酎イベントへ

DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。 今回は宮崎県をまるごと楽しむ本格焼酎と食の祭典「日本一の焼酎ノンジョルノ宮崎in東京2017」イベントに伺いました。2016年10月末に宮崎県で開催されたイベントが、東京で開催!その様子をお届けします。


DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。

今回は宮崎県をまるごと楽しむ本格焼酎と食の祭典「日本一の焼酎ノンジョルノ宮崎in東京2017」イベントに伺いました。2016年10月末に宮崎県内で開催されたイベントが、このたび東京で開催!

現在、焼酎の出荷量日本一は2年連続で宮崎県です。それもあり、「宮崎県の本格焼酎をもっと多くの方に飲んでもらいたい!」という蔵元の想いが強く伝わってきたイベントの様子をお届けします。

★29蔵元が勢ぞろい!にぎわいを見せた「日本一の焼酎ノンジョルノ宮崎in東京2017」

銀座「Blue Lily」で開催された、宮崎県の本格焼酎と食の祭典「日本一の焼酎ノンジョルノ宮崎in東京2017」。当日は傘と厚手のコートが手放せない気候でしたが、会場は大変熱気のある空間になっていました。

焼酎ブースがずらりと並ぶなか、バーカウンターには蔵元考案の焼酎カクテルもあり、焼酎初心者さんや女性にも飲みやすい提案がなされていました。和食・洋食・中華のビュッフェも豪華!ブランド牛・尾崎牛や宮崎ブランドポーク、宮崎地頭鶏、宮崎キャビアなどを地元の特産品を紹介した30種類の料理が振る舞われました。

来場会場を盛り上げるために、ライブ演奏や焼酎塾、蔵元29蔵をまわる焼酎引張も。来場されていた約300名の皆さんは思い思いの楽しみ方をされていました。

★地元宮崎の名店・老舗店も本格焼酎を応援!郷土料理も充実!

来場されていた方々の注目を集めていたのが、有名寿司店「一心鮨光洋」と天ぷらと蕎麦の老舗店「そばや哲心」です。

「食べログ」で宮崎県総合ランキング6年連続1位の「一心鮨光洋」には、会場のどこが最後尾かわからないほどの長蛇の列が!焼酎を飲みながら並んでいた女性から「今日は絶対にここのお寿司を食べなきゃ!」と声が聞こえたほどです。

昨年、焼酎スタイリストの仕事で宮崎取材を行った時に「一心鮨光洋」に伺っていたこともあり、今回の登場はとても楽しみでした。焼酎文化にも理解が深く、ホスピタリティーに満ちているお店です。(ちなみに……写真は宮崎市内にある店舗スタッフの皆さん)

老舗「そばや哲心」のブースでは、揚げたての天ぷらが食べられ、本格焼酎と天ぷらの”美味しいコーディネート”を堪能してきました。宮崎県の特産品メヒカリや、アワビの天ぷらは特に大人気でした。

本格焼酎は口の中の脂分をスッキリとさせてくれる効果もあるので、揚げ物もしつこくなく食べられるんですよ!

高級食材や宮崎ブランドの食材をつかった料理も楽しめましたし、いっぽうでは各地域の郷土料理も登場していたので、宮崎県の素朴でほっと一息つきたくなるような”癒しの味”も美味しくいただきました。

★焼酎29蔵100種類を飲み比べ!宮崎文化を楽しむ!

宮崎県でよく使われている「だれやみ」という言葉は、「だれ」が“疲れ”、「やめ」が“止める”の意味が転じて一日の疲れをいやす晩酌のことを表します。

そのような表現と焼酎文化が根付く宮崎県。
29蔵元100種類の焼酎を楽しむなか、来場されていた皆さんも焼酎に対して熱心な方が多かったです。

「文化」はその時代の人々の想いや行動によって築き上げられるものなので、「宮崎県の本格焼酎」「日本の焼酎文化」は、この会場にいる方々をはじめ、全国の多くの人たちによって支えられ、発展しているのだと感じ取ることができました。

ロック、水割り、お湯割り、炭酸割りなど、様々な飲み方ができるのも焼酎の楽しみ方ですね。宮崎県の特産品を使った料理をいただきながら、宮崎県の本格焼酎を堪能してきました。

★ DRESS焼酎部 部長yukiko のおこぼれ話 ★

仕事で伺った鹿児島県に続き、今回も、取材中に多くの皆さんから声をかけていただきました。「焼酎スタイリストのyukikoさんですよね?今日はどこのメディア取材で入っているんですか?」と、気軽に声をかけていただける和やかな雰囲気も、焼酎文化がつくりだす魅力のひとつだと思っています。

宮崎県には焼酎スタイリストの仕事で昨年に取材で伺っていたこともあり、親近感がありますし、また行きたいと思っている地域のひとつです。

現在、宮崎県は出荷量日本一の都道府県です。もちろんそこに行きつくまでの関係者皆さんの努力や工夫もあったと思います。私も焼酎スタイリストとして、各蔵の取り組みや考え方も大事にして情報発信をしていきたいと思っています。

今回も多くの蔵元の皆さんにお世話になりました。来場されていた皆さんにも色々と教えていただきました。皆さんとお会いできて、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

「DRESS焼酎部」でも全国部長として、部員の皆さんに色々な楽しみ方を紹介していく予定です。部員の皆さん、引き続き”楽しく美味しい活動”をしていきましょう!

―DRESS焼酎部 部長yukiko―
(photo:yukiko)

「日本一の焼酎ノンジョルノ宮崎in東京2017」
日時: 2月10日(金) 19:00-21:00
場所: Blue Lily 東京都中央区銀座4-6-1三和ビルB2F

★☆★ 関連記事 ★☆★

「DRESS焼酎部」焼酎文化にチャレンジする人たち◆鹿児島編

https://p-dress.jp/articles/2607



[photo/Kazuhiro Bamba,yukiko]

この記事のライター

色彩総合プロデューサー&ファッションスタイリスト、焼酎スタイリスト、ライター。Webメディアや雑誌にて焼酎・食文化・ファッション・伝統文化に関する取材執筆、撮影、講演、商品企画、本格焼酎イベントプロデュースを行う。女性スタイ...

関連する投稿


【DRESSプロレス部 活動報告】全日本プロレス「2017 チャンピオン・カーニバル」を観戦して

【DRESSプロレス部 活動報告】全日本プロレス「2017 チャンピオン・カーニバル」を観戦して

DRESSプロレス部では4月22日(土)、東京・品川で開催された「全日本プロレス」の大会「2017 チャンピオン・カーニバル」を観戦してきました。


ビール好きは集まれ! 「DRESSビール部」発足記念パーティをレポート

ビール好きは集まれ! 「DRESSビール部」発足記念パーティをレポート

ビール好きの皆さん! ついにDRESS部活に「ビール部」が誕生しました。記念すべきキックオフビールはアサヒビールさんから協賛いただきました。「スーパードライ」は今年で発売30周年を迎えます。美味しいビールと豪華な料理、そしてイケメンの登場で会場は大盛り上がり。当日の様子をレポートします。


【DRESSスイーツ部】ゴディバジャパン本社へスイーツ部が行く!

【DRESSスイーツ部】ゴディバジャパン本社へスイーツ部が行く!

昨年創業90周年を迎え、100周年に向けて新しいデケイドを歩みだした、ベルギーを代表する高級チョコレートブランド、ゴディバ。今回、DRESSスイーツ部限定で、発売前の新作デザートドリンクの試飲、意見交換会が開催されました!


【DRESS部活で輝く女性たち #4】ワイン部/ランニング部 阿部容子さん

【DRESS部活で輝く女性たち #4】ワイン部/ランニング部 阿部容子さん

DRESS部活という「趣味でつながるサードプレイス」を持つようになって、人生がますます輝き始めた女性たちに登場いただく連載「DRESS部活で輝く女性たち」。未参加の方もDRESS部活のこと、知ってみませんか? 第4回では、ワイン部 ランニング部 阿部容子さんに登場いただきました。


全日本プロレス4月22日大会に2名様をご招待【DRESSプロレス部に入部して観戦に行こう】

全日本プロレス4月22日大会に2名様をご招待【DRESSプロレス部に入部して観戦に行こう】

DRESSプロレス部に入部して、プロレス団体「全日本プロレス」の大会観戦に行きませんか。4月22日(土)18:00〜開演の大会に2名様をご招待します。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。