オトナの美旅スタイル #7 宝石箱のような美しい海を味わいに、ニューカレドニアへ

オトナの美旅スタイル #7 宝石箱のような美しい海を味わいに、ニューカレドニアへ

成田から8時間半。絶景や美しい海を楽しめるニューカレドニアは今オフシーズン。ホテルや航空券もお得に手に入る時期、旅に出かけてみては?


旅するジャーナリスト・小野アムスデン道子です。真っ白なビーチとコバルトブルー、ターコイズブルー、そして深いブルーに色を変える絶景の海のニューカレドニアに行ってきました。遠い国の海のように思っていたのが、実は意外と近く、本島南部のヌメア国際空港までは、成田と関西空港からエアカランが直行便を運行していて、約8時間半。そして日本が夏だと季節が真逆の南半球はオフシーズンの冬にあたり、ホテルも半額のプロモーションが出て、航空券は6万円前後(往復)からあることも。かなりお得な狙い目シーズンです。

私が訪れた6月は最高気温24℃(9月まではだいたいこれくらい)なので、海で泳ぐにはちょっと冷たいのですが、晴れればかなり気温も上がり、水着に羽織ものでビーチに出ても平ちゃら。本島で1泊した後、飛行機で30分、南太平洋の宝石箱にたとえられるイル・デ・パンに向います。

松の島という意味のイル・デ・パンは、島を発見したイギリス人探検家ジェイムズ・クックが島の南洋杉を松と見間違えてこの名前になったそう。その南洋杉の森と白い砂のビーチの先に美しい海が広がります。そして、さらにそこから高速ボートで20分の無人島イロ・ジュヌ(カメの島)にはもう言葉で表現できないほどの美しい海が広がっていました。

これだけいろいろな青さを見せる海があるだろうかと思えるほど美しい海。しばし、この海に見とれた後、ランチはモロ島でのバーベキュー。山盛りのロブスターにパパイヤサラダ、そしておいしいごはんも。ニューカレドニアはフランス領ですが、「天国にいちばん近い島」という森村佳の小説に登場して以来、日本からの観光客がとても多く、親日的で日本語もあちこちで見受けられます。ランチでお米が出てくるのもそんな配慮かも。

イル・デ・パンに戻って、「ル・メリディアン・イル・デ・パン」に宿泊。オロ湾のラグーン沿いにあって、全室に専用のパティオかバルコニーがつく豪華なバンガローは、リビングとベッドがセパレート、そしてバスルームも驚くほど広々としています。白を基調に木を使ってナチュラルなインテリア、ベッドには天蓋がかかっていて、ロマンチックな雰囲気です。

ル・メリディアン・イル・デ・パン


さて、日本へはまたヌメアから。最後に宿泊したのは、本島北部にある「シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・リゾート&スパ」。ここは1年半前にオープンしたまだ真新しいとてもスタイリッシュなリゾートです。リゾート内を流れる川が海に注ぐところには、浅瀬が続く文字通りの天然プールがあって、足元には色とりどりの魚が寄ってきます。沖まで出なくてもこんなにきれいな海で魚と出会えたのに感激。

シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・リゾート&スパ


帰路、エアカランではエコノミークラスでもアイマスクや耳栓などのアメニティがかわいい袋に入って座席に置かれていて、瞼の裏にはまだあの青い海が浮かびながら、すぐにぐっすりとした眠りに落ちたのでした。

ニューカレドニア観光局では、2016年10月1日〜2017年3月31日まで、ニューカレドニアの対象ツアーを大人代金で購入した一人につき1個、ニューカレドニアの鳥“カグー”のイラスト付きのビーチバックが先着8000名に付いてくる「パシフィック・ハート・キャンペ−ン」を実施するそう。詳しくはこちら

取材協力
ニューカレドニア観光局 https://www.newcaledonia.jp
エアカラン http://jp.aircalin.com/jp
 
Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

 

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連するキーワード


オトナの美旅スタイル

関連する投稿


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

シアトルに行ったら必ず訪れたいスタバの店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」ほか、コーヒーの首都ともいわれるシアトルならではのコーヒーショップをご紹介。


ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

砂糖で似たりんごを詰めて、オーブンで焼くアップルパイ。東京にも美味しいアップルパイのお店は数あれど、今回は米ミズーリ州の「ザ・ブルー・オウル・レストラン&ベーカリー」で食べられる、18個分のりんごを使って作るアップルパイ。カロリーは気になりますがとても美味しそう!


メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコのお料理教室で、びっくりするくらい美味しくなる、ディップの作り方を教わりました。詳しいレシピ、ご紹介しています。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。