女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

婚活で成功する方法。それは「能天気力」。婚活パーティーは言ってしまえば、この世で一番楽しくないパーティー。でも、その場を能天気に、自由にのびのびとふるまう女性こそ、パーティーでイイ男をさらっていくデキる女。いま、婚活女性がつけるべきは能天気力!


■デキる男を捕まえるのは楽しげな女

私は、年に何度も婚活パーティを開催している。何十回もやっていく中である能力を身につけた。受付の3秒で、だいたい今日の結果がどうなるのかがわかってしまうスキルである。

細かく言うと、3つのことがわかる。

1.男性の年収 年収が高い男ほど背筋が伸びている。これで8割は当たる
2.女性の自信 自信のある女性は受付で自分の名前を確認する表情も笑顔

それと、重要なのが3番目だ

3.すっごく楽しそうにやってくる女はデキる男を捕まえる

である。

■重たい空気はなんのその。自由にふるまえばいい

自分で開催しておいてなんであるが、婚活パーティが楽しいわけがない。9割以上の男女は「こんなはずはなかった」と哀しみを抱えている。だから表情も固いし、始まる前の空気は重たい。

開催前になるべくさわやかな曲を流しているけれども、上すべりしている感は否定できない。

そこに、「あっははー、こんにちは!」とやってくるのが能天気女である。

「今日楽しみにしていたんですよ〜」と重たい空気もものともせず、受付の私に話しかけてくれる。
そして、となりの席の男性に「こんにちはぁ〜。どこから来たんですかぁ」などと言いながら隣の男性に話しかける。男性のノリがいまいちなら、近くの女性に話しかける。じ、自由すぎる……。

完全にフライングだけれども、この際重たい空気がどうにかなるならかまわない。

■美人じゃないのに……能天気女が婚活で成功する理由

だいたい、この能天気女は、特別に美人というわけではない。どこにでもいるような普通のルックスで、若く見えるわけでもない。彼女以上に綺麗な人はこの会場にもたくさんいる。

「また今回も、あの大逆転が来るな」。私の予想は当たった。

婚活パーティで、能天気女の笑い声が高らかに響き渡る。「おもしろいですねぇ」「あはは!」とキャッキャと聞こえてくる。男性の表情を見ると、受付時の硬い表情がだんだんゆるんでいる。話の内容までは聞こえないけれども、能天気女に冗談を言っているようにも見える。

男性は能天気女のおかげで、この場で心の余裕を取り戻すことができたようだ。緊張を強いられる婚活パーティの中でオアシスになってくれた彼女に、男性たちはこぞってオファーをするのである。

■勝つ方法は男性の緊張を先に解きほぐす

私がこれまで結婚相談所をしてきて感じることがある。男性というのは、先に与えられると女性を信頼する傾向が強いということだ。

デキる男性(若い、イケメン、年収が高い)は、女性が近づいてきたときに、自分の外側の部分目当てできたと疑う。この疑いが晴れないと結婚には行き着かない。そこで「もしかしたら独立するかもしれない」などと揺さぶりをかけることもある。

しかし、婚活パーティで出会った能天気女は、彼がどんな人であろうとも先に緊張を解いてあげるという偉業を達成している。ここで彼はコロッと彼女を信じ、揺さぶりをかけることを省略する。つまり信頼関係ができやすいので、結婚に至りやすいのだ。

婚活で成功を収める方法は、能天気という相手の緊張をほぐす人間。

恐るべし、能天気女! である。

この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連するキーワード


結婚相談所 婚活 結婚

関連する投稿


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


最新の投稿


夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人きりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


ヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」が新作展示会を開催

ヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」が新作展示会を開催

今注目されるヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」10周年記念の新作展示会を3月29日〜31日に表参道にて開催。


恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

好評連載中の宋美玄先生のメディア向けセミナーが、ドコモ・ヘルスケアの主催で開かれました。これまで連載でも取り上げた内容と重複する点もありますが、復習としてまとめてみました。


植物の力に癒やされる「ボタニカルルームステイ」を舞浜で

植物の力に癒やされる「ボタニカルルームステイ」を舞浜で

東京ベイ舞浜ホテルが、植物の力を感じる宿泊プラン「ボタニカルルームステイ」を4月10日から6月30日まで販売。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。