女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

婚活で成功する方法。それは「能天気力」。婚活パーティーは言ってしまえば、この世で一番楽しくないパーティー。でも、その場を能天気に、自由にのびのびとふるまう女性こそ、パーティーでイイ男をさらっていくデキる女。いま、婚活女性がつけるべきは能天気力!


■デキる男を捕まえるのは楽しげな女

私は、年に何度も婚活パーティを開催している。何十回もやっていく中である能力を身につけた。受付の3秒で、だいたい今日の結果がどうなるのかがわかってしまうスキルである。

細かく言うと、3つのことがわかる。

1.男性の年収 年収が高い男ほど背筋が伸びている。これで8割は当たる
2.女性の自信 自信のある女性は受付で自分の名前を確認する表情も笑顔

それと、重要なのが3番目だ

3.すっごく楽しそうにやってくる女はデキる男を捕まえる

である。

■重たい空気はなんのその。自由にふるまえばいい

自分で開催しておいてなんであるが、婚活パーティが楽しいわけがない。9割以上の男女は「こんなはずはなかった」と哀しみを抱えている。だから表情も固いし、始まる前の空気は重たい。

開催前になるべくさわやかな曲を流しているけれども、上すべりしている感は否定できない。

そこに、「あっははー、こんにちは!」とやってくるのが能天気女である。

「今日楽しみにしていたんですよ〜」と重たい空気もものともせず、受付の私に話しかけてくれる。
そして、となりの席の男性に「こんにちはぁ〜。どこから来たんですかぁ」などと言いながら隣の男性に話しかける。男性のノリがいまいちなら、近くの女性に話しかける。じ、自由すぎる……。

完全にフライングだけれども、この際重たい空気がどうにかなるならかまわない。

■美人じゃないのに……能天気女が婚活で成功する理由

だいたい、この能天気女は、特別に美人というわけではない。どこにでもいるような普通のルックスで、若く見えるわけでもない。彼女以上に綺麗な人はこの会場にもたくさんいる。

「また今回も、あの大逆転が来るな」。私の予想は当たった。

婚活パーティで、能天気女の笑い声が高らかに響き渡る。「おもしろいですねぇ」「あはは!」とキャッキャと聞こえてくる。男性の表情を見ると、受付時の硬い表情がだんだんゆるんでいる。話の内容までは聞こえないけれども、能天気女に冗談を言っているようにも見える。

男性は能天気女のおかげで、この場で心の余裕を取り戻すことができたようだ。緊張を強いられる婚活パーティの中でオアシスになってくれた彼女に、男性たちはこぞってオファーをするのである。

■勝つ方法は男性の緊張を先に解きほぐす

私がこれまで結婚相談所をしてきて感じることがある。男性というのは、先に与えられると女性を信頼する傾向が強いということだ。

デキる男性(若い、イケメン、年収が高い)は、女性が近づいてきたときに、自分の外側の部分目当てできたと疑う。この疑いが晴れないと結婚には行き着かない。そこで「もしかしたら独立するかもしれない」などと揺さぶりをかけることもある。

しかし、婚活パーティで出会った能天気女は、彼がどんな人であろうとも先に緊張を解いてあげるという偉業を達成している。ここで彼はコロッと彼女を信じ、揺さぶりをかけることを省略する。つまり信頼関係ができやすいので、結婚に至りやすいのだ。

婚活で成功を収める方法は、能天気という相手の緊張をほぐす人間。

恐るべし、能天気女! である。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


結婚相談所 婚活 結婚

関連する投稿


自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

内科医のわたしが綴る、リアルな「女医たちの恋愛事情」。そこから見えてくる傾向には、女医という職業に限らず、高学歴・高収入な女性たちにもあてはまるものが少なくないのではないでしょうか。


木を一本描いてみて! あなたの結婚相手が見えてくる絵診断

木を一本描いてみて! あなたの結婚相手が見えてくる絵診断

今回は、描いてもらう1本の木から「あなたの結婚相手が見えてくる」投影法テスト をご紹介いたします。あなたの結婚相手は、一体どんな性格なのでしょう。そして、どんなふたりになるのでしょう。それでは、紙とペンを用意してください。そして深呼吸をして、紙の上に1本の木を描いてみましょう。


2018年、愛される女になる秘訣は「カオナシ」卒業にある

2018年、愛される女になる秘訣は「カオナシ」卒業にある

合コンも、ネット婚活も、お見合いも全然うまくいかない。自分はそれなりに可愛いし、年齢より若く見えるし、性格も悪くない。でもなぜか素敵な人に選ばれない。一体なぜなのか。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、ラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。中村さんは結婚してから、さらに「孤独」について考える機会が増えたようで――。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。