オトナの美旅スタイル #4 ミラネーゼのセルフプロデュースは、生き方にも暮らし方にもルールを設けること

オトナの美旅スタイル #4 ミラネーゼのセルフプロデュースは、生き方にも暮らし方にもルールを設けること

旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。世界中から旅で出会った美しいスタイルをお届けします。今回は、オリーブオイルの取材で訪れたイタリアのミラノで会ったデザイナーの美しさや成功を支えるルールとセルフプロデュースについて。


 イタリア『VOGUE』誌のページを飾り、日本では伊勢丹に商品を出していた若きファッションデザイナーと聞いて、どんなマダムが出てこられるのかとどきどきしながら、ミラノの中心部の広々としたアパートを訪れた私。

 「ようこそ」と出迎えてくれたピセンティ・チェレステさんの若々しさにびっくり。1979年生まれのアラフォーとは思えません。


自宅も兼ねるというアトリエのインテリアは、カプチーノを淹れてくれたコーヒーカップとソーサーさえ、展示のひとつと思えるぐらいに完璧に1枚の絵になっています。

 デザインに、服の持つ文化と歴史を入れるのが彼女流。たとえば、胸の下で切り替えるシルエットの服は、ナポレオンの革命後にコルセットから解放された女性の着た服。そのデザイン・モチーフの服には「ジョセフィーヌ」とその時代の女性の名前を付けて説明も入れるのだとか。

 彼女の育ちの良さと品が表現されたような優しげな服ですが、自身の生き方や暮らしについて「自分自身を保つためのルール」には厳格。食生活は「イタリア人だけど、パスタは食べません。加工食品、乳製品も摂らないの。水は毎日1.5リットルは飲むけどお酒も飲まないし、ドルチェは食べないから料理にお砂糖を使いません」ときっぱり。

オリーブオイルは、チキンや魚にかけて毎日のように使うけれど、身体のために塩は入れずに、胡椒かお醤油を少し足す程度。別荘のあるガルダ湖の土地で農家に頼んで作ってもらうという凝りよう。

2ヶ月で5リットルは使うそうで、週に2回はシャワーのときにつけて、洗い流した後にまた軽くつけるというボディのスキンケアにも利用しているそう。ポレンタ(オートミール)と混ぜてスクラブとして使うこともあって、すべて、無添加の食用と同じオリーブオイルを使用。


 その若々しさに驚くチェレステさんですが、美のために心がけていることは「ただ綺麗なだけではだめ。無知では輝けないわ。デザイナー同士の付き合いだけではなくて、常に自分をインスパイアしてくれる興味深い人を身近に置くこと。もうひとつは家族との時間を大切にすることを忘れないことね」とこちらもきっぱり。

 最後に「撮影した写真を今、見せてくださる? 外に出すイメージはやっぱり大事にしたいの」とにっこり微笑みながら言われたのはさすがでした。

CELESTE PISENTI
http://celestepisentiinteriors.tumblr.com

取材協力/インターナショナル・オリーブ・カウンシル http://believe-oliveoil.jp

Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

おしゃれなミラネーゼも愛する市場「メルカート」でのお買い物。お花や食料品をはじめ、どんなものが買えるのか、活気あふれるメルカートの様子をミラノ在住の河見恵子さんにレポートしてもらいました。


イタリアのハッピーアワー!?「アペリティーボ」の楽しみかた~ミラノ通信#5

イタリアのハッピーアワー!?「アペリティーボ」の楽しみかた~ミラノ通信#5

イタリアでおなじみとなっている、食前酒と軽食を楽しむアペリティーボの習慣。元来食前酒を意味する言葉でしたが、今ではブッフェ形式があったり、いつくかのスタイルが定着しています。楽しみ方をミラノ在住の河見恵子さんにレポートしてもらいました。


コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

シアトルに行ったら必ず訪れたいスタバの店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」ほか、コーヒーの首都ともいわれるシアトルならではのコーヒーショップをご紹介。


ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノのナヴィリオ運河沿いでは、毎月最終日曜日に、「大骨董市」というアンティークの市場が開催されています。わざわざ「大」と呼ぶだけあって、500余りの出展者が2キローメートルほどのエリアに並ぶ大きな規模です。アンティーク市の様子と買い物のしかたなどをミラノ在住河見さんにレポートしてもらいました。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。