母を手放す #1 距離が関係を守ること

母を手放す #1 距離が関係を守ること

「重い」「しんどい」と苦しむ女性が多い母娘関係。もうすこし楽になりたい。母の呪縛から自由になりたい。そう思うなら、母を許すこと。それは手放すこと、解放すること。母娘関係をやわらかくするアイディア、ここにあります。


「母娘関係を楽にする」というテーマで寄稿してくださいと言われ、すぐその場で引き受けたものの、よくよく考えてみると、こんなに難しい話もない。母との付き合いは生まれてから35年間、今に至るまでずっと続いていて、その長い歴史の中で喜怒哀楽全てと、それ以外のもっと複雑な感情も抱いてきた。たぶんお互いに。母のことを考えるのは、自分がなぜこういう人間なのかを考えるのとほとんど同じだ。考えれば考えるほど書きたいことはたくさんあるし、母がこの文章を読むかもと考えると書けないこともたくさんある。それでも2000文字ほどのコラムに一つだけまとめるなら。

私は25歳の頃まで大学院生をしていて、実家暮らしだった。その頃が今までの人生で一番の低迷期。経済的に親に依存しているくせに研究に身が入らないこと、自分が社会にコミットできていないことへの焦りで、毎日「死にたかった」。母とは毎日のように一緒に夕食を食べていた。私がつくることも、母がコンビニでお弁当を買ってくることも、ときには外食してお酒を飲むこともあった。仕事からくたくたになって帰ってくる母の話を、「うんうん」と聞いた。

大学院を卒業して「フリーライター」という名刺をつくり、少しして実家を出ることを告げると母はぽつりと言った。「ご飯食べながらあなたと一緒に話すことが一日の楽しみだったのに」と。

家を出てからは新しい生活でそれなりに忙しくなった。母から来るメールへの返信も疎かになった。といっても、私はもともとメール不精で、友達への返信も2~3日くらいは遅れることがある。それを気にする友達はいなかったし、私もプライベートのメール返信にそこまでこだわらない。でも母は違った。朝のメールに夕方まで返信しないと、「どうしてるの?」「無事なの?」とメールが来る。次第に内容がエスカレートして、「どうしてメールの返信がないの?」「お母さんのことはどうでもいいの?」。5つ上の姉が「若い子が返信忘れるなんてよくあること」と言ってくれたらしいが、母は納得いかなかったのだと思う。最終的に「わかった、もうあなたはいないものと考える」というメールが来た。

友人の一人は、「束縛する彼氏みたいだね」と言った。私は恋人からもそんな束縛をされたことがなかったし、母を扱いかねていた。もうメールが来なければいいのに。しばらく疎遠になっても構わない。自分の生活のほうが大切だった。

でも、話を聞いていたもう一人の友人が言った。そんなの簡単、というように。「自分からメールしてみたら。メール来てから返信するんじゃなくて」。

メールが来るのがうっとおしいのに、自分からメールを打つ。何だか矛盾しているし、それだけのことといえばそうなのだけど、それから、メールが来る前にできるだけ自分からメールするようにした。そんなに頻繁にではなかったけれど。それでも母は、嘘のように落ち着いた。

仕事でするような丁寧さ、慎重さ、ときには作為的な朗らかさで母にメールを送るようになって、ああ、母と私は他者になったと思った。家族だって、母娘だって他者であり、他人。気を遣わなければ関係が壊れてしまう。「気を遣う」というよそよそしさは距離をつくるが、距離は関係を守ることもある。私が母に気を遣い始めた頃、母もまた私に気を遣い始めたのかもしれない。それは幸運だった。ギリギリのところでバランスを取ったと今になって思う。遅い遅い親離れ・子離れだった。

■自分と母との境界線はどこなのか

母はずっと中学の国語教師をしていた。私も姉も昔から本を読むのは好きだったが、文学や日本語に詳しい母を誇りに思い、心酔していたのは姉よりも私の方だろう。大学院修士課程の2年目の終わり、どうしても修論が書けなくて中退したいと言った私に、母は「あなたが日本文学で博士号を取るのは、お母さんの夢だったのに」と言った。結局もう1年かかって、みっともない修論を書いた。それが限界だった。

親からの期待がプレッシャーだった、親の敷いたレールの上を……という子どもがいることは話に聞いていたけれど、自分もそうだったのかもしれないと思うようになったのは仕事を始めてしばらく経ってからだ。

母のことは大好きだし、責めるような気持ちはない。母が私に与えた影響について考えたことで、かえって昔より今の方が良い関係を築けていると思う。何より自分自身、生きるのが楽になった。

でも適切な距離を取れるようになったこととは別に、考えることがある。お母さん、自分とは何だろう。どこまでが自分で、どこからが母なのだろう。どうして私は文章を書いているのだろう。昨年、心理カウンセラーの男性は私に、「タマネギの皮をむくようなもの。本当の自分というものはない」と言った。たとえ答えがなくても、あなたのことを、私はずっと考え続けるのだろう。

小川たまか
1980年・東京都品川区生まれ。立教大学院文学研究科で江戸文学を研究中にライター活動を開始。 フリーランスとして活動後、2008年から下北沢の編集プロダクション・プレスラボ取締役。主に教育・働き方・性暴力などを取材

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


「家族」は「大切」にしなければならないのか。

「家族」は「大切」にしなければならないのか。

多くの人は「家族は大切にしなければならない」と教えられてきたのではないだろうか。しかし、必ずしもその教えを守らなければならない、というわけではない。家族はときに、敵になることだってある。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第7話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。ペルソナのムードメーカーである助産師・小松が迎えた、女性としての人生の転機を描いていました。


最新の投稿


たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、いつも素敵なイラストやコラムを執筆してくださっている兎村彩野さんが、自身の大切にしている肌ケア習慣をご紹介します。


肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は肌をつくる食生活を見直します。美肌をつくる食事法を皮膚科医の赤池智子先生に伺いました。


宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

ノバレーゼは、一口サイズで色とりどりのロール寿司12種を36貫詰め合わせたお花見弁当を、東京・銀座の創作和食店「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」で、2月19日~4月28日まで販売します。大人数向けから1〜2人向けのものまでご用意。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

手相で「開運」を表す線の代表といえば「向上線」と「希望線」です。どちらの線も、開運して成功をつかむことができる運をもっています。向上線では開運の時期がわかりますので、その時期を目標にして頑張りましょう。希望線は夢をもつことで開運力が高まります。まずは夢や目標を見つけましょう。