30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。


■20代前半での結婚=安泰じゃなかったの?

買ったばかりの新車のエスティマを降りて、近鉄電車に飛び乗った。

左手にボストンバッグ、右手に犬、背中にも犬を背負っている。それが30歳の私だ。

私が離婚する頃には、友人たちは結婚ラッシュだった。
「うげーっ、完全なる形勢逆転じゃっ」と、絶望した。
「もう誰も、離婚のことなんて触れないでくれー!」と願った。

結婚したらいつまでも勝ち組でいられると思っていたのに。私が信じていた安泰は幻想だった。

■離婚が私から奪ったもの

離婚してから、2つの感情に苦しんだ。一つは、喪失感である。自分を記憶するハードディスクが壊れた感覚だ。交際から結婚、離婚までの7年間は元夫との思い出だらけだ。それが完全に破壊される。私の20代が風化していく。そんな喪失感だった。
もう一つは罪悪感だ。「私は人を愛せない人間なんだ」と、自分を責めた。
 
喪失感と罪悪感を実感するのはかなりきつい。だから離婚すると、元夫の悪口をいっぱい言いたくなる。「あいつのせいで私の人生めちゃくちゃだ!」と思ったほうが楽だからだ。実際、私も言いまくっていた。

「明美ちゃん、大変だったんだね」と離婚したばかりの頃、周りの人たちは慰めてくれた。しかし、周りの人たちだって、私が100%被害者だって思ってはいない。私の話に違和感を覚えながらも忍耐をもって聞いているだけだ。

ある日、同級生の友人が私に一言言った。
「明美ちゃん、もうそろそろ許してあげないと自由になれないよ」

■許すことで、愛する気持ちを取り戻す

友人の言葉にハッとした。どうして私は元夫を許せないのか。もう終わったことなのに。なぜ1年経っても許せていないのか。
実は「相手をどうして愛せないの?」「なんで捨てたの?」と知らない間に自分自身に語り続けていたのだ。「だって相手が悪いのよ!」と自分に言い訳をし続けた。それで相手を許せなくなっていた。

「相手を許す努力が未熟でごめんなさい」と心の中で自分に語ったら、涙が止まらなくなった。私は何より自分に許されたかったのだ。同時に、あっさりと相手への怒りなんてどこかに行ってしまった。それからまもなく今の夫に出会うことになった。おそらく自分を許せなければ、出会っても結婚まで至らなかった。いつまでも元夫を恨んでいたに違いない。

34歳で再婚


今の夫と34歳で再婚した。相手を愛し尽くすことの大切さを実践する機会を得た。私はどんどん幸せな気持ちで生きられるようになっていった。

「私も他の人のためにそんな出会いを作りたい!」と強く思うようになった。前の仕事をスパッと辞めて結婚相談所をいきなり立ち上げ、今年の6月で7年目を迎える。日々修業する中、気づきをいただいたことをシェアさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載

大西明美さんのDRESSでの連載は「大西明美さんの連載」から。

5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている彼女の想いや体験談、大人の恋を成就させる方法、結婚願望があるのに婚活がうまくいかない人に向けたメッセージなどを読むことができます。

この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連する投稿


ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンを「ああ、参加しなきゃよかった」と不貞腐れて、適当にやりすごすのはもったいない。いい人がいなくても、その場にいる男性から「女性として扱われるか」「女性として見られているか」チェックする機会として活用してはいかがだろうか。そのほうが楽しいし、意味のある時間になること間違いなし。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。