大西明美 さんが 2017/01/07 に更新
30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。

結婚 離婚 結婚相談所 コミュニケーション 夫婦 恋愛

■20代前半での結婚=安泰じゃなかったの?

買ったばかりの新車のエスティマを降りて、近鉄電車に飛び乗った。

左手にボストンバッグ、右手に犬、背中にも犬を背負っている。それが30歳の私だ。

私が離婚する頃には、友人たちは結婚ラッシュだった。
「うげーっ、完全なる形勢逆転じゃっ」と、絶望した。
「もう誰も、離婚のことなんて触れないでくれー!」と願った。

結婚したらいつまでも勝ち組でいられると思っていたのに。私が信じていた安泰は幻想だった。

■離婚が私から奪ったもの

離婚してから、2つの感情に苦しんだ。一つは、喪失感である。自分を記憶するハードディスクが壊れた感覚だ。交際から結婚、離婚までの7年間は元夫との思い出だらけだ。それが完全に破壊される。私の20代が風化していく。そんな喪失感だった。
もう一つは罪悪感だ。「私は人を愛せない人間なんだ」と、自分を責めた。
 
喪失感と罪悪感を実感するのはかなりきつい。だから離婚すると、元夫の悪口をいっぱい言いたくなる。「あいつのせいで私の人生めちゃくちゃだ!」と思ったほうが楽だからだ。実際、私も言いまくっていた。

「明美ちゃん、大変だったんだね」と離婚したばかりの頃、周りの人たちは慰めてくれた。しかし、周りの人たちだって、私が100%被害者だって思ってはいない。私の話に違和感を覚えながらも忍耐をもって聞いているだけだ。

ある日、同級生の友人が私に一言言った。
「明美ちゃん、もうそろそろ許してあげないと自由になれないよ」

■許すことで、愛する気持ちを取り戻す

友人の言葉にハッとした。どうして私は元夫を許せないのか。もう終わったことなのに。なぜ1年経っても許せていないのか。
実は「相手をどうして愛せないの?」「なんで捨てたの?」と知らない間に自分自身に語り続けていたのだ。「だって相手が悪いのよ!」と自分に言い訳をし続けた。それで相手を許せなくなっていた。

「相手を許す努力が未熟でごめんなさい」と心の中で自分に語ったら、涙が止まらなくなった。私は何より自分に許されたかったのだ。同時に、あっさりと相手への怒りなんてどこかに行ってしまった。それからまもなく今の夫に出会うことになった。おそらく自分を許せなければ、出会っても結婚まで至らなかった。いつまでも元夫を恨んでいたに違いない。

34歳で再婚

今の夫と34歳で再婚した。相手を愛し尽くすことの大切さを実践する機会を得た。私はどんどん幸せな気持ちで生きられるようになっていった。

「私も他の人のためにそんな出会いを作りたい!」と強く思うようになった。前の仕事をスパッと辞めて結婚相談所をいきなり立ち上げ、今年の6月で7年目を迎える。日々修業する中、気づきをいただいたことをシェアさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載

大西明美さんのDRESSでの連載は「大西明美さんの連載」から。

5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている彼女の想いや体験談、大人の恋を成就させる方法、結婚願望があるのに婚活がうまくいかない人に向けたメッセージなどを読むことができます。

関連する投稿


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

「夫が育児をしない」「夫が育児に非協力的」といった声は世の中少なくない。でも、元から育児に協力的な性格の夫はいないし、夫婦間のコミュニケーション次第で、夫は育児を率先してやるようになるもの。夫が自発的に育児、さらには家事に参加するようになる方法を、小田桐あさぎさんが提案する。


婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活中の女性が「石鹸」の香りを放っていれば、成功して婚活を早く終えるという特徴がある。近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


最新の投稿


TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

本とデジタル両方手に入る『Airbook』サービスに書籍・雑誌合わせて29 タイトルが新たに加わり532 タイトルになり、女性誌も追加となりました。


フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

日本でも人気がではじめたフルーツ焼酎(ソジュ)。韓国の居酒屋ではどこにいっても飲める、人気継続中のフルーツ焼酎。ゆずをはじめ、様々なフルーツフレーバーが楽しめるお酒なのです。そこで今回は"フルーツ焼酎"のちょっと変わった飲み方や、その人気の秘訣についてみていきます。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を確実に貯める、お金を安全に増やす――そんな方法を探している女性は少なくないのでは。お金を増やすといっても、短期間だったり、投資だったり……というのはハイリスク。無理して節約したり副業に手を出したりしなくても、確実にお金が貯まる、日常の小さなルールをとりまとめた本をご紹介します。


日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

和歌山県海南市の酒造大手・中野BCは、搾りたての新酒など、同社の日本酒全21種を、1杯100円で飲み比べできるイベント「にほん酒BAR」を、1月29日(日)に開催。