30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。


■20代前半での結婚=安泰じゃなかったの?

買ったばかりの新車のエスティマを降りて、近鉄電車に飛び乗った。

左手にボストンバッグ、右手に犬、背中にも犬を背負っている。それが30歳の私だ。

私が離婚する頃には、友人たちは結婚ラッシュだった。
「うげーっ、完全なる形勢逆転じゃっ」と、絶望した。
「もう誰も、離婚のことなんて触れないでくれー!」と願った。

結婚したらいつまでも勝ち組でいられると思っていたのに。私が信じていた安泰は幻想だった。

■離婚が私から奪ったもの

離婚してから、2つの感情に苦しんだ。一つは、喪失感である。自分を記憶するハードディスクが壊れた感覚だ。交際から結婚、離婚までの7年間は元夫との思い出だらけだ。それが完全に破壊される。私の20代が風化していく。そんな喪失感だった。
もう一つは罪悪感だ。「私は人を愛せない人間なんだ」と、自分を責めた。
 
喪失感と罪悪感を実感するのはかなりきつい。だから離婚すると、元夫の悪口をいっぱい言いたくなる。「あいつのせいで私の人生めちゃくちゃだ!」と思ったほうが楽だからだ。実際、私も言いまくっていた。

「明美ちゃん、大変だったんだね」と離婚したばかりの頃、周りの人たちは慰めてくれた。しかし、周りの人たちだって、私が100%被害者だって思ってはいない。私の話に違和感を覚えながらも忍耐をもって聞いているだけだ。

ある日、同級生の友人が私に一言言った。
「明美ちゃん、もうそろそろ許してあげないと自由になれないよ」

■許すことで、愛する気持ちを取り戻す

友人の言葉にハッとした。どうして私は元夫を許せないのか。もう終わったことなのに。なぜ1年経っても許せていないのか。
実は「相手をどうして愛せないの?」「なんで捨てたの?」と知らない間に自分自身に語り続けていたのだ。「だって相手が悪いのよ!」と自分に言い訳をし続けた。それで相手を許せなくなっていた。

「相手を許す努力が未熟でごめんなさい」と心の中で自分に語ったら、涙が止まらなくなった。私は何より自分に許されたかったのだ。同時に、あっさりと相手への怒りなんてどこかに行ってしまった。それからまもなく今の夫に出会うことになった。おそらく自分を許せなければ、出会っても結婚まで至らなかった。いつまでも元夫を恨んでいたに違いない。

34歳で再婚


今の夫と34歳で再婚した。相手を愛し尽くすことの大切さを実践する機会を得た。私はどんどん幸せな気持ちで生きられるようになっていった。

「私も他の人のためにそんな出会いを作りたい!」と強く思うようになった。前の仕事をスパッと辞めて結婚相談所をいきなり立ち上げ、今年の6月で7年目を迎える。日々修業する中、気づきをいただいたことをシェアさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載

大西明美さんのDRESSでの連載は「大西明美さんの連載」から。

5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている彼女の想いや体験談、大人の恋を成就させる方法、結婚願望があるのに婚活がうまくいかない人に向けたメッセージなどを読むことができます。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連する投稿


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

結婚は「誰もが見るドラマ」、たとえば昔の月9みたいなドラマではなくなった。人々のライフスタイルや人生の選択は多様化し、今や「結婚=して当然のもの」ではないからだ。小野さんの連載【オンナの抜け道】#2では結婚をテーマに書いていただきました。


「カマキリ女」になってはいけない

「カマキリ女」になってはいけない

カマキリ女化、していないだろうか。「女性はみんなカマキリだ」。これはKさん(外資系金融・アラフィフ・二児の父)の言葉。男性が恐れる、"カマキリ女"とは一体……?


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


最新の投稿


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。


5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

パンピューリからは天然素材のフットマスクが登場。サンセット クルーズ アイ パレットはメイクをランクアップさせてくれそう。紫外線ケアはヘアもお忘れなく! アヴェダのスカルプラインをチェックして。ジュリークのローズミストが数量限定で発売。エスティ ローダーのリップスティックの刻印サービスは使ってみたい!


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。


ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダル

ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダル

ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダルを4月28日に発売。インパクトのあるパイソン柄を施した新色グレーが登場。