30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。


■20代前半での結婚=安泰じゃなかったの?

買ったばかりの新車のエスティマを降りて、近鉄電車に飛び乗った。

左手にボストンバッグ、右手に犬、背中にも犬を背負っている。それが30歳の私だ。

私が離婚する頃には、友人たちは結婚ラッシュだった。
「うげーっ、完全なる形勢逆転じゃっ」と、絶望した。
「もう誰も、離婚のことなんて触れないでくれー!」と願った。

結婚したらいつまでも勝ち組でいられると思っていたのに。私が信じていた安泰は幻想だった。

■離婚が私から奪ったもの

離婚してから、2つの感情に苦しんだ。一つは、喪失感である。自分を記憶するハードディスクが壊れた感覚だ。交際から結婚、離婚までの7年間は元夫との思い出だらけだ。それが完全に破壊される。私の20代が風化していく。そんな喪失感だった。
もう一つは罪悪感だ。「私は人を愛せない人間なんだ」と、自分を責めた。
 
喪失感と罪悪感を実感するのはかなりきつい。だから離婚すると、元夫の悪口をいっぱい言いたくなる。「あいつのせいで私の人生めちゃくちゃだ!」と思ったほうが楽だからだ。実際、私も言いまくっていた。

「明美ちゃん、大変だったんだね」と離婚したばかりの頃、周りの人たちは慰めてくれた。しかし、周りの人たちだって、私が100%被害者だって思ってはいない。私の話に違和感を覚えながらも忍耐をもって聞いているだけだ。

ある日、同級生の友人が私に一言言った。
「明美ちゃん、もうそろそろ許してあげないと自由になれないよ」

■許すことで、愛する気持ちを取り戻す

友人の言葉にハッとした。どうして私は元夫を許せないのか。もう終わったことなのに。なぜ1年経っても許せていないのか。
実は「相手をどうして愛せないの?」「なんで捨てたの?」と知らない間に自分自身に語り続けていたのだ。「だって相手が悪いのよ!」と自分に言い訳をし続けた。それで相手を許せなくなっていた。

「相手を許す努力が未熟でごめんなさい」と心の中で自分に語ったら、涙が止まらなくなった。私は何より自分に許されたかったのだ。同時に、あっさりと相手への怒りなんてどこかに行ってしまった。それからまもなく今の夫に出会うことになった。おそらく自分を許せなければ、出会っても結婚まで至らなかった。いつまでも元夫を恨んでいたに違いない。

34歳で再婚


今の夫と34歳で再婚した。相手を愛し尽くすことの大切さを実践する機会を得た。私はどんどん幸せな気持ちで生きられるようになっていった。

「私も他の人のためにそんな出会いを作りたい!」と強く思うようになった。前の仕事をスパッと辞めて結婚相談所をいきなり立ち上げ、今年の6月で7年目を迎える。日々修業する中、気づきをいただいたことをシェアさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載

大西明美さんのDRESSでの連載は「大西明美さんの連載」から。

5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている彼女の想いや体験談、大人の恋を成就させる方法、結婚願望があるのに婚活がうまくいかない人に向けたメッセージなどを読むことができます。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

恋愛経験値の少ない男性との恋愛は、何かと苦労する場面があるのが現実です。問題なのは、彼らは自分の振る舞いが女性を傷つけたり、がっかりさせたりするのに気づかないこと。彼らには「客観的な視点」が足りないだけなので、なぜそうなってしまうのか、彼らが思うところも、女性には知っておいてほしいです。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


最新の投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がれているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


おっぱい