【女性の働き方の多様化】この時代を、しなやかにサバイブするには

【女性の働き方の多様化】この時代を、しなやかにサバイブするには

働き方が多様化する現代。女性のこれからの働き方・ワークスタイルについて、安藤美冬さんに連載を担当していただきます。安藤さんが『DRESS』読者の女性たちと目指すのは、ひとりひとりが「自分だけの幸せな働き方の成功モデル」をつくること。


■自分の居場所が見つからなかった20代

20代は「ここではないどこか」に自分の居場所があるような気がしていた。世界を旅し、本を読みあさり、2年足らずで3,000人を超える人たちに会った。

でも、漫画や映画に出てくるような「自分の使命」に目覚める瞬間は一向に訪れず、当時の会社での仕事以上に自分にやれそうなこと、そしてやりたいことなんてこの世のどこにも転がっていなかった。

そんな私は、大学を卒業し、大手出版社に新卒入社するも、新入社員時代は典型的な「ダメ社員」。ろくにコピーもとれず、メールを読み間違えて打ち合わせや会議をすっぽかし、挙げ句に会社に損害を与えるミスを犯しまくる始末。入社3年目の26歳には「抑うつ状態」と精神科医に診断され、半年間休職した。決して不真面目に、ぼんやりと生きていた訳じゃない。そのはずなのに、なかなか自分の居場所が見つからない。とても歯がゆい気持ちでいっぱいだった。

■ひとりひとりが、幸せな働き方の成功モデルをみつける

それから月日が経ち、32歳の現在の私は、一部で「ノマドワーカー」と称されている。スマホやPCを持ち歩き、働く場所や時間に縛られないノマド(遊牧民)として、小さな会社を経営しながら自由度の高い働き方を実践している。

私の働き方の最たる特徴は、肩書や専門領域すら固定していないことだ。敢えて自分を「フリーランス」と名乗り、「職業、安藤美冬」として多種多様な仕事を手がけている。

ある時は企業と契約をしてソーシャルメディア発信のブランディング戦略を練り、ある時は学長として学校を運営し、ある時はエンタメ番組のMCを務め、またある時はニュース番組のコメンテーターとしてテレビに出演するというように。

今でも、人がうらやむような大金を持ってるわけではないし、数字で測れるような実績を残しているわけではない。働くことへの悩みも消えない。会社の看板に頼らずに働くことのストレスはやはり大きい。それでも、この世界に自分の居場所をつくり、その居場所に自分を最適化させた働き方は少しずつ実現しているように思える。

働き方担当相として、この連載を読んでくださっている『DRESS』の女性たちと目指すのは、ひとりひとりが「自分だけの幸せな働き方の成功モデルをつくること」だ。

幸せの定義は多様化し十人十色であるように、それぞれにそれぞれの幸せな働き方の正解がある。私も日々悩んでいるけれども、それでも同時代に生きるひとりの女性として、皆さんと一緒に、新しい時代の新しい働き方をつくりだしていきたいと思う。

■女性だからこそ描ける物語

ここに二人の女性がいる。一人は、その生涯のほとんどを田舎に捧げた祖母だ。どことなくお嬢様な雰囲気が漂う祖母は、よく小さい私の手をひいて、美容院に連れて行ってくれた。祖母は、都会に出て華やかな暮らしをするのがささやかな夢だった。

そして、私の母。母は過保護だった祖父の反対を押し切って、ひとり上京した。母には舞台女優という夢があったのだけれども、結婚して専業主婦となり、私を育ててくれた。ありふれた平凡な人生かもしれないけれども、どんな女性にだって、ささやかな夢がある。

女性だからこそ描ける物語があるのだ。

社会に広がる閉塞感、働くことの不自由さ、まだまだ男性優位社会の不公平さ、先行き不透明な時代ならではの不安、そうした私たちにまとわりつく現状や空気を打ち破り、21世紀を走り抜けていくのが私の願いだ。

誰であっても居場所はあるし、いくつになっても未来への可能性は無限なはず。決して一人で頑張る必要もなくて、他者とゆるやかにつながりながら、知恵を出し合い、力を合わせていけばいい。そのために、「ソーシャルメディア」に代表されるツールを使いこなし、「セルフブランディング」などの戦略を武器として、この予測のつきにくい時代をしなやかにサバイブしていくこと。

『DRESS』から生まれる働く女性たちの物語、ここに開幕。

■安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんのプロフィール

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフスタイルを実践、注目を浴びる。 月間5000万PVを記録する人気ウェブメディア「TABI LABO」エッジランナー(連載)、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるほか、商品企画、コメンテーター、広告& イベント出演など幅広く活動中。著書にDRESS自立塾での講義をまとめた『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』などがある。オンラインサロン『Wonderland』主宰。

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

子供から大人まで幅広く愛される製品を数多く生み出し続けているカルビー株式会社。たくさんの人の笑顔を作り出すために奔走する同社コーポレートコミュニケーション本部 広報部 広報課 課長の野原 和歌さんにこれまでのキャリアとこれからの働き方について伺いました。


女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

チェコは女性の働き方に関して、周囲の理解が得られやすい国だと思います。そのためライフスタイルを無理に変えることなく、自分のワークスタイルをつくることができます。すべてを自分で抱え込むことなく、働き方を大切にできるチェコ文化の正体とは一体なんなのでしょうか。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!