1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 冬のおしゃれにマスト! 美シルエットを保つための静電気対策

冬のおしゃれにマスト! 美シルエットを保つための静電気対策

Share

土曜日のファッションコラムは、パーソナルコーディネーター®の木村えりなさんが担当。今回は、冬のおしゃれに欠かせない、静電気対策。スカートの美シルエットを保つためにも、毎日の習慣にしたいですね。

冬のおしゃれにマスト! 美シルエットを保つための静電気対策

タイツが恋しい季節になりましたね。ボトムスも、ニット素材など温かいアイテムが心地よく過ごせます。

でも今の季節、タイツを穿いた際、静電気でスカートが脚にくっついてしまって恥ずかしい思いをしたことありませんか?
せっかくオシャレをしたのに、脚のラインがくっきり出てしまって、スカートがまくれ上がってきたのではもったないですよね。

特にニットスカートとタイツの相性はとても悪く、上の写真のように太ももにくっついてしまいます。タイトスカートもタイツと密着し、静電気でまくれ上がりやすいので要注意。

出かけ先で恥ずかしい思いをしないためにも、ぜひ簡単な対策を。今回は、私が毎回行なっている3つの対策をお届けします。

■冬に取り入れるべき3つの静電気対策

1.静電気除去スプレー

まず最初に行いたいのが、「エレガード」などの静電気除去スプレーです。スカートを穿く予定があれば、前日の夜までにひと吹きしておくと安心。直前のスプレーは、きちんと乾くのを待つ必要があるので要注意です!

静電気対策のスプレーは、「エレガード」に限らずさまざまなメーカーで販売されているので、価格とサイズ感で選びましょう。

2.ペチコート

楽天の「オリジナルファッションFelice」というショップで購入したペチコートが思った以上に快適で、大活躍しています。
薄手のスカートでも透けないのはもちろん、静電気対策アイテムとしても優秀です。

東レが開発した素材を使用しているペチコートで、カラーは5色展開(黒、ネイビー、ベージュ、モカベージュ、オフホワイト)。私はモカベージュを選びました。明るい色のスカートを穿いたとき、一番スカートの色にひびかなさそうです。

着丈は35センチから75センチまで、5センチ刻みで幅広い展開があり、好きな長さを選べるのも魅力です。私は65cm着丈を購入。膝下まで長さがありちょうど良いです。

肌の保湿グッズ

最後に大切なのが、肌の保湿ケア。肌が乾燥していると、より静電気が起こりやすくなってしまいます。秋冬はこまめなケアでうるおいを保ちましょう。

私が主に取り入れているのは、3つ。

まずはとにかく大好きな「SHIRO」の酒かす石鹸。酒かすには保湿効果があり、デイリーに取り入れられるしい保湿ケアアイテムです。

次に、バスタブに入れている「a day」のバス&ボディオイル。お風呂上がりに身体に塗るとしっとり効果抜群ですが、つい忘れてしまうので、浴槽に入れて香りをたっぷり楽しみながら保湿もしています。

最後に、デイリーケアに欠かせないハンドクリーム。今年は「ドットールヴラニエス」のロッソノービレの香りを。手が乾燥しているとストッキングやタイツを伝線させやすいので、ハンドケアも日々の日課にすることをおすすめします。香りが良いと気分も上がりますよ。

■静電気対策で美シルエットを手に入れて

冒頭の写真と見比べると一目瞭然ですが、静電気ケアをするだけでスカートのシルエットがとてもきれいに見えます。太ももあたりでスカートがくっついてしまうと、せっかくのフレアシルエットも台無しに。

冬が深まっていくにつれて空気が乾燥し、また、どんどん寒くなるのでタイツが欠かせなくなります。だからこそ、日々の静電気対策が大事。少しでも参考になればうれしいです。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article