1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ひとりカラオケあるある7選

ひとりカラオケあるある7選

Share

好きな歌を思いっきり歌うと、ストレス発散になりますよね。とくに、一緒に行く人に気を遣わなくて済む「ひとカラ」は、最近とても人気です。そんなひとりカラオケのあるあるをピックアップ。

ひとりカラオケあるある7選

■いいことしかない

ひとりだと待たなくていいし、誰に気を遣うこともない。

最初は抵抗があったけど、慣れてきたら、誰かと行くのが窮屈で嫌になる。

■なんなら、カラオケマラソンだってできる

最長で6時間、ぶっ続けで歌ったことがある。

自分のスタミナとレパートリーの豊富さに驚く。

■最強の清涼剤

ストレスが溜まったと感じたら、ひとりカラオケに限る。

すっかりリフレッシュできて、お店に入る前と出たあとで、世界が違って見える。

■ひとりカラオケの醍醐味

大好きな同じ曲を何回でも歌えるのが、ひとりカラオケの最大の魅力だと思う。

誰かと一緒のときは、御法度だもの。

■平気なふりして、やっぱりちょっと恥ずかしい……

月に4〜5回はひとりカラオケしている私のような猛者でも、受付でグループ客と居合わせてしまうと、ちょっと居心地が悪い思いをする。

なので、ひとり客が多い平日の昼間に行くことにしている。

■好きな歌を好きなだけ

古い曲とか、好きなアーティストの無名な曲とか、なんとなく場を盛り下げてしまう感じがして、普段は避けなきゃと思うような曲でも、ひとりだと好きなだけ歌える。

■ひとりで行く本当のワケ

ひとりがいいからじゃなくて、一緒に行ってくれる友達がいないから、ひとりで行く。

ひとり外食あるある8選

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article