1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 気を使いすぎる人あるある8選

気を使いすぎる人あるある8選

Share

コミュニケーションを円滑にするためには適度な気配りが欠かせません。でも、度を超えてしまうと、ストレスの元になったり、かえって誤解を生んだりする原因になることも……。気を使いすぎる人の特徴を集めてみました。

気を使いすぎる人あるある8選

■「わかる〜!」が口癖

気を使う人 あるある

場の空気を読もうとしたり、人の顔色を伺ったりして、誰かの言うことに同意してしまいがち。

「だよね〜」「確かに〜」など、違う言葉を使ったり、トーンを微妙に変えたりして、調子いいヤツと思われないように工夫している。

■損な性格

気を使って遠慮してしまう損なひと

遠慮しなきゃと思って言ったりしたりすることで、拒否ったと勘違いされることが少なくない。


気になってしまう言葉あるある8選

■相手にも気遣いを求めてしまう

自分が気を使うのと同じように、相手にも気を使ってほしいと思う傾向がある。

見返りを求めるのはおかしいと思いながらも、相手にまったく気を使う様子がないと萎えるし、思うように対応してもらえないとイラッとする。

そして、一喜一憂して疲れる。

■ひとり反省会

気を使う人はすぐに反省する

1日の終わりに、その日にあった受け答えをいくつか取り上げて、果たして正しかったのかどうかを考え、毎日のように悶々とする。

■疲れてスマホさえ見る気がしない

気を使う人は気疲れしやすい

人といるときはずっと笑いっぱなしで、みんなと別れて電車に乗った途端どっと疲れが出て、スマホを手に取る気さえしない。

■「気い使い屋さん」の嘘

「私、すごいい気い使い屋さんで〜」と言う人がいると、「嘘つけ」って思う。

本当に気を使う人は、気を使っていることを悟られまいとするから、そんなこと絶対に言わない。

■電話が一番、気を使う

気を使う人は電話が嫌い

人と対面して会話する時より、情報量が少ない電話ごしのほうが、声のトーンや話し方に必要以上に慎重になって疲れやすい。

毎度、終わってみると脇汗がすごいことになってる。

■LINEの返信が遅いわけ

気を使う人はLINEの返信が遅い

仕事関係の人とLINEするとき、短いセンテンスでうまくきちんと伝えなくてはいけないと思い、文法や構成、言い回しなどを何度もチェックするので、やたらと時間がかかる。

結果、LINEの返信が遅いとよく言われる。

【心理テスト】あなたが疲れたときに出てくるもの

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article