ギャルあるある7選

Share

“ギャル”という言葉には、良くも悪くもさまざまなイメージがくっついていますが、実際のところはどうなのでしょう? 今回は、ギャルにまつわるあるあるをピックアップしました。

ギャルあるある7選

■ギャル語

ギャルの皆さんが生み出す、新しい言葉やユニークな表現の数々。

これらを考案して、浸透させる力は本当にすごいと思う。

■いい人が多い

ギャルが道案内

あまり行き慣れない渋谷で道に迷ったとき、ギャルっぽい子に話しかけたら、丁寧に道案内してくれた。

実際のところ、いい人が多い気がする。

■ヒールとベビーカー

ヒールを履いたギャルとベビーカー

10センチほどのヒールを履いてベビーカーを押している姿を見ると、純粋に「すごい」「真似できない」と思ってしまう。

体幹がしっかりしているのかもしれない。

■ところが実は……

ギャルは料理がうまい

「露出が多めで性に奔放なイメージを持たれやすいが、実は一途」

「服装は派手だけど、家事が得意」

など、ギャップ萌えを狙っているフシがあるように思う。

実際、萌える。

■熱しやすく冷めやすい

ちょっと気が合うとすぐに親友になり、つまらないことでモメてしまい(主に男関係)、絶好するイメージがある。

自分の気持ちにまっすぐで、正直者が多い。

■一点豪華主義

バッグと財布だけ、やたらハイブランドの良いものを持っている子が多い。

高見えコーデの王道。

■大麻草がシンボルマーク

ギャル

生活に自家用車が欠かせない地方とかだと、かなりの割合で、バックミラーから大麻草の形をした芳香剤をぶら下げている。

大麻をやっているというわけではない。

肌を露出するということ。彼女が脚を出す理由

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article