1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. デートで相手との距離を縮める3手 〜話題探しに疲れた、優しいあなたへ〜

デートで相手との距離を縮める3手 〜話題探しに疲れた、優しいあなたへ〜

Share

素敵な人とデートすることになったけれど、何を話そうかな? そんなときに役立つ、話題づくりの3つのポイントとは。26歳で離婚後、数々のデートを重ねてきた編集者・藤田華子さんが語る、愉しいデートについてのめくるめく考察。

デートで相手との距離を縮める3手 〜話題探しに疲れた、優しいあなたへ〜

こんにちは!
そろそろ、おでん屋さんで肩を寄せ、日本酒を楽しむデートがしたい季節です。

最近カフェで、苦しき沈黙の時間が流れるデートを目にしました。
会話から察するに、どうやらお見合いアプリで知り合ったふたり。

恋に発展する可能性にかけて、「はじめまして」と挨拶したばかりの相手をもっと知りたい。でも、仕事や趣味など一通り聞いても盛り上がるポイントが見つからない。まだ深い話をする仲でもないし、会話の糸口がつかめない……という重~い空気。

天性の人懐こさや頭の回転の速さをもってして、どんなシチュエーションでも相手との距離を縮めることが得意な人も世の中にはいます。

でも多くの人にとって、話題探しは、知性とパワーを使う大変な作業なのではないでしょうか。気を使って何か投げかけても、相手の触手がその話題に伸びなければ会話は尻すぼみに。相性といえばそれまでですが、ただただ疲れだけが残ってしまうようでは、悲しすぎます。

せっかくのデートなんですから、なるべくならそんな時間は回避したいですよね。今回は私が反省しているデートのエピソードと、話題づくりについての考察を綴ろうと思います。

■マッチングアプリで知り合った染め物職人とのデートを、取りやめた件

かつて「ペアーズ(pairs)」というマッチングアプリを使ったことがあります。

そのアプリは自分の趣味嗜好をチェックすることで、重なる項目がある人をレコメンドしてくれるシステムでした。私は「竹原ピストル、将棋、蕎麦、短歌、和服、温泉」に印を。そこで、「和服好き」という項目が重なった、染め物職人さんとマッチングしました。

オシャレな方で、休日は和服で美術館に出掛けたり、ファッションデザイナーのご友人とDJをしたりしているそう。他愛もないメッセージのやりとりを何度か重ねたのち、デートしましょうとなるわけです。

ここで問題が起きました。デートの前日、私、「何を話せばいいかわからない」って怖気づいてしまったんです。相手の華やかさにひるんでしまい、私はファッションに詳しくないし、服もダサいし、彼はきっとイケイケだろうし、怖い〜……って。結局会うのはお断りしました。

相手との時間に思いを馳せること。
どんな会話を楽しもうか想像すること。
これは忙しい大人が、相手のためだけに時間を割く=デートに出かけるときの最低限のマナーです。

でも、萎縮してしまいそれができなかった。
いまとなれば、仕事や趣味の話、話題なんてたくさんあったのに。恋に立ち向かう心が萎んでいたのかもしれません。彼には本当に、申し訳ないことをしたと反省しています。

■デートで相手との距離を縮める3手

知り合って日も浅いお相手には、もちろんお見合いシート的な内容も聞きたいですよね。お仕事は? お住まいは? ご家族は? とかとか。

でもこれは、単にその人の”スペック”であり、相手を知るための本質ではありません。同じものを見たときにどんな言葉で感動を伝えてくれるのか、問題に直面したときどう乗り越えるのかーー。そういう時間をともにすることで「この人いいな」と思う瞬間を重ねるのが、恋愛への道だと思います。


じゃあどうすればいいのか?
私としては、下の3つをオススメします。

(1)何度も読み返している本や、観返している映画を訊く

相手の興味関心がわかるだけでなく、自分との意外な共通点が見つかる可能性もあります。
私はド緊張するデートでこの質問をし、相手に村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』が好きだと教えてもらったことがありました。

「私は春樹より龍派だわ……」と思いつつ(笑)、未読だったので新しい本を知る機会になりましたし、その人が「走ることで心身を整えている」と仰っていて、なんだか凛とした姿勢に安心感を覚えたんです。

育ってきた環境が違う相手と心を通わせるポイントは、その人を通してしか語られない言葉、つまり「解釈」を聞くことだと実感した瞬間です

(2)最近食べた美味しいものを訊く

人生レベルで訊くとお袋の味とかが出てきてしまいそうなので(笑)、わかりやすく最近食べた美味しいものについて。「忙しくてコンビニばっかり」という返答だったら仕事熱心なんだなあとか、「カレーをスパイスから煮込むのが好きです」ならこだわり派なんだなとか。「食」から読み解ける情報は、彼を知り、今後を考えるうえで重要です。

それに、食べ物の話をしているときって誰しも心が平和になりますし、「一緒に食べたい!」と伝えることで自然に次のデートへ誘うキッカケにもなります。食べ物は万能。

(3)仲良くなりたいけど緊張する相手には、事前リサーチを

メッセージをやりとりした限り、共通の話題がなさそう。でも紳士的で格好良い彼と、どうにかして仲良くなりたい……!

盛り上がる保証がなく不安を抱えてデートに行くとき、私は事前リサーチをします。リサーチは、会話の潤滑油になるほか、沈黙が訪れたときの保険です。

彼のブログやSNSが割れているのならば、直近のポストをチェック。スイーツの投稿が多かったら、「最近パンケーキ食べたいんだよね」なんて、さり気なくアピールしてみましょう。SNSをさかのぼったことがバレると引かれる可能性があるので、あくまでさり気なく、です(笑)。

以前、不思議なご縁で数学者(!)とお食事に出かけた際、待ち合わせに向かう電車で彼のインタビューを読み「漫画が好き」と発見。数学の話もしたけれど、『こち亀』の何巻がお気に入りかなどマニアックなトークに花を咲かせることができました。


もちろんここに挙げたのは一例です。恋愛にセオリーはありません。

優しい気遣い屋のあなたが、思い煩うことなくデートを楽しめますように。
そして皆さんのデートライフが幸せなものになりますように!

■『すべてのデートに祝福を』のバックナンバー

#1待ち合わせは朝6時半、朝デートのすすめ 〜だって夜は忙しいから〜
#2「足袋持ってきてね」? 変わり種デートのすすめ 〜お食事だけが正解じゃないから〜
#3高級店のお礼は“500円”でいい。知的好奇心を満たす贈り物のすすめ

Share

藤田 華子

編集者、エッセイスト。休日はお湯に浸かって読書か場末の飲み屋。将棋、竹原ピストル、江國香織が好き。ベリーダンサーの時は別の名。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article