1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「足袋持ってきてね」? 変わり種デートのすすめ 〜お食事だけが正解じゃないから〜

「足袋持ってきてね」? 変わり種デートのすすめ 〜お食事だけが正解じゃないから〜

Share

「夜、待ち合わせをして、お食事と会話を楽しむ」というテンプレートは、果たしてデートの最適解なのか? 26歳で離婚後、数々のデートを重ねてきた編集者・藤田華子さんが語る、もっとデートを楽しむための提案。今回は、非日常すぎない“変わり種デート”のすすめ。

「足袋持ってきてね」? 変わり種デートのすすめ 〜お食事だけが正解じゃないから〜

前回「朝デートのすすめ」を綴りましたが、今回も変わり種です。

離婚の傷も癒え、友人たちの援護により男性との出会いに恵まれた私は、着々とデートを重ねるようになりました。そんな折、浮かんできたナチュラルな疑問。

「すっごく楽しかったデートと、何だか不完全燃焼に終わったデートの違いは何なのか?」

恋愛にマニュアルはありませんから、カップルの数だけ正解はあるし、楽しい・楽しくない要因はさまざまだと思います。でも年頃の男女にとって、「あなただけのため」に時間とお金をかけ、真心を注ぐって、けっこうすごいこと。せっかくならば、ホクホク幸せな気持ちになれるデートを目指したいじゃないですか。

どうすればと考えていたとき、「全国子ども電話相談室」の回答に膝を打ちました。

「好きな人に告白する言葉を教えて」という小6の女子からのかわいい相談に、放送タレントの永六輔はこう答えます。

言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。(中略)二人っきり、まずはふたりになること。きれいな言葉を使いあうこと、きれいなことに感動すること、ふたりで声をそろえて感動してください。


同じ感動を、同じ時点で受け止めること。そして声をそろえて感動することーーつまり、心が通う経験をたくさんしようというわけです。

そんな経験をさせてくれた彼とのデートを振り返ります。

■「足袋を持ってきてね」というリマインド

気になっていた男性からこんな連絡が入りました。
「足袋、持ってますか? 今度、お能のお稽古に行かない?」

お能……?

歌ったりするのかな? 音痴だけど、恥ずかしくないかしら? 脚太いの、目立たないかな?
意中の相手に良いところを見せたい乙女心が働きます。

ためらっていることを察した彼から、また連絡が。
「たまに行くんだけど、面白いよ。華ちゃん、好きそうだと思って」

この誘いは、彼が生きる世界の延長線上なのか。身構える心が優しく溶けてゆきました。お能のお稽古中に、顔を浮かべてくれたことがうれしい。行ってみたいですとお返事しました。

当日のリマインドメール

■声をそろえて感動した夜

神楽坂で待っていると、飄々と彼がやってきました。彼はアーティストを生業としていて、風のような身軽さが魅力でした。

お教室に入ると、先生と、老若男女20名ほどの生徒さんがいらっしゃいました。目標は能一曲を舞うことですが、一回のお稽古では能の台本である「謡(うたい)」を謡い、基本の所作を「仕舞(しまい※)」で学びます。すべてが初めてでてんてこ舞い!

彼はすぐにその場に居合わせた方々と仲良くなり、「そこはすり足だよ」とか、サポートしてくれました。最後みんなの前でこの日の成果をひとりずつ発表し、この日はお開きに。

お腹が空いたねとレストランまで歩く道のり、教わった内容を一緒に復習しました。道端で舞う彼の姿が、少年みたいでおかしかったです。

「難しかった!」
「奥深い世界!」
「先生に惚れ惚れしたねえ!」

興奮気味に感想を述べ合っていたら、彼は「俺たちも堂に入ってたよ!」とニヤッと笑いました。覚えも悪いし、堂々としていたわけないのですが、幸福感で胸がいっぱいになったのを覚えています。

■高温のデートと平温のデート、どちらも楽しい

このあとも彼から誘われ、極寒の釣り堀でおしゃべりしたり(1時間いて1匹も釣れなかった)、浅草に雷おこしを作りに行ったりしました。派手ではないけれど、どれも忘れられない思い出です。

夢の国に行きましょうとか、フレンチのフルコースを予約しましたとか、非日常のイベントは熱量を使います。それが毎回続くと私は疲れてしまうし、胃もたれしてしまう。たまにだから、その時間が愛おしい。

一方、ひぐらしの鳴き声に包まれて畳でうたた寝している夏の夕方、恋をしていると「ここにあの人もいれば良かったのに」と思うことがあります
楽しかったこと、気持ちよかった瞬間を一緒に味わいたいという平熱のデート。

あなたと一緒にどんな景色を見たいか、その景色の中であなたがどんな顔をするのか。彼のデートはそんなコンセプトだったんじゃないかなって思います。本人に言ったら、「何も考えてないよ」と笑われそうだけど。


冒頭にも書きましたが、カップルの数だけ、さまざまな恋愛の形があります。

もっとデートに多様性を。
もっと皆さんのデートライフが楽しくなりますように。


(※)能の一部を面・装束をつけず、紋服・袴のまま素で舞うこと。

Share

藤田 華子

編集者、エッセイスト。休日はお湯に浸かって読書か場末の飲み屋。将棋、竹原ピストル、江國香織が好き。ベリーダンサーの時は別の名。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article