1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. セフレ関係を楽しめる人、苦しくなる人の3つの違い

セフレ関係を楽しめる人、苦しくなる人の3つの違い

Share

「セフレを好きになってしまって苦しい」。そんな状況になったらどうすればいいの? そもそもセフレとの関係を割り切って楽しめる人、割り切れない人に違いがあるのでは。性やセックスにまつわる率直なツイートで人気の“もちこ”さん( @mochikodayoyo )のコラム第7弾。

セフレ関係を楽しめる人、苦しくなる人の3つの違い

こんにちは。もちこです。

フォロワーさんから「セフレを好きになってしまって苦しいです。どうしたらいいですか?」といった内容の質問や相談をよくいただきます。

セフレやワンナイトの関係って、上手く距離を取れれば楽しいけど、取れないとしんどいですよね。

下手に恋してしまうと、とても苦しい思いをすることになると思います。

「なぜセックスするための“友達”なのに、恋愛感情を持ってしまうか?」といった、そもそもの疑問点なども踏まえて、連載第7回目では「セフレとの関係を楽しめる女、向いてない女」について書きました。

■セフレとの関係を楽しめる女は、サイコパスビッチ

一般的にセックスは、好きな人に触れたいというスキンシップの欲求の延長線上にあるものですよね。

好きだからもっと触れたい、近づきたい、ひとつになりたい、特別なスキンシップを取りたい――。

「好き」という感情とセックスは本来近いところにあるはずなんです。

にもかかわらず、セフレのことは好きにならない、もしくは付き合う前にセックスする相手は恋愛対象外になってしまう、というタイプがセフレに向いている女です。

必ずしも好きになったからセックスする、という流れじゃないですし、付き合ってなかろうが相手に彼女がいようが、セックスしても罪悪感を感じない人をここでは「サイコパスビッチ」と呼ぶことにします。

■セフレとの関係を楽しめる女は、セックスをスポーツだと思っている

セックスって普段使わない筋肉をたくさん使いますよね。特に騎乗位などをしたことで、次の日に腰回りが筋肉痛になったことがある女性もいると思います。

「ジムに地道に鍛えるより、快感が伴って楽しく鍛えられた方が良いから、セックスで体を引き締めよう」とスポーツ感覚でセックスをする人は、恋愛感情とセックスを別々に考えられるので、セフレに恋することはありません。

そういったタイプにとって、セックスはダブルスです。パートナーと最高の快感を勝ち取りに行くものなんです。

■セフレとの関係を楽しめる女は、セックスを美容活動だと思っている

気持ちの良いセックスをした翌日にお肌の調子が良いなと感じたり、週3回以上セックスする人は若く見えると言われたり、気持ちの良いセックスは「キレイ」にプラスの影響を与えてくれるんですよね。

エステに通うのも高級な美容液を買うのも、お金や手間がかかるけれど、セックスはコスパの良いエステであって、美容のためにコンスタントにしている、という意識の人は、純粋にセックスを楽しめると思います。

気持ちが良いし、お肌はツヤツヤになるし、若返る上にコスパが良いなんて最強ですよね。

■セフレに向いてない女はメンヘラビッチ

セックスと愛を不自然に、強く結びつけたがるのがメンヘラビッチです。

順序がバグっていようが、好きだからセックスする、セックスしたから好き、みたいになってしまうのです。

■セフレに向いていない女は、セックスが寂しさの埋め合わせだと気付いてない

深いスキンシップを取ることで、寂しさから一時的に逃れられてホッとして、その安心感を恋とすり替えてしまうんですね。

愛に飢えていると、相手を本気で好きなわけではなくて、寂しさから求めてしまっていることに気付きにくいです。

簡単に手に入った快感に毒されて、もっと特別になりたいから彼女になりたい→ってことは私、彼のことが好きなんだ、と思うわけですね。

単に寂しさの埋め合わせで、相手を求めてしまっているだけで、他の誰でも同じような感情になることに気付かないと、苦しいセフレへの片想いが始まります。

■セフレに向いていない女は、無駄に貞操観念がある

「正しい恋愛をしなくちゃいけない」という考えに囚われている人は、付き合っていない人とのセックスに過度に罪悪感を覚えて、セックスに特別な意味を見出そうとします。

好きでもない人とセックスをする自分のことが認められないわけですね。

そうなると後付けで「好きだったってことにしたい」と脳が深層で感じて、好きでもない人のことを好きになるよう、思い込み始めてしまうんです。

会えば会うほど、セックスすればするほど、無理に理由付けしながら「この人のことが好きだ」と……。

■一人ひとりがセックスを自分らしく楽しめたら素敵

あなたはどのタイプでしょうか。思い当たる節はありましたか?

セフレとの関係を楽しめるのが良いとか、セフレに向いてないのが普通とか、そういうことを言うつもりはありません。

ただ、セフレに恋をして心に苦しみを抱え込んでいる人には、「なぜセフレを好きになってしまうのか」を因数分解して、つらさから解放されてほしいなと思います。

セフレを作るのも、あえてセフレの関係を選ぶのも、セフレに恋をするのも自由。それぞれ好きにすればいいんです。

私が思うのは、一人ひとりがセックスを自分なりに楽しめたら素敵だなあということ。

もちこでした。第8弾もお楽しみに!

もちこさんの連載バックナンバー

#1男性に言いたい。セックスのとき、女性の目を見つめてください

#2女性が『セックス早く終わって』と願う瞬間あるある

#3男性には『エロい女』にしてほしい。最高なセックスをしたいから

#4いつものセックスに飽きたなら。“違う快感”を楽しめる体位4選

#5セックス中、男性よりも先に気持ちよくなる簡単な方法

#6セックスが上手い男の見分け方。事前にチェックできる3つのこと

#7セフレ関係を楽しめる人、苦しくなる人の3つの違い

#8こんな言葉攻めは嫌だ。セックス中に噴きそうになるから

#9泣くほど気持ちいいセックスをする3つの方法

#10前戯をデート中に始めるススメ

Share

もちこ

Twitter(@mochikodayoyo)で女性の情緒について日々ツイートしています。フォロワー5万5千人突破。人様に笑われるような恋愛やセックスばかりしています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article