1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 私たちをきれいに見せるワンピース。着るだけできちんと感

私たちをきれいに見せるワンピース。着るだけできちんと感

Share

ワンピースは女性が日常的に楽しめるファッションアイテムのひとつ。さまざまな形と素材のバリエーションがあり、いろいろなイメージで作り込むことが可能。それゆえに着こなし方は腕の見せ所。意外と奥が深いアイテム、それがワンピースなのだ。私が最近気に入っているワンピースコーデをご紹介。

私たちをきれいに見せるワンピース。着るだけできちんと感

■ワンピースしか着ない人

「ワンピースしか着ない」と決めている友人がいる。

ワンピースだと服を買うときも、忙しい朝に服を決めるときも、組み合わせを考えなくて楽だから、というのが理由だそう。

でも彼女は不思議と「服を考えていない」「いつも同じ服ばかり着ている」という印象にはなっていない。
それどころか、いつ何時でも「きちんと装っている」感があり、好印象だ。

そう、この「きちんと装っている」という印象をまとえるのが、ワンピースの最大のメリットだと思う。

■ニットワンピはとびきり女らしいワンピース

私が今一番気にっている、ダブルスタンダードクロージングのニットワンピース。

胸元がカシュクールになっていて、スカートが長めのプリーツ、長いリボン付き。

女度がとても高いワンピースだが、意外と“料理”のし甲斐がある。

ワンピースの甘さを中和させるべく、ハードな革のライダースジャケットをチョイス。

綺麗な配色のジョンストンズのカシミアストールを羽織り、ストールの色と合わせた綺麗色のスエードのショートブーツを履く。

バッグはかろやかなイメージを簡単に醸し出せる、J&M DAVIDSONのカーニバルで。

合わせるもの次第でイメージをガラリと変えられるのも、このワンピースの優れたところ。

■古着のワンピースはあえて柄物を選ぶ

私が持っているワードローブは、柄物の服がほとんどない。

組み合わせにくく、コーデの幅が限られるし、ゴチャついたイメージになるのがイヤ――そんな理由があって、柄物の服を買うことは滅多にない。

ところが先日、下北沢の古着屋で、かなり年代物の個性的な柄ワンピを試しに2着購入してみたら、これが楽しい! 無地ばかり合わせるコーデに飽きている自分を発見したのだ。

ワンピースの場合は柄物でもコーデに悩まなくていいのが楽ちん。
素直にすとん、と着てバッグと靴を合わせるだけだ。

服は無地のもので揃え、柄物は小物で揃えるワードローブの組み立て方に関する記事はこちら▼

柄物は「小物」で取り入れる! 無地しか着ない私の方法

https://p-dress.jp/articles/7763

私は一部を除いて無地の服しか着ない。ヒョウ柄とカモフラージュ柄、縦のストライプの服は数枚あるが、ボーダー、水玉を含め、花柄、幾何学模様の服はほとんど持っていない。その分、スカーフやベルト、バングル、ストールなどで柄を添加する方法を取っている。この方が遥かにコーデを作り込みやすく、柄物に飽きずに長く付き合える。

どこか懐かしさが漂う昭和っぽいボウタイのワンピースには、レースアップのショートブーツと、ヴィンテージっぽいデザインのTORY BURCHのバッグがぴったり。

個性的な柄物の服は、最新シーズンのものだと誰かとかぶる不安があるが、古着だとまずそれがないのも嬉しい。

■ワンピースを着るだけで出る特別感

ワンピースというファッションアイテムを、日常的にまとえるのは女性だけだ。

もちろん、男性だってバイクに乗るときに着る革のつなぎとか、消防士さんの着ているようなオールインワンのような服はある。

でもやっぱりワンピースを着ることは、女性の特権。
ワンピースを着ていると誰でもきちんと女らしく見える。特別感が出る。

そのせいだろうか、ワンピースは間違いなく男性ウケがいい。

たまに実家に帰るとき、姉や私がワンピースを着ていくと、父は今でも嬉しそう。
若くはない娘でも(笑)、ワンピースを着ていると父親は喜ぶものなのだ。

男性は「ワンピースが好き」という事実。
これはこの先、元号が変わっても変わらないと思われる。

合わせるアクセサリーやタイツ靴、バッグ選びで印象を変えられるワンピース。
ここぞという勝負時にもやっぱりワンピース。

この春もワンピースでおしゃれを楽しもう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article