1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 日常会話との共通点とは? セックスで意識したい会話のコツ

日常会話との共通点とは? セックスで意識したい会話のコツ

Share

日常会話とは異なり、なかなか思うようにはいかないセックスでの会話。「『気持ちいい』って言葉にして伝えた方がいいのかな」「愛情表現はするべき?」と悩んだことのある人もいるのでは? セックスで意識したい会話のコツを、ビジネス心理研究家の神岡真司さんに伺いました。

日常会話との共通点とは? セックスで意識したい会話のコツ

セックスで意識したい会話のコツを、ビジネス心理研究家の神岡真司さんに聞きました。

■セックスの会話で気をつけるポイントは、相手を否定しないこと

ーーセックス時の会話と日常会話は全くの別モノと考えた方がいいのでしょうか?

セックスと日常会話は別モノといえばそうかもしれませんが、会話を通して共感し、一体感を生み出すという意味では共通しています。心理学的に、人は自分が共感できる相手に親近感を抱く傾向があります。だから、セックスでも「共感」を意識することが重要なんです。

また、日常会話でもセックスでも、ムードを盛り上げるうえでポイントになるのが、言葉で愛情表現をしたり、「ここが好きだよ」と相手を褒めたりしてお互いの承認欲求を満たすこと。自分のことを承認してもらえて、嬉しくない人はいないですよね。

逆に相手の言葉を否定すると、相手は自分自身を否定されたような気持ちになるんです。だから、基本的に相手を肯定するよう心がけてください。

ーーセックス時の会話でNGなことはなんですか?

男女ともにセックスの会話でやってはいけないのは、ネガティブなことを伝えることと、コンプレックスを刺激すること。

体型にまつわることなど、本人が気にしているポイントを攻撃するのはやめましょう。相手のコンプレックスは、逆に「私はそこが好き」と認めてあげることで、相手も安心してセックスを楽しめますよ。

また、「やべえ」「アイツ」のような汚い言葉遣いはNGです。せっかくのいいムードを壊してしまうこともあるので、気をつけてください。

■愛情表現は積極的に! セックスを盛り上げる会話のコツ

ーーセックス時に、積極的に言葉にした方がいいことはありますか?

まずは、愛情表現をたくさんすることですね。

直接的に「愛してる」「好き」と言うのが苦手なら、「あなたのここが好き」と褒めることで、愛情を間接的に伝えることができます。たとえば、相手の顔などの外見でもいいですし、性格などの内面を褒めてもかまいません。

ーー褒めるのも効果的なんですね。

相手の承認欲求を満たすのに効果的なのが、褒めることなんです。

ただし、褒めすぎにも注意が必要です。褒めすぎると、男性は「これでいいんだ」と天狗になりますから。相手が傲慢にならない程度にしてください(笑)。

ーー相手が喜ぶ、効果的な褒め言葉はありますか?

外見でも内面でも、「その人らしさ」を具体的に褒めると人は嬉しく感じるものです。
外見であれば「腕の筋肉が素敵」、内面であれば「頼りになるね」と褒めるのもいいと思います。

ーー行為中、気持ちを言葉にする人とそうでない人がいますが、「気持ちいい」などの言葉は積極的に伝えた方がいいのでしょうか?

そうですね。男性は承認欲求のほか、本能的に征服感を求める生き物。「気持ちいい」をはじめ、感極まった感じを言葉にして伝えるのは良いと思います。

また「気持ちいい」と伝えることで、相手を不安にさせず、自信を持たせてあげられます。

ーー伝え方のポイントはありますか?

ポイントは、倒置法で感情部分を最初に言葉にすること。
たとえば、「気持ちいい、そこが」「嬉しい、もっと」のように、感情的な言葉を最初に持ってくると、よりストレートに気持ちが伝わります。


神岡さんによれば、セックスの会話で大切なのは、お互いの存在を承認し合うことだそう。
愛情表現や褒め言葉をたくさん使うことで、より一層愛を感じられそうですね!

Text/市川茜

神岡真司さん プロフィール

ビジネス心理研究家
日本心理パワー研究所主宰。法人を対象にした組織活性化コンサルティング、モチベーションアップトレーニングなどを行う。著書に『頭のいい人が使うモノの言い方・話し方 ちょっとした話し方のコツが相手に与える印象を大きく変える』『絶対折れない「心」のつくり方 無理せず、落ち込まず、悩まずに生きる秘訣』『モテすぎて中毒になる 男女の心理学』『男と女のLOVE心理学「恋愛」から「結婚」まで自在にコントロール』など。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article