1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』感想。人生は些細なきっかけで輝き出す!

映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』感想。人生は些細なきっかけで輝き出す!

Share

【シネマの時間】第51回は、映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』をお送りします!全米No.1コメディアンヌ エイミー・シュマー主演、共感度満点のラブ・コメディ。12月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』感想。人生は些細なきっかけで輝き出す!

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

今年も残りわずかとなりました。

2018年は、皆さんにとってどんな1年でしたか?

泣いたり笑ったり、いろいろなことがあったことかと思いますが、笑顔で新年を迎えたいですね!

【シネマの時間】第51回は、誰もがきっと元気になれるハートフルなコメディー映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』をお送りします。

全米No.1コメディアンヌ、エイミー・シュマー主演の話題の最新作!

モテない、サエない、自信がない、理想の自分になれないレネー(エイミー・シュマー)が、ある日自分を変えようと通い始めたジムでハプニングに見舞われ頭を打って気を失ってしまいます。

目が覚めたレネーは、自分の見た目が絶世の美女になっていると思い込むようになり、性格も超ポジティブに。

「今のワタシ最高!」とすっかり自信に満ち溢れた彼女は、仕事も恋も絶好調になるのですが……。

笑いと勇気を与えて世界25カ国で大ヒット、新時代のプリティ旋風がいよいよ日本へ。

共感度満点のラブ・コメディです。

是非、映画館でホットなひとときをお楽しみください!

12月28日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

■映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』あらすじー自分に自信がない主人公が、超ポジティブになれたことで、人生が輝き出す様を描いたラブ・コメディ。

レネー・ベネット(エイミー・シューマー)は、ぽっちゃりでサエない容姿を気にして、自分に自信が持てずにいました。

高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門に勤めているのですが、美しい社員たちが勤める華やかな本社ではなく、チャイナタウンの地下の小部屋においやられ、サエない毎日を送っています。

ある日、レネーは一念発起し、痩せるためにジムに通い始めます。

しかし、トレーニング中にエアロバイクから転落。その勢いで頭を強打し、失神……。

目が覚めたとき、レネーは何故か絶世の美女に変身していると思い込んでしまうのです。

実際は何ひとつ変わっていないのに……。

自分ではは、美人になったと思い込み、圧倒的な自信を手に入れたからというもの、レネーはどんな出来事も超ポジティブに受け取るようになります。

精力的になったレネーは、ずっと憧れていた本社の受付係に応募。

面接で自信に溢れ、お洒落な装いをしたレネーを見て、美人CEOのエイヴィリー・ルクシア(ミシェル・ウィリアムズ)は、彼女を受付係として採用します。

念願の受付係になったレネーの毎日はそこから輝き始めるのでした。

プライベートでは、CNNで働く草食系の男性イーサン(ロリー・スコヴィル)とクリーニング屋で出会い、レネーの勘違いから急接近。

ポジティブ過ぎて強引なレネーに最初引いていたイーサンでしたが、やがてレネーの内面の強さやチャーミングさに惹かれデートを重ねていきます。

そんなある日、会社は購入しやすいラインナップのセカンドラインを立ち上げることになります。

もともと仕事熱心で、一般女性の気持ちがわかるレネーの意見は、とても重宝されました。

レネーは、お嬢様育ちでラグジュアリーな世界しか知らないエイヴリーや彼女の祖母で創業者のリリーにも気に入られ、なんとボストンで行われる大切なプレゼンに参加することになります。

イーサンとの関係もどんどん深まり、仕事も恋愛も絶好調のレネー。

しかし、レネーは自分の美しさを鼻にかけるようになり、仲の良かった親友たちとの友情にヒビが入ってしまうことに。

そんな中、レネーは再び頭を打ってしまうのですが……!

■映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』作品紹介

映画『アイ・フィール・プリティ』2018年12月28日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://ifeelpretty.jp

原題:I Feel Pretty
監督・脚本:マーク・シルバースタイン・アビー・コーン
製作:マックG、メアリー・ヴィオラ、アリッサ・フィリップス、ドミニク・ラスタム、ニコラス・シャルティエ、エイミー・シューマー
製作総指揮:ジャスティン・バーシュ、ケビン・ケイン、ジョナサン・デクター、ダニエル・ラパポート
脚本:アビー・コーン、マーク・シルバースタイン
撮影:フロリアン・バルハウス
美術:ウィリアム・O・ハンター
衣装:デブラ・マクガイア
編集:ティア・ノーラン
音楽:マイケル・アンドリュース
音楽監修:リンダ・コーエン
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:110分
映倫区分:G
配給・宣伝:REGENTS
© MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

■映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』キャスト

エイミー・シューマー=レネー・ベネット
ミシェル・ウィリアムズ=エイヴリー・ルクレア
ロリー・スコヴェル=イーサン
エミリー・ラタコウスキー=マロリー
エイディ・ブライアント=ヴィヴィアン
ビジー・フィリップス=ジェーン
トム・ホッパー=グラント・ルクレア
ナオミ・キャンベル=ヘレン・グレイ
ローレン・ハットン=リリー・ルクレア
エイドリアン・マルティネス=メイソン

【シネマの時間】
アートディレクション・編集・絵・文=諸戸佑美
©︎YUMIMOROTO

Share

諸戸 佑美

本や広告のアートディレクション/デザイン/編集/取材執筆/イラストレーションなど多方面に活躍。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article