1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. 天国にいちばん近い島、ニューカレドニアの魅力を伝えたい

天国にいちばん近い島、ニューカレドニアの魅力を伝えたい

Share

「天国にいちばん近い島」と言われるニューカレドニア。今回、大自然にあふれるこの島の魅力をお伝えします。南太平洋に浮かぶプチフランスのイメージが高いニューカレドニア。ユネスコの世界遺産に登録されている美しすぎるラグーンをはじめ、緑多き山も楽しめる魅力多き国です。

天国にいちばん近い島、ニューカレドニアの魅力を伝えたい

■ニューカレドニアの航空券が意外と安いってホント?

日本から約8時間のフライトを経て到着。エアカランという航空会社で成田空港から週5便(季節によっては毎日)・関西国際空港から週2便の運航があり、トントゥータ空港まで直行便で向かいます。

日本との時差も2時間なのがありがたい。また旅費の中でも航空券代は意外と高くつくものですが、料金が他の国よりもお手軽なのがポイント。

安い時期は往復4万円代なんてときも。ぜひチェックしてみてくださいね。さて、続いて海も山も楽しめる魅力をご紹介します!

■書籍『天国にいちばん近い島』のモデルになった離島へ

旅行記『天国にいちばん近い島』の舞台になったのが、本島から国内便で30分ほどにある離島「ウベア島」。せっかく来たならぜひ訪れていただきたいと思う場所です。

何よりも透明度の高いエメラルドグリーンの海、真っ白なパウダーホワイトサンドビーチや大きな青い空。美しき地球を感じられる場所。

ここは全長45キロの島の中に、約25キロのまっすぐな海岸線が続いています。私が座っているのは、北部と何部を結ぶ「ムリ橋」の上からの眺望です。息を呑むような美しさで圧巻でした。人も少なく、リラックスできたのも良かったですね。

■ランチピクニックのできる貸切無人島ツアーへ

ウベア島からボートで向かった無人島「Gee Island」。ここでは地元で獲れた魚のバーベキューなど、ローカルテイストあふれるランチをいただけます。今回は特別に用意してくれた「ブーニャ」という先住民族メラネシアンの伝統料理ランチを堪能。

タロイモに野菜や魚を入れてバナナの葉で包み蒸し焼きに。素材の味を楽しむ優しいお味なので、ミニ醤油を持参していて大正解でした(笑)。

ランチの後は、海で昼寝をしたりメディテーションをしたり。気ままな時間を過ごすこともできて最高でした。なんとこのボートチャーターとランチ込の無人島ツアーが1万円を切ることにびっくり。

11時にウベア空港に到着し、クルマで向かい、12時頃には無人島到着。夕方の便まで楽しめるので日帰りでも◎。

■世界遺産の美しいラグーンを見ながらランチピクニック

滞在したブーライユにあるホテル「シェラトン ニューカレドニア デヴァ スパ&ゴルフ リゾート」。ここのサービスであるランチピクニックを楽しみました。

ホテルの裏側にある丘の上へ。ハイキングもできるし乗馬体験も可能。ホテルが用意してくれたリュックの中には、美味しいフランスパン、サラダ、チーズやオリーブ、赤ワインまでついてきます。頂上で美しい海を見ながらいただ昼食は至福でした。

今回滞在したホテル。

「Sheraton New Caledonia Deva Spa & Golf Resort 」
住所:Lot 33 Domaine de Dva, Route de Po B.P. 50. Bourail, 98870 New Caledonia
アクセス :トントゥータ国際空港から車で約1時間半

充実したスパ、レストラン、プール、ゴルフ場など、ホテルの敷地内だけでも充分に楽しめる場所です。世界遺産のラグーンで珊瑚と魚と一緒に泳ぐシュノーケリングもできて、ウミガメに会えるグラスボトムボートのオプションサービスもおすすめ。

海と山、両方の素晴らしさを感じられるニューカレドニアへ、機会があれば訪れてみてくださいね。

Share

平野 宏枝

平野宏枝 プロフィール HIROE STYLE LAB代表取締役 ビューティプロデューサー、フェイシャルセラピスト。 10万人以上の女性に美容アドバイスをしてきた経験を生かし、独自視点で人生と心を豊かにするコンテン...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article