1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 今がんばったことは、いつか必ず私たちの武器になる。だから私は努力をやめない

今がんばったことは、いつか必ず私たちの武器になる。だから私は努力をやめない

Share

「がんばることの意味が、昔はわからなかった」と振り返る愛沢えみりさん。今ではエミリアウィズの社長業を本業に、朝から晩まで働くハードな日々を送っています。自称・自堕落だったえみりさんが変われたのは、キャバ嬢時代に小さな目標を設定して、成功体験を少しずつ積み重ねたことで、がんばることの意味を知ったことにありました。

今がんばったことは、いつか必ず私たちの武器になる。だから私は努力をやめない

学生時代にきちんと勉強することなく大人になった私は、なんとなく高校を卒業した後「特にやることがないから」という理由でキャバ嬢を職業にすることを選びました。

それも毎日出勤するわけではなく、出勤したいときに出勤するという「適当キャバ嬢」。キャバ嬢としてダメな働き方を選んだ私が驚くことに、今では毎日朝から晩まで働いているのは、キャバクラという仕事を通じて努力することの大切さを学んだから。

いわゆるギャルだった学生時代を終えて、高校卒業と同時にバッグひとつで実家を出て、すぐにキャバクラのバイトを始めた私。大人になることなんて想像できていない当時、人生計画はまったくありませんでした。

大人になってからの方が人生が長くて、「自分の人生は自分で作っていかない」といけないと気づいたのは、実は最近のことです。学生時代に親や先生にあれだけ言われていた「がんばる」ということが、いつの間にか自然とできるようになっていました。

「がんばること」が、何も考えていない私を救ってくれた唯一の武器であり、その武器をくれたのは何も考えずに始めたキャバ嬢という仕事だったんです。

■ささやかでもいいから目標を持つ

私の最初のがんばりは、毎日キャバクラに出勤することでした。20歳、付き合っていた彼氏と別れて、自分ひとりで生きていくと決めた私は、とりあえずキャバクラの仕事をがんばろうと思い、移籍した歌舞伎町のお店に毎日出勤しようと決めました。

しかし、キャバクラは基本的に女の子に優しく、怒られることなんてほとんどありません。「行きたくない、だるい、疲れる」という理由でお店を休むことが許される謎な業界。

毎日出勤前に葛藤はするけど、一度決めたことだからと自分に言い聞かせ、なんとか出勤すると担当のマネージャーが褒めてくれます。出勤するだけで褒められる。

すごく低いところから始まった私のキャバ嬢人生でしたが、そのおかげで成果が少しずつ出てきました。すると、出勤するのが面白くなり、数カ月後にはナンバーワンになることができました。

初めてのナンバーワン、今までの人生で特に誇れるものもなかった私が初めて評価された瞬間。大げさかもしれませんが、毎日数時間しか働くことができなかった私にとっては大きな成長です。

こうして成功体験ができたことで、自分の意思でもっとがんばりたいと思うようになりました。

■小さな成功体験を積み重ねる

最初はそんな感じのスタートでしたが、毎日出勤できたこと、初めてナンバーワンになったこと、当時一番だったお店への移籍、そのお店でナンバーワンになった。

そんな成功体験を積み重ねるなかで、がんばること、努力することの意味を知りました。そこから雑誌『小悪魔ageha』にスカウトされて、歌舞伎町ナンバーワン、日本一のキャバ嬢と呼ばれるようになったのは、もう5年以上も前のことです。

今は社長業が本業ですが、あの頃の私のがんばりは、今の仕事にも活きています。毎日出勤するのは当たり前だし、朝から夜まで働くのも普通。

1回くらい断られてもへこたれない精神や、一緒に仕事をしたい人に対してのアプローチ力、しつこいくらいの営業力もキャバクラ時代に培ったものです。

キャバ嬢をがんばったから、モデルとして取り上げてもらい、モデルをがんばったからこそ、商品プロデュースの仕事を経て、今の社長業ができるようになりました。

■点と点はいつかつながる

あのとき、キャバ嬢をがんばったから今の私があります。当時はいつ何の役に立つかわからないまま、がんばっていたと思います。

でも、振り返ったときに、あのときのがんばりが今に活きているな、と感じる。がんばってきたことが、私の一番の武器になりました。

スティーブ・ジョブスさんの有名なスピーチに「点と点をつなげる」というものがあります。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。

キャバ嬢時代に覚えたことが昼間の仕事にも活きてくるなんて、あの頃は想像もしてなかったし、わからなかった。

仮に努力したことがすぐに役に立たなかったとしても、努力した経験は「自分でもここまでできる」という自信につながるし、後の人生できっと自分を助けてくれるでしょう。

今では座右の銘を聞かれると「努力は裏切らない」と答える私。これからも「いつの間にか、点と点がつながっていた」と言えるようにしたいと思います。

Share

愛沢えみり

株式会社voyage代表取締役 1988年生まれ。アパレルブランド社長、タレント活動のほか歌舞伎町で現役キャバ嬢もしています。著書『キャバ嬢社長 歌舞伎町No1嬢王 愛沢えみりとしての生き方』『昼職未経験のキャバ嬢が月商2億...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article