1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. イライラにはヨーグルトマフィンでカルシウム補給!

イライラにはヨーグルトマフィンでカルシウム補給!

Share

フードコーディネーター波毛英里紗さんの週末食べたいストレスフリーおやつ④イライラにはヨーグルトマフィンでカルシウム補給! 江戸時代、八つ時(午後2時~午後4時)に体力維持のために間食を食…

イライラにはヨーグルトマフィンでカルシウム補給!

アンチストレス部フードコーディネーター
波毛英里紗さんの週末食べたいストレスフリーおやつ
④イライラにはヨーグルトマフィンでカルシウム補給!

 

江戸時代、八つ時(午後2時~午後4時)に体力維持のために間食を食べていたことから由来する「おやつ」は、今も昔も、疲れを癒す、気分をリフレッシュする、まさにアンチストレスに過ごすための有効手段。一週間、がんばって働いてきた自分に、甘~いご褒美として、あるいは、また次の週へ向けてやる気を出すための、週末のパワーチャージとして作ってみてはいかがでしょうか? せっかくだから、美味しいだけじゃなく、キレイにもなれる素敵な「おやつ」レシピをフードコーディネーターとして活躍するアンチストレス部の波毛英里紗さんに教えてもらいました。
 

職場の人間関係に、ほとほと疲れて迎えた週末、
ゆっくり起きた朝のブランチは”おめざマフィン”でリフレッシュ!


なかなかお布団から離れられない、冬の休日。日頃溜め込んだイライラもmaxでは? そんな日のブランチは、混ぜて焼くだけの簡単マフィンを。ふわふわしっとり、甘さと脂質は控えめのヘルシーマフィンで、パワーを充電!


カルシウム不足はイライラのもと、とよく言われるのは、カルシウムが足りないと脳の神経細胞の働きがにぶるから。そこで、カルシウムいっぱいの乳製品をたっぷりと。セロトニンを生みだすトリプトファンもたっぷりです。バナナとラズベリーでエネルギーとビタミンを加えれば、寒い冬もイライラ知らず。週末を、ストレスフリーにアクティブにすごしましょう。(波毛英里紗)

 


イライラ知らずのヨーグルトマフィン
材料(マフィン型約6個分)
無塩バター 90g
きび砂糖 75g
塩 ひとつまみ
卵 1個
プレーンヨーグルト 70g
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
バナナ、冷凍ラズベリー 適宜 多めがおすすめ

<作り方>
①バターは室温またはレンジで柔らかくしておく(レンジの場合、溶かさず、
指で触ったら沈むくらいの柔らかさに)。薄力粉、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
②オーブンは180℃に温めておく。バナナは、厚めのスライスにカット。型にマフィンカップを敷いておく。
③ボウルに柔らかくしたバターを入れ、ホイッパーで混ぜる。次に、きび砂糖、塩ひとつまみを加えて混ぜる。
④溶いた卵を少しずつ加え、混ぜる。プレーンヨーグルトも、少しずつ加え、よく混ぜる。
⑤ふるっておいた粉類(薄力粉+ベーキングパウダー)をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと
全体が均一になるまで混ぜる。
⑥バナナ、冷凍ラズベリーを加えたら、生地をスプーンなどで型に八分目まで入れ、温めておいたオーブンに入れ180℃で約25分焼く。


[週末食べたいストレスフリーおやつ 連載記事一覧]
vol.1 胃腸にも心にもやさしいヨーグルトフロマージュ
vol.2 チーズ×フルーツで肌も心も元気に!
vol.3 かぼちゃのお汁粉で和の安らぎを……

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連記事

Latest Article