1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 華やかなイメージの裏にある闇。駐妻生活の実態と自分を守る方法

華やかなイメージの裏にある闇。駐妻生活の実態と自分を守る方法

Share

タイで暮らしていた日本人女性が、ふたりの幼い子どもを残して転落死したと報じられました。企業が莫大なコストをかけて海外赴任、駐在帯同させる意義とは何でしょうか。他にやり方はないのでしょうか。現地でストレスに飲み込まれない、自衛の方法はないのでしょうか。

華やかなイメージの裏にある闇。駐妻生活の実態と自分を守る方法

きらびやかに見える海外駐在とその帯同生活。実際にキラキラした毎日を過ごす方もいますが、表に出てこない悩みや苦労を抱えている方がいるのはご存知でしょうか。

先日、タイで暮らしていた日本人女性が、ふたりの幼い子どもを残して転落死したと報じられました。恐らく駐妻ではないかと見られています。もしそれが事実であるならば、「海外赴任、駐在帯同」に関わる根深い問題が浮き彫りになったともいえます。

5年に渡る海外生活の中で、会社員として、妻として、母として、いろいろな立場の方と仕事したり、お付き合いしたりしてきました。

そのなかで悲しいことに、海外駐在員の自殺やその家族の自殺、駐在員本人が心を病んで帰任するケース、または帯同家族が心を病んでしまい、子どもと帰国するケースがあると知りました。

駐在員と帯同家族の場合、会社都合で仕方なく海外に出た人や、希望と違う国に配属されてしまった人が少なくありません。特に東南アジア新興国は、華やかに見える北米やヨーロッパと比べると、ネガティブなイメージを持たれるのも事実です。

そんな環境で働く駐在員やその家族の悩みについて、会社側が積極的にサポートまたは解決しようとするでもなく、「自己責任」扱い、つまり放置しているとしか思えないケースもありました。

あまり表に出てこない駐在員本人と帯同家族の悩みを「ある家族の話」としてご紹介します。あえて、思いつく限りを箇条書きします。

莫大な費用をかけて社員とその家族を海外に送る価値が本当にあるのか、違うやり方はないのか、海外拠点を持つ企業側には再考してもらいたいものです。

■「ある家族」と生活環境

・日本企業の海外拠点で、駐在員として東南アジア新興国で働く夫
・仕事を辞めて夫に帯同してきた妻
・7歳の長男と3歳の次男
・帯同して2年目に妻が第3子を妊娠、出産
・家は、都心部にあるプールとフィットネスジム付きの高級コンドミニアム。3LDKで家具は備え付き。家賃は会社負担
・会社から社用車とドライバーの支給あり。子どもの学費の一部補助あり。日本からの引っ越し代、一時帰国用のフライトチケット(年2回分、家族全員分)は会社負担

■駐在夫の悩み

・勤務地が家から遠く、渋滞もするので、毎朝6時に家を出ている。片道2時間

・お客さんとの商談、日本からの出張者の対応で接待が多い。そうじゃない日はもちろん残業。家族を理由に早く帰るのはなんだか気が引ける。帰りは午前様

・週末はゴルフや頭数合わせでソフトボールに誘われることが多い。毎回が接待ではなく、表立って強制ではないけど、同僚の多くが参加する中で自分だけが家族を理由に参加を断ると、今後の評価に響くのではないかと心配で参加せざるを得ない

・日本の本社からはいつも高い目標を設定される。ローカルの社員とは意志の疎通がうまくいかず、1年経った今でも思うように仕事が進まない。2018年上半期の目標はこの調子だともちろん達成できない。このまま未達成が続くと、本帰国後の配属部署が不安。出世コースはとうに諦めた

・平日はこんな感じだし、土曜もなにかと忙しいので、せめて日曜日は何もせずに家でゆっくりしたい

・妻が英語を話せないため、上の子の学校からの連絡が私に入る。仕方ないのはわかるが、仕事中に対応するこっちの身にもなってほしい

・妻が第3子を妊娠した。嬉しいことだが、これまでと違ってつわりがひどく、苦しんでいる妻のために何をしてあげられるかわからない

・妻の出産予定日の1週間前に出張が入りそうだ。上司に相談したところ「予定日前なら大丈夫でしょ。心配なら日本の両親を呼べば」と取り合ってもらえない

・実の母も妻の母も産前産後は来れないから、せめて妻のためにお手伝いさんを雇おうかと同僚にあれこれ聞いてみたら、「わざわざ帯同で来て会社からあれこれサポートしてもらってるのに、奥さんはまだ贅沢するつもりなのか」と言われてしまった

・第三子が無事産まれた。上のふたりよりも手がかかるようで、妻は日に日にやつれている。妻はなかなか出ないのに母乳でなんとかしたがっている。泣いている子どもを見て可哀想に思い、「粉ミルクをあげたら」と言ったらキレられた。じゃぁどうしろというのだ

・妻が食事を作ってくれなくなった。家は散らかる一方。上ふたりの面倒も見なければならない。なんとかししたいが自分も仕事もあるし疲れているし、どうすればいいのかわからない

■駐在妻の悩み

・夫の海外赴任が決まった。散々悩んだが、夫のサポートなしで子どもふたりを抱えて、仕事と家庭を両立するのは大変だし、子どものためにも仕事を辞めて夫についていくことにした

・引き継ぎをきっちり終えてから退職したかったので、夫には先に引越してもらった。後で気づいたが長男の学校関連の手続き、次男の保育園関係の手続き、引越しの荷造り、長男の引越し先での学校探しなどをすべて自分ひとりでやるしかなかった。長男の新しい学校は、「せっかくの海外なんだから」とオススメされてインターナショナルスクールに通わせることにした。あとで悩むことになるとも知らずに

・家は高級コンドミニアムと聞いていたが、いざ住み始めたらエアコンは調子悪いし、シャワーの出は悪いし、お湯はぬるいし、虫も出るし、どこが高級なんだろう

・夫は朝が早く、帰りは遅い。週末になったら、土曜日はだいたいゴルフかソフトボール。日曜日は家で寝ている。ほとんど会話がない

・こんな調子なので、駐在帯同で来て以来、夫の会社にいいイメージを持てない。なのに夫の会社の駐妻コミュニティにはいちいち顔を出す必要がある。初めて会う人ばかりで、顔と名前を覚えるだけでも大変なのに、わざわざ年功序列を気にする必要もあって面倒くさい

・泣く泣く退職した会社の同僚が楽しそうに働いている様子がSNSを通して見えて、とても羨ましく思う。ついこないだまで私もそこにいたと思うと泣ける。産休と育休、時短勤務もさせてもらえてすごくいい会社だった。本帰国したときにまた働かせてもらえるのだろうか。もうアラフォーだし、たぶん無理だと思う。失ったものの大きさを思い知った

・英語も現地語も得意じゃないから、買い物に行くだけでストレス。野菜のラインナップが日本と違うし、あまり美味しそうじゃないし、何を買えばいいのかよくわからない

・夫の会社から、治安を理由に公共交通手段を使うなと言われていて、どこに行くにも社用車じゃないとダメで面倒くさい

・長男の学校からの連絡がすべて英語。宿題ももちろん英語で助けてあげられない。長男本人も英語で苦労しているみたいで、可哀想になってきた。でもせっかくの海外なんだし、がんばってほしい。他の駐妻から「会社のランクの割に無理してインターに通わせている」と陰口を叩かれて悔しいから見返したい

・「社用車のランクが低い」と他の駐妻に笑われた。車なんてどれも同じでしょ?

・海外生活2年目に入って妊娠した。これまでと違ってつわりがひどいのに、頼れる人がまわりにいなくて辛い。海外で出産するなんて不安で仕方がないし、日本で産みたかったけど、子どもがまた転校するのも気の毒だし、我慢することにした

・夫から、産後大変だろうからお手伝いさんを雇ったらと言われるが、言葉が通じない外国人と四六時中一緒にいなきゃいけないのは余計に疲れるし嫌だ

・出産予定日の1週間前に、夫に出張が入りそうだ。もし陣痛が早く来てしまったら、7歳児と3歳児を抱えてどうすればいいんだろう。とても不安

・第三子を無事出産した。2〜3時間、たまに1〜2時間置きにやってくる授乳。上の2人のときと違って今回は母乳がなかなか出ない。母乳でがんばりたいのに。母乳外来はあるのかな。あったとしても、平日にひとりで子ども3人連れていくのは絶対に無理。夫は「粉ミルクでも」と言うがそういう問題じゃない

・上の子の面倒が見られない。お風呂に入れるだけでも一苦労。せめて夫が夜8時くらいに帰ってきてくれれば助かるのに。最近は下の子の世話をしていたらあっという間に夜になっちゃうから、上のふたりの夜ご飯すらまともに作れなくて、ファストフードやデリバリーで注文できるものばかり。食育の観点でも、もう少しちゃんとしてあげたいのに全然できない

・家の掃除をする余裕がない。家がどんどん汚くなっていく

・平日の夫はもはや空気。3人の子どもを海外でひとりで育てているような気分。孤独

・だけど週末に家で寝ている夫は目障り。何もしないなら消えてほしい

・そもそも夫は、平日に本当に残業しているの? 接待のフリして夜の店で遊んでいたらどうしよう

・日本の友だちに相談したら、「優雅な駐妻ライフなんだからそれくらいどうってことないじゃん。私なんて日本でワンオペだったよ」と言われた

・誰かに相談したくても夫にバレたら面倒だし、夫の会社のコミュニティにバレると夫の評価に関わる気もしてもっと面倒くさい。迂闊に相談できない

■自分ごととして何ができるのか

冒頭、「海外拠点を持つ企業側には再考してもらいたい」と書きましたが、実際に彼らは駐在問題を再考してくれるのでしょうか。

海外に拠点を持つような大企業が、これまで何年、または何十年もやっていたスタイルをすぐに変えられるとは思えません。

自分ごととして考えたら、自衛するしかありません。

今後、海外駐在やその帯同家族として日本を出ることになったら、自己防衛として「無料相談窓口」の存在を知っておいてください。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 こころの耳

社会福祉法人 日本保育協会

公益社団法人 日本助産師会

■第三者として何ができるのか

しかしながら、悩んでいる張本人が上でご紹介したような機関にアプローチできるとも限りません。

同僚や部下が元気そうか、眠れているか、食事を取れているか、気にかけてあげてください。ひとりで小さな赤ちゃんを連れているお母さんを見かけたら、面識がなくても声をかけてあげてください。

私は産休中に1カ月だけ「昼間ワンオペ」を経験しました。

たった1カ月でしたが、産まれたばかりの子どもを育てるのが大変で、ノイローゼ気味でした。そんなときに、ツイッターを通じてグイグイ話しかけてくれる女性がいて、ある日手作りのご飯を作って遊びに来てくれたんです。

私は泣きながら彼女に話を聞いてもらい、泣きながらご飯を食べました。心底救われました。

海外生活、助け合って生きていこうと心に誓いました。

画像/Shutterstock

Share

suni

海外で働いています。1979年生まれ、千葉県出身。自称バリキャリからの33歳で無職→語学留学→34歳でフィリピン就職→35歳でインドネシアで働く日本人と交際開始→36歳で結婚し夫がインドネシアからフィリピンに移住→37歳で夫...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article