1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. アルコール・カフェイン断ちして気づいた嬉しい「肌変化」

アルコール・カフェイン断ちして気づいた嬉しい「肌変化」

Share

アルコールとカフェインは嗜好品。やめたい、減らしたいけれど、なかなか難しい……という方もいるのでは。連載【エルメス、今夜も好きにします】#9では、アルコールとカフェインを断ったエルメスさんが、それにより得られた変化や個人的な感想をご紹介します。

アルコール・カフェイン断ちして気づいた嬉しい「肌変化」

■アルコールとカフェインを断つことに

自慢ではありませんが、20歳そこそこでライター兼エディターを始めてからアルコール、タバコ、カフェインとは親友に近い関係を長いこと保っていました。

職場にもそれらと「仲良し」な先輩たちばかりで、自然とそうなってしまったこともあります。

ただ、常識的に考えて、この3つは健康にも美容にも良くありません。

しかし、激務だったことや環境のせいにして、それらを長く続けていました。がんばってやめなくても、美に響いてこない「若さ」があったから、というのもやめない理由だったと思います。

そこで今回は、アルコールとカフェインもやめるという大きな決断をし、得られた健康、美容の効果をご紹介します。

■友人の肌に驚いた

まず、タバコはお付き合いで吸っていることが多かったので、やめるのはまったく苦になりませんでした。25歳になった頃、自然とやめられました。

私の友人たちの中で美意識が極端に高い子以外は、タバコを吸っている、お酒が好きな友人がとても多く、私も合わせて付き合うことも少なくありませんでした。

20代後半に差し掛かり、彼女たちと会う機会もほぼなくなっていたとき、久しぶりに数人と会う機会がありました。そこで驚いたのは彼女たちの変化です。

みんなとても若々しく、肌も美しかったのですが、3〜4年ほどでシワやくすみ、シミが増えて、私と同じ歳のはずなのに何歳も年上に見えました。化粧では到底隠せないくらいの深い目元のシワと大きなシミに悩まされていました。

長らくアルコールとタバコをたっぷり摂取する生活を続けていたために、肌も健康も蝕まれていったようでした。

まずシワや、シミなどは予防するほうが圧倒的にコストもエネルギーもかかりません。

彼女たちは不摂生な生活を続けていたために、莫大な金額とエネルギーをかけて肌の時間を取り戻さないといけなくなるのです。

毎日お酒を飲んでいる知人や、毎日何杯もカフェイン(コーヒーなど)を取り、タバコを吸っている人を見ると、のちに体を壊して手術をしていたり、急に老け込んでしまったりなど美容面ではなく体調面にも影響が出ているのを感じます。

アルコールが好きでやめられないために、極端な食事制限をしたり毎月何十万も美容代をかけている知人からも、予防することがいかに大事かを学びました。

私の美容の手本である母は、シミひとつなく色白で、シワもありません。60過ぎても40代に見えるほどの美肌の彼女は、お酒も体質に合わず若い頃から飲みません。

タバコもせず、コーヒーも胃が痛くなると飲まない。年々若々しくなる母が私のお手本であり、説得材料でもあったのです。

そこで、健康と美容のために、アルコールとカフェインを極力断つという決断をしました。

■やめて良かったことはたくさん

まず、好きで毎日飲んでいたカフェラテを月に1〜2回に。友人とのお茶や打ち合わせもハーブティー、炭酸水などを選び、ご褒美としてたまにラテもしくはミルクティーを飲むようにしました。

週4回ほど外食し、飲酒していたのを、週1回の外食に変え、またお酒は月に2回、1回の食事で1〜2杯までと決めました。飲まないで済むときは1カ月にコーヒー・お酒共に1滴も飲まない月も。

極端にライフスタイルを変えるとストレスが溜まりやすくなるので、無理のない範囲の限界で設定しました。

まず3カ月経って感じたのは、とても痩せやすい体質になったこと。自ずと外食が減ったこともありますが、お酒は食欲を増長したり、脂肪を溜め込みやすい体にしてしまいます。肝臓や内臓の負担も減り、胃腸の調子も良くなったように思います。

肌の面では、夜でもくすまない、肌色が明るいことなど、日常的なトラブルが少なくなりました。またキメが細かくなり、3カ月前に測った肌の水分量、キメ、油分のバランスが、はるかによくなり、肌の測定値を測ったところ理想数値になりました(それまでは水分量も油分も少なく超乾燥肌と測定されていました)。

シミ対策コスメの効果も早く出るようになった気がします。
カフェインの利尿作用は、体内にあるビタミン類を排出しやすくしてしまうと聞いたことがあります。

また、もともと胃痛持ち、胃もたれしやすかったのが、カフェインやアルコールをやめてことで大幅に改善され、体調や肌にも影響を及ぼしたのだと思います。

■60代でも美しく健康な人でいたい

長い目で見ると、20〜30代なんて一瞬です。人生の半分は若く美しい、もう半分は老いに勝てない、なんて人生楽しめないじゃないですか。

80歳になっても歳相応の美しさを保っていたいから、今できることをするというのが私の信条です。

毎日カフェインやアルコールを飲んでも若いうちはなんとかなると思いますが、一定の年齢を超えるとごまかしがきかないということを知った上で、今打てる予防策を講じてみました。

おそらく、アルコールとカフェインは減らしたままで、このまま暮らせそうです。

カフェインもアルコールも依存度が高いものなので、一旦減らすと日常的にあまり必要としなくなりました。

両者とも、嗜好品なので、やめろ! と強制はしません。しかし、減らすのに越したことはないので、ストレスが大きくかからないのであれば、日常的に減らしてみることをオススメします。

すぐに大きな効果は出なくても、2〜3年後に変わっていることを信じて、私も続けてみるつもりです。

※本コラムの内容は個人の感想で、感じ方には個人差があります。

Share

エルメス

ホラー映画、おしゃれとハイブランド、漫画とコスメリップをこよなく愛するハーフの30代。長年ファッション誌で勤務。現在は起業家。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article