1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. 宮崎のおすすめイタリアン! “濃い”食材をたっぷり使った「ジーリ」へGO【宮崎ごはん#5】

宮崎のおすすめイタリアン! “濃い”食材をたっぷり使った「ジーリ」へGO【宮崎ごはん#5】

Share

美味しいもの揃いの街、宮崎市。中心街に位置する西橘通り、通称・ニシタチ周辺の、グルメ通たちに愛される店を5つご紹介します。第5回目は厳選した宮崎県産の食材を使うことで知られる、宮崎市内の有名イタリアン「オステリア ジーリ(OSTERIA GIGLI)」。「たけのことわかめとブリのタリアテッレ」をいただきました。

宮崎のおすすめイタリアン! “濃い”食材をたっぷり使った「ジーリ」へGO【宮崎ごはん#5】

グルメな人々からアツい注目を集める街、宮崎市。温暖な気候が作り出す色の濃い野菜に、豊かな自然のなかで育てられる牛や鶏、美しい海で採れる魚介など、素晴らしい素材が揃ってます。素材を活かした美味しいものをいただけるのが宮崎市の魅力のひとつです。

そんな宮崎市で先日、堀江貴文さんと名店10軒をハシゴするイベントが開催されました。宮崎市の中心街に位置する西橘通りのほか、中央通りや西銀座通りなどを中心に、1000軒を超える店が連なる通称・ニシタチの、グルメ通御用達のディープな店をめぐりました。

今回堀江さんが回った10軒のうち、『DRESS』目線で5軒をセレクト。イベント中に堀江さんが食したメニュー1品のほか、お店がおすすめする1品をご紹介します。宮崎市を訪れる際の店選びの参考にしてください。

■素材を大切にするイタリアン「ジーリ」

「オステリア ジーリ(OSTERIA GIGLI)」は、宮崎市内の有名なイタリア料理店。東京や京都にあるイタリアン「イル ギオットーネ」で修行した、若きオーナーシェフ外山慎さんが腕をふるいます。

こだわりは厳選した宮崎県産の食材を使うこと。無農薬有機栽培の野菜を作ったり、狩猟にいったりと、自ら足を動かして“素材”にふれ、素材を五感で感じようとするのが外山さんのスタイルです。

宮崎生まれの良質な素材を活かし、素晴らしい料理を作り出すために、素材と日々真剣に向き合っています。

■季節の食材を贅沢に使ったパスタ

この日いただいたのは、「たけのことわかめとブリのタリアテッレ」(1800円・税別)。「地のものを使い、季節感を出すのを大切にしています」と外山さん。

ぷりぷりとした肉厚なわかめの食感が楽しいです。からすみや山椒など、エッジの効いた食材同士がぶつからず、うっとりするコラボレーションを生み出しています。こしのある平打ちパスタと素材そのものの濃い味がよく合います。

他にもトマトを使ったパスタが多いジーリ。定番メニューの「シンプルトマトソーススパゲティー ナポリ人好み」(1600円・税別)もおすすめです。

■日替わりのドルチェは芸術作品のよう

ジーリはドルチェメニューにも定評があります。日替わりで楽しめるドルチェ、この日は「ティラミス」(780円・税別)でした。

なんとも美しく、繊細なビジュアルのティラミス。植物を目の前にしているかのようです。

周りの土っぽいものはガトーショコラ。上のつるんとしたゼリー状のものはコーヒーをベースに作られています。

すっとスプーンを通すと、いちごとマスカルポーネチーズのムースの内側にはスポンジケーキが……! 見るだけでも、匂うだけでも幸福感が漂います。贅沢すぎるドルチェでした。

店に入ってすぐのところの壁は、コルク栓でびっしりと覆い尽くされています。2011年のオープン当時から店で飲まれたワインたちが、店が歩んできた歴史を伝えてくれているようです。

ふるさと・宮崎を愛し、そこで生まれる素材を深く知ろうと努め、人々を感動させる料理を作り続ける外山さん。ジーリの進化は止まりません。

■オステリア ジーリ

宮崎県宮崎市中央通3-22
TEL 0985-55-0780
https://www.facebook.com/osteria.gigli/

Text・Photo/池田園子

取材協力/宮崎市
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article