1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. H&Mのプリーツスカートは旬のグリーンを。オフィスでもなじむハリ感です

H&Mのプリーツスカートは旬のグリーンを。オフィスでもなじむハリ感です

Share

今春のトレンドカラーのひとつはグリーン。でもビジネススタイルに春色を取り入れるのは難しい……? そうお悩みなら、ハリ感のあるプリーツスカートを選ぶと簡単です。きちんと感を出しながらも、旬なコーデに仕上がります。H&Mで4990円で手に入るプリーツスカートを使ったコーデを2パターン紹介します。

H&Mのプリーツスカートは旬のグリーンを。オフィスでもなじむハリ感です

3月に入り、心地よい日差しが届くようになりましたね。街を歩くと、ピンクや黄色、水色などの「春色」を多く見かけるようになりました。

今春は、白やグレーなどのベーシックな色よりも、鮮やかな色合いが旬です。

ビジネススタイルに鮮やかな色を取り入れるときは、品良く仕上げるよう注意しないと、場に馴染まないコーディネートになってしまいます。ベーシックカラーよりも難易度が高い、と感じて躊躇してしまう方も多いかもしれません。

だからといって、春色にときめいてもビジネススタイルに取り入れず、ベーシックカラーだけでまとめてしまうと、すこしつまらなくなりませんか?

今回は、いつものビジネススタイルを品良く華やかに仕上げる、春色の旬アイテムを紹介します。

◼︎H&Mのプリーツスカートで品良く華やかに

ネイビージャケットとコーディネート

ビジネススタイルに旬カラーを取り入れるなら、ジャケットが必需品です。ジャケットを羽織るだけで品良くが叶いますし、きちんと感が出せます。

ジャケットのシルエットは「ダブルボタンジャケット」でも「テーラードジャケット」でも「ノーカラージャケット」でもOK。どれでもきちんと感が出せます。

テーラードジャケット、ノーカラージャケット、ダブルボタンジャケットの順に、きちんと感が下がっていきます。

おしゃれ度の順番とは逆でもありますね。旬やトレンドから鑑みると、ダブルボタンジャケットが一番おしゃれ度が高く、テーラードジャケットがおしゃれ度が低くなります。

H&Mで4900円で手に入れたプリーツスカートスカートに、インナーのシャツは前回紹介したGUの2WAYシャツをあわせてコーディネートしました。

ストライプは上半身のシルエットを綺麗に見せてくれますし、無地に比べて洗練されて見えます。さらに、春色のボトムスにもストライプ柄は非常になじみやすいです。

襟付きの綿シャツでない場合は、レーヨン素材などのとろみシャツがおすすめです。とろみ感のあるシャツでコーディネートすると、素材の光沢感で品良くエレガントな雰囲気になります。

GUの2WAYシャツなら、きちんと感とこなれ感、両方手に入る!

https://p-dress.jp/articles/6300

今春のトレンドアイテムのひとつは2WAYトップス。プレーン・アシンメトリー、ふたつのシルエットの2WAYトップスが目立ちます。そのなかでも、おすすめなのがストライプのシャツです。きちんと感もこなれ感も両方手に入るのがストライプの強み。GUで1990円のプチプラで手に入る2WAYストライプシャツのコーデを紹介します。

ショート丈ライダーズジャケットとコーディネート

ZARAのライダースジャケットでコーディネートしました。

プリーツスカートとライダースジャケットの組み合わせは非常に相性が良いです。なぜならプリーツスカートが甘口、ライダースジャケットが辛口なので、甘辛ミックスの配分がちょうど良いからです。

グリーンカラーのみならず、ピンク、イエロー、水色など、春色のスカートとライダースジャケットはどれも好相性です。

ライダースジャケットの中のインナーは、白色でも黒色でもどちらでも良いです。スカートの色を引き立てるのに白なら爽やかになりますし、黒なら大人っぽい雰囲気になります。

◼︎ハリ感のある素材なら、きれいに決まる

プリーツスカートには大きくふたつの素材感があります。

ハリ感のあるプリーツスカートと、とろみ感のある柔らかいプリーツスカートです。どちらもポリエステル100%素材が多いのですが、このふたつの違いは見た目ではっきりわかります。

わたしが選んだのはハリ感のある素材です。なぜならハリ感がある方が、ヒップなどのシルエットを拾うことなく、プリーツスカートの生地のハリ感でスタイルを作ってくれるからです。

逆に、とろみ感のあるプリーツスカートはフワフワっと揺れて、フェミニンな雰囲気になるので、女性らしいシルエットを楽しみたい方には非常におすすめです。

今回ハリ感のあるプリーツスカートを選んだ理由は、もうひとつあります。それは、フェミニン感が抑えめなので、ビジネスシーンにもなじむこと。甘すぎなくてちょうど良いのです。

素材だけで人に与える印象はかなり異なります。大人のビジネスシーンでは、フェミニン要素よりも品の良さや知性を意識し、場に即したコーディネートを心がけることが大事になってきます。

グリーンカラーはベーシックカラーと比べ、チャレンジングな色になると思いますが、いつもと違う雰囲気を作りたいときにはとてもおすすめです。

グリーンカラーは、リラックス・親しみやすい・穏やかなど、人と接する際にも相手に優しい印象を感じてもらうことも可能です。

今春のトレンドカラーは、いつもとちょっと違う自分を楽しむのに取り入れてみてはいかがでしょうか。その際は「プリーツスカートで品良く」を思い出してくださいね。

3月大特集「どうして伝わらないの」

https://p-dress.jp/articles/6315

『DRESS』3月特集は「どうして伝わらないの」。新生活といえば、新しい出会いがセット。でも、新たに人と知り合う場で、うまく振る舞えない、いいように話せない……。そんな風に、少しだけ憂鬱になっている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。新たな環境で過ごし始める人へヒントになる記事をお届けします。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article