1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

Share

公にできない不倫の恋は、独身者同士の恋愛に比べると、どうしても不安定な付き合いになります。特に男性が既婚者の場合は、独身女性の気持ちに関係なく「終わらせようかな」と思う瞬間が訪れるものです。一度心が離れると、再び戻ることは考えにくいのが不倫。実際にどんな瞬間に既婚男性は不倫を止めようと思うのか、ご紹介します。

既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

■独身女性の変化を受け止められなくなるとき

最初は、既婚男性との秘密の関係に興奮し、お互い愛情を持って抱き合っていた。

人に言えない不倫の恋は、罪悪感の分だけ気持ちが盛り上がりやすく、スリルを共有することでふたりの結びつきも強くなります。

もう終わりにしなくちゃ、と思ってもなかなか縁を切れないのは、そこに性欲以外の愛情があるとき。

何とも思わない人間とは何度も抱き合えませんよね。「カラダだけ」と割り切っていても、気づけばセックス以外でも相手とのつながりに愛着を持ってしまうと、別れがたくなるのは男女同じです。

ですが、本気になればなるほど、単純なスリルを味わうだけでは済まなくなるのが不倫です。

相手をもっと独占したい、堂々と付き合いたい、ちゃんと周りに認められる関係になりたい。そんな欲が生まれると、相手が既婚者という事実を呪い、なんとかしたいと思い始めます。

そして、相手の女性に変化があると、既婚男性のほうも「まずいな」と感じ、関係のバランスが崩れ始めます。

既婚男性が「この不倫をもう終わらせようかな」と思うのは、ズバリ相手の独身女性の変化を受け止められなくなって、という場合が多いのが現実です。

家庭で何か問題が起こっても、解決しながら関係も続けたい、一時的に距離を置いてもまた機会を見つけて関係を復活させたいと思うものですが、相手の女性の変化だけは、既婚男性もお手上げです。

それは、関係がバレると失うものが多いから。会社での居場所がなくなったり、妻から離婚を迫られたりと、大きなダメージを負うことがわかっているので、そんなリスクのある相手に対しては「切る」という選択肢が生まれるのです。

実際に、既婚男性はどんな瞬間に不倫を止めようと思うのでしょうか。

1.離婚を迫られたとき

・「不倫相手の女性と別れた原因は、離婚を求められたから。

彼女のことは好きだったけど、妻と別れてまで関係を続ける気はありませんでした。最初からそう言って始めた関係だったのに、やはり人の気持ちはわからないというか……。

『絶対離婚してなんて言わないから』と彼女に泣かれて関係を持ったのが間違いでした。最後まで思い詰めていましたね。

もちろん、悪いのは自分です。責任が持てないのに不倫なんてしたのが馬鹿でした」(36歳/サービス)

・「『いつまでこうしているの?』と彼女に責められて別れました。『私ももういい年齢だし、いい加減結婚を考えたい』と言われて、じゃあ別れるしかないね、と。

彼女のほうは自分を選んでくれないことにショックを受けたみたいでしたが、離婚ってそんな簡単じゃないですよ。子どももいるし、妻に何て言って離婚してもらえば良いのか。

妻とは10年一緒にいるけど、不倫相手の女性とは2年くらい。正直、家庭を捨ててまで彼女を選ぶ気にはなれませんでした」(34歳/営業)


不倫は、そもそも結婚を前提にした付き合いではありません。むしろ、結婚から遠ざかる恋愛です。

最初は割り切って始めた関係だったのに、気がつけば本当に既婚男性を好きになってしまった。そうなると、縛られるのは独身女性のほう。

相手に離婚してもらうという大きなハードルがあって、まずそれを乗り越える必要がありますが、既婚男性にとって、「不倫相手のために離婚する」のはよほど相手の女性を愛しているか、もしくは夫婦関係が破綻していないとできないくらい、大きな決断です。

人の道に外れた恋で妻と子どもを傷つけるなんてことは、男として簡単に決められるものではないのです。

そんな困難に立ち向かうよりは、独身女性と別れようと思うのが、ずるい男心でもあります。

既婚男性に本気になっても、思いをぶつければ終わりを告げられるだけ、という結末は多く見られます。

2.独身女性のメンタルが不安定になって

・「あまり恋愛慣れしていない子がいて、不倫相手ならおとなしいし良いかなと思ったけど、実際は関係が始まると情緒不安定なところが爆発して大変だった。

『私に魅力がないから奥さんと離婚しないんでしょ』っていつも言われるし、こっちも『いつでも独身の男を好きになってもいいんだよ』と言っても『無理』と泣くばかり。

会っても彼女をなだめることに時間を取られてセックスできない日も多くなって、手に負えなくなった。

長期の出張が入ったことにしてフェードアウトを狙ったけど、しばらくは電話やLINEがすごくて大変だった。家を教えなくて良かったなと今でも思う」(30歳/営業)

・「相手の女性にも遠距離恋愛中の彼氏がいて、人肌恋しいときに会ってセックスするような関係でした。

でも、いつからか『彼氏よりあなたのほうがいい』と言い出して。『不倫だし、ダメだよ』と何度言っても彼氏と別れるの一点張りで、そのうち会社の帰りを待ち伏せされるようになりました。

さすがに怖くなり、連絡はすべて拒否して帰宅のルートも変えました。それっきり彼女とは会っていません」(32歳/配送)


周りにバレずに関係を続けていくためには、相手の女性を信頼できることがまず重要な条件になります。

最初は大丈夫と思っても、不倫のように公にできない関係は、心が休まるより悩む時間のほうが多いことも事実。思い詰めてしまうと精神的に不安定になる女性もいるでしょう。

既婚男性が恐れるのは、相手の女性がおかしな行動を取る心配があるときです。家に乗り込まれたりストーカーのように付きまとわれたりすると、不倫がバレるだけでなく女性を追い込んだ人間として自分が責めを負うことになります。

こういう状態になると上手く別れることも難しくなり、最後は後味の悪い終わりになることがほとんどです。

3.相手の女性にほかの男性の影が見えたとき

・「不倫相手の女性に実は二股をかけられていたことを知って別れました。

自分の知らない間に独身の男性と付き合いが始まっていたのも驚いたけど、平気で二股なんてできるのもショックでした。

そう言うと『お互いさまでしょ』と言われ、何も返せず……。

結局、不倫だと相手の女性を縛れないってことですよね」(35歳/公務員)

・「3年付き合っている不倫相手が婚活を始めたと言ってきた。

最初はあてつけかなと思ったけど、結構本気で相手を探していることがわかり、面白くなくなって別れました。

彼氏ができたら捨てられるのは俺のほうでしょ」(31歳/教員)


したたかな女性の中には、不倫しながらまともに付き合える男性も探す、という人もいます。

要は「キープ」のように扱われることが嫌で別れを考えるパターンですが、確かに「お互いさま」ですよね。独身女性を責めることはできません。

もともと男性は独占欲の強い生き物です。不倫であっても相手がほかの男性に気を取られるなんてことは、男としてのプライドが許しません。「捨てられる前にこちらから捨てる」ことで、少しでも立場を守りたいと思う男性もいます。

不倫なら、相手の気持ちが離れても追いかけることは難しいのが現実です。独身の女性ならまともな相手を探そうとするのはむしろまともなことなのですが、その姿を見て関係を終わらせようと思うのは、当然ともいえますね。

■不倫相手に本気になっても、幸せは遠のく

どんなに既婚男性のことが好きでも、自分との関係をまともに扱ってくれないなら、独身女性だって別れを考えるでしょう。

結局、不倫である限りはいつまでも結婚はできず、自分はいわば「日陰の存在」。続けてもメリットは少ないことがほとんどです。

それが嫌だからと既婚男性に愛情をぶつけても、それが重荷と感じれば男性は離れていきます。不倫相手より優先するものが既婚男性にはあり、関係がつまずけばそちらを守ろうと思うからです。

不倫相手に本気になっても、自分が願う幸せには届かないこと、逆に捨てられる可能性が高くなることを、忘れてはいけません。

そんな痛みで苦しむより、不倫のような報われない関係は自ら切り捨てる勇気があれば、次はもっと幸せな恋愛ができることも、覚えておいてくださいね。

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

https://p-dress.jp/articles/5735

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。

不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

https://p-dress.jp/articles/5577

自分は遊びのつもりだったのに、不倫相手のほうが本気になってしまった。勝手に離婚なんかされても困るし、どうしよう……。既婚者がのぼせ上がると暴走しやすく、独身女性のほうは一方的に表舞台に引っ張り出される危険性もあります。そんな事態になったら、何とかして彼から一度距離を取る方法を考えましょう。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article