1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 実録! 元彼が「復縁を諦める」瞬間

実録! 元彼が「復縁を諦める」瞬間

Share

別れた元カノとやり直したくて、近況を探ったり連絡をしてみたり。復縁を願うときの男性は、懸命に距離を縮めようとします。ですが、どれだけがんばっても報われない、また元カノに魅力を感じなくなったとき、よりを戻すことを諦める瞬間が男性にも訪れるもの。どんなときに復縁を諦めたのか、実際の例をお話します。

実録! 元彼が「復縁を諦める」瞬間

■復縁を願うとき、男性は積極的になる

別れた恋人を忘れられないのは、女性だけではありません。男性の中にも「よりを戻したい」と願う人は大勢います。

男性の場合、女性と違うのは「復縁を願うのは女々しい」という気持ちがあること。

別れを受け入れたのなら、潔く諦めることが男らしいと思っているので、まだ元カノを愛している気持ちがあってもなかなかそれを伝えることができません。

また、恥をかくことを恐れるのも男性。誰だって元恋人にまた振られるのは怖いと思いますが、男性は受け入れてもらえない自分は恥ずかしい、男としての価値がないと感じてしまいます。

これも「男らしさ」に縛られるせいです。常に女性の前ではかっこいい自分でありたいと願うので、「100%大丈夫」な状態でないと自分から「やり直そう」なんて言えないのですね。

そんな窮屈な気持ちに苦しむ男性も、一度「元カノと復縁したい」と心に決めたら積極的になります。

男性には「欲しいものは手に入れたい」本能があり、積極的になるのは「よりを戻したい」気持ちより「新しく手に入れる」ことを考えるから。獲物を追いかけるハンターのように、元カノとまた付き合うゴールを目指してがんばろうと思います。

「100%大丈夫」な状態にするために努力する。それが、本気で復縁を願うときの男性です。

一方で、よりを戻すことが難しい、自分の思いが届きそうにないことがわかると、男性はさっと身を引く潔さも持っています。

報われない片想いは時間の無駄であり、好きな女性に受け入れてもらえない自分を認め続けることは、プライドが許しません。それまでがんばっていた分、「もう無理だな」と実感すると自分の愛情にけじめをつけ、離れていきます。

「男らしさ」にこだわる男性ほど、手に入らない女性を追い続ける自分を良しとしません。

では、どんな瞬間に男性は復縁を諦めるのでしょうか。

■元カノがまったく成長していなかった

「付き合ったきっかけは、彼女から告白されて。そのとき恋人がいなかったのでOKしたけど、家庭的でよく尽くしてくれるし、大きな不満はありませんでした。

ただ、ちょっとLINEの返事が遅れたり、夜電話できなかったりすると、すぐ拗ねるところがあって。俺が同僚と仕事帰りに食事に行くと言うと、『女の人なの?』と変な探りを入れられるのも嫌でした。

依存されるのが窮屈で、結局半年ほど付き合って俺のほうから別れてと言いました。

そのときはせいせいしたけど、時間が経つと俺のためにお弁当作ってくれたりとか、体調を心配してくれたりとか、大事にしてくれていたことが思い出されて……。

俺のほうから別れておいて図々しいけど、思い切って元カノに連絡してみると向こうも歓迎してくれて、とりあえず友達から始めることになりました。

が、4カ月離れている間に少しは彼女も変わったかなと思ったけど、実際は付き合っている頃と何も変化はなくて。

相変わらず電話の相手も気にするし、朝のLINEがないだけで泣かれるし、『ぜんぜん成長していないんだな』と思って、やっぱり復縁はやめようと決めました。

4カ月前に別れたときに『もっと精神的に自立してほしかった』と言ったんだけど、伝わっていなかったのが残念です」(33歳/教員)


どんなに好きでも、別れた原因を元カノが乗り越えていなければ、また付き合いたいとは思えません。

この男性の場合は、「よりを戻したとしてもまた別れるだろうなと思った」ことが、最終的に復縁を諦める結果になりました。

復縁するなら、以前より良いお付き合いをしたいと思うのは当然ですよね。

元カノのほうも復縁を望む気持ちはあったようですが、まったく成長していなければ、結局同じことの繰り返しになります。

そんな未来が見えてしまうと、好きであっても諦めようと決めるのが男性です。

そこに気がつけていれば、新しい未来が待っていたかもしれませんね。

■元カノの不安に付き合うのが疲れた

「彼女のことは好きだったけど、俺が不器用なせいで上手く愛情を伝えることができず、いつも不安にさせていました。

気がつけばお互いに『好き』と言うのを避けるようになっていて、連絡もあまり取らなくなり。

フェードアウトはダメだと思って俺のほうから別れ話をしたけど、やっぱり好きなので諦めることができずにいました。

そんなとき、元カノのほうも俺に未練があるらしいと共通の友人から聞いて、皆で集まったときに話しかけるとすごく喜んでくれたのが嬉しくて……。

改めて連絡を取り合うようになって、『素直になりたいね』とふたりで話したんだけど、彼女のほうが『まだ不安だから』と復縁は保留に。

それからは、なるべく電話もマメにして気持ちを言うようにしました。でも、彼女は一向に前向きな言葉を返してくれなくて。

最初は『ありがとう』と言ってくれていたけど、自分の気持ちは口にしないし、先に俺が『好きだよ』と言っても『わかってる』だけ。こっちが不安になってきました。

2カ月ほどそんな状態が続いて疲れてしまい『もういいよ、諦める』と伝えたら『どうして安心させてくれないの?』と逆ギレ。もう無理と思って着信はすべて拒否しました。

今でも後味の悪い思い出です」(36歳/営業)


上手くいかなかった原因を、ふたりで乗り越えようとするのも理想的な復縁ですよね。

このケースは、最初はお互いに同じ気持ちで復縁を目指したけれど、いつの間にか男性側の負担が大きくなっていました。

「安心させてって言われても、これ以上どうすれば良いかわからない」がこの男性の実感です。

復縁のための努力を一方だけに押し付けても、上手くいきません。

せっかくよりを戻すチャンスがあっても、愛情の出し惜しみをしていては相手が疲れてしまいます。

そして、男性が復縁を諦めたあとでその姿勢を責めても、それは女性にとってより敬遠される結果にしかならないのです。

■本気だからこそ、諦めると「次」はない

最初に男性は「100%大丈夫」な状態にするために努力すると書きましたが、よりを戻したいと思う気持ちに嘘はありません。

たとえ元カノがつれない態度であっても、可能性がある限りは追いかけようとします。

それだけ本気だからこそ、復縁を諦めたら「次の機会」を待つことはほとんどないと思いましょう。

愛情を受け止めてもらないことは、誰にとっても大きなダメージになります。特に男性にとっては、「手に入れたいのに拒否される」ことが余計にプライドを傷つけます。

受け入れた別れを乗り越えてよりを戻したいとがんばるのは、相手にその気があるからこそできること。

元カノのほうも自分と同じ気持ちだと思えないと、一方通行な行動では虚しくなってしまいます。

なので、元カレが自分と復縁したがっていると思ったら、その姿勢をまずは真摯に受け止めてあげましょう。

本気であればあるほど、男性は積極的になります。よりを戻す気があるか、そのために一緒に努力する気があるか、そこが男性の一番知りたいところです。

もし、自分も復縁を願うのであれば、決して元カレの愛情を試さないこと。

自分も同じ気持ちだと伝えることで、男性は自信を取り戻します。

そして、気持ちを返せないのであればきちんとお断りすることも、元カレにとって良いけじめになると思いましょう。

いたずらに男性の愛情を引っ張っても、そんな女性に魅力を感じるでしょうか。筋を通すことでより「いい女だったな」と思ってもらえるほうが、ずっと良いですよね。

別れたあとで持ち続ける愛情は繊細なものです。ひどい扱いをして自分の価値を下げるようなことだけは、避けたいですね。

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

https://p-dress.jp/articles/5988

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

https://p-dress.jp/articles/5666

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article