1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

Share

『いとも優雅な意地悪の教本』という書籍をご存知ですか。SNSで見知らぬ誰かから投げかけられる、心ないコメントや意地の悪い反応――SNSを使っている人の中には、そんな負の感情をぶつけられたことがある方もいるのでは? 意地悪するのもやり返すのも、どうせなら優雅にやってみる、というのはいかがでしょうか。

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

■『いとも優雅な意地悪の教本』を読んでみた

下世話なものが好きなので、こんなタイトルの本はつい手に取ってしまいます。『いとも優雅な意地悪の教本』。

皆さんあまり目にすることのない本でしょうし、タイトルも変わっていて面白いから、と思い、インスタで紹介したところ、あれよあれよという間に、私の投稿の中で最も閲覧数の多いものになりました。

■SNSの単純・下品な意地悪が嫌になったから

こんなに反響があったのは、もしかしたらタイトル以上に、「上質な意地悪が足りないから、日本人は下品になった」という帯に、思うところがあった人が多かったからかもしれません。

たしかによくよく考えてみると、最近の意地悪というのは、昔のそれと比べて、より直接的だったり、より悪質だったり、より攻撃的なものが多いような気がします。

それが顕著に現れているのがネットやSNSで、本人を直接目の前にしたら絶対に言わないようなこと、しないようなことも、平然と行われているのが実情。

SNSを使って不特定多数の人に発信をしている人の中には、少なからず嫌な思いをしたことがあって、だからこそ、この本に反応した人もいらっしゃるのかもしれませんね。

本の中では、負の感情の表現のしかたには、「暴力」と「意地悪」のふたつの側面がある、と書かれています。

「バカ」「アホ」のような2文字言葉は、衝撃度が大きく暴力的な表現であり、それを人に言うことは、そのまま憎悪をぶつけること、すなわち暴力。

反対に、言葉の数が多くてセンテンスが長くなると、何を言われているのかわからなくなって、衝撃が伝わる速度が遅くなり、ショックは緩和される、これが意地悪。

そう言われて、ふと思い出したのがTwitter。もしかしたら、Twitterが炎上しやすいのは、文字数制限があることで、暴力的な表現になりやすかったり、ならざるを得ないからなのでは?

また、受け取る側も、短い言葉であるがゆえに真意がくみ取れなくて、暴力的に受け取ってしまうことで、余計に誤解が生まれやすいのかもしれません。

■単純な負の言葉ではなく、別の表現を使ってみる

だから、そうそう簡単に「憎悪」的な負の感情とは縁を切れないけれど、でもそれを「いやだな」と思う人間としては、手軽でぶつけやすく、そのことによって負の感情を増幅しやすい単純な言葉を使うより、その感情を融和して発散しやすい別の表現を使うべきなのです。
(16ページより引用)

自分が意地悪を言う側でも、意地悪を言われてやり返してやろうと思う側でも、直接的な負の感情の表現に辟易している方は、遠まわしな表現方法を考えてみるのはいかがでしょう?

この別の表現というのは、語彙力を鍛えて、笑点の大喜利並みに面白い表現ができるようになったら、それこそ上質な意地悪になるのかもしれません。

ここまで読んで、この本を読みたくなった方がいるかもしれませんが、正直おすすめ致しかねます。

この本、冒頭で、著者が「私が書いたものの中でも最も内容のないものになる可能性は大」と書いているだけあって、かなり読む人を選ぶ内容なので。

全編を通して、まわりくどかったり、なかなか話が進まなかったり、あの手この手で意地悪が繰り広げられているので、本をを読むことに慣れている方でも、嫌になってくるかもしれません(笑)。

ただ、「意地悪」学ともいえる、意地悪について考えるきっかけとなるユニークな本。興味のある方は手にとってみてください。

Share

木村 瞳

美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、鍼灸師の国家資格を取得。 美容鍼灸施術やワークショップ、美容コラム発信などを行う。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article