男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方がわかれば、好きな人を振り向かせることが可能です。ですが、そもそも男心とはなんなのか。一体どのようにすれば男心をつかむことができるのか……。今回は、私が知る超モテ女な友人が、実際使っていた男心のつかみ方を紹介! 彼女の口から語られた「男心をつかむために必要なこと」についてお話します。


■男心をつかむために必要なこととは?

私が知る中でもっともモテた友人は、すでに結婚しています。

彼女は独身時代、本当の良く男性から好意を抱かれていました。大学時代はもちろん、社会人になってからは同僚、先輩、後輩から告白され、しかも上司にとてもかわいがられていました。彼女と遊びに出かけたときのナンパ率も高かったです。一緒に街コンに参加したときは、彼女の後ろに男性の列ができるのを目撃しました。友人は通りがかりの男性から突然告白されたこともあったそうです。

なぜこんなにモテるのか、友人に聞いたことがあります。友人は私の問いに、こう答えました。

「別に男の人が何かしてくれたら、笑って甘えればいいんだよ。そうすれば、男の人はどんどん優しくしてくれるよ」

たしかに、彼女は人の好意は喜んで受けるタイプで、男性におごってもらうのは日常でした。私と一緒に飲みに出かけたとき、「上司に連れてってもらったお店があるんだけど、今から予約取れるか聞いてみるね」と、彼女が電話したことがあります。電話の相手はお店ではなく上司です。

電話が終わると、「上司が今から予約とってくれるって! あ、多分上司のおごりになるから、値段は心配しないで」と言われました。

そして、食事が終わり、彼女がお会計のために店員を呼ぶと、「〇〇様からお会計はいただかないように言われておりますので」と、彼女の言葉通りになったのです。実は、こんな経験が何度かあります。彼女の上司も一緒に3人で食事をしたこともありました。

彼女は女性の私から見ても、華があり、そして甘え上手でした。男性は女性に甘えられるとこんなにも嬉しいのかと驚きました。

■男心のつかみ方12のテクニック

独身時代、彼女とは良く遊びに出かけたものです。そして、彼女が男心をガッチリつかむのを真横で見続けてきました。恋愛に奥手だった私は、友人から恋愛アドバイスをもらうことも度々でした。

そこで、超モテ女性が実際に行っていた男心のつかみ方を紹介します。テクニックは全部で12個です。

1.とにかく笑顔
2.さり気なくほめる
3.同調する
4.上手に質問する
5.親身になって話を聞く
6.笑顔であいづちをうつ
7.「がんばってね」と応援する
8.小さな頼みごとをして感謝する
9.甘え上手になる
10.ときどきジッと見つめる
11.細かくLINEやメールを送る
12.フェミニンなファッションを心がける

友人は、とにかく笑顔いっぱいの女性です。
男性だけではなく、老若男女問わず笑顔で接します。とってもポジティブで、物怖じせず好奇心旺盛。しかも社交的で誰とでもすぐに打ち解ける人間スキルの高さを持っていました。だから、男性からはもちろん、女性からも親しまれていました。

本当にモテる女性は、同性からの評価も高いという話を聞きますが、それは、会話力が高いからではないかと思います。友人と会うと、話題に尽きることはありませんでした。私はどちらかと言えば口下手なタイプで、誰とでも盛り上がれるわけではないのですが、彼女と一緒の時間は、いつも楽しくてあっという間です。


彼女は自分が知らないジャンルの話でも、興味ある風ではなく、興味津々といった様子で聞いてくれます。「もっと聞きたい」という気持ちから、質問を投げかけてきますし、楽しく聞いているので、自然と笑顔であいづちを打ちます。

もちろん、友人は自分自身の話もします。「自分の話ばっかりでごめんね」なんて言いつつも、甘え上手で楽しそうに話してくれるので、聞いている方まで気分が明るくなります。

会話途中、意見が衝突することもありますが、友人は全否定することはありません。「そういうこともあるよね」と同調してくれます。でも、その上で「私はこう思う」と、自分の考えをきちんと言葉にできる人です。これも、彼女がモテる理由のひとつ。

聞く耳を持たずに自分だけの意見を押し通すばかりでは、相手とヘルシーな関係を築くことは難しいでしょう。ですが、相手の意見はきちんと聞いて受け止め、考えた上で自分の意見を述べることができる女性は、男性から一目置かれます。

これらの会話力は、友人がモテるために編み出したテクニックではなく、彼女の個性です。人の気持ちをつかむ会話を無意識にできる女性でした。天性の才能なのではないかと思ってしまうほど……。

けれど、もちろん友人はテクニックも駆使していました。一緒に行動することが多かった私は、彼女にいくつかの男心のつかみ方を教わっています。それが、上記に挙げた12個なのですが、とくに重要なのは7以降の項目です。

「男の人は、心配されるより『がんばってね!』って励まされた方が嬉しいんだよ」

「男性と仲良くなりたいなら、小さな頼みごとをしてごらん。やってくれるから。そうしたら、『ありがとう』って言えばいいんだよ。それで喜んでもらえるから」

「あなたはちょっとしっかりし過ぎだね。もっと甘え上手にならないと損だよ」

「合コンのときにね、気に入った男性がいたら、相手が気付くまでじっと見つめるの。目があったらニッコリ笑えばOK」

「せっかく連絡先交換したら、どんどんメール送らなきゃ! そうしないと、相手は好意に気付いてくれないよ」

「モテる服のコツは、どこかに女性らしさを取り入れること。男の人はフェミニンなのが好きだからね」


奥手な私は、彼女のアドバイスを100%活かせたとは言い難いです。

ファッションに関しては、男性の嗜好に無理矢理あわせる必要などないですし、そもそも相手に気に入られたくて自分を演じてばかりでは気が滅入ってしまいます。それでも、彼女から教わったテクニックは、私の恋愛を助けてくれました。

男心がまったくわからないときよりずっと、相手との関係作りが上手になりました。恋愛はもちろん、仕事の人間関係も上手にこなせるようになったのです。

■恋愛だけじゃない。相手の心を思うこと

男心のつかみ方のコツとは、相手へのサービス精神を惜しまないこと(これは普段の人間関係にも言えることかもしれませんが)と、当たり前の気遣いをすることなのではないかと思います。

「男性に対して」と意識せずに、何をすれば喜んでもらえるかを考えれば、男心のつかみ方がわかってきます。

男性には「女性に頼られたい」「女性を笑顔にしたい」という心理があります。男心のつかみ方のコツは、あなたが男性の前で心からの笑顔を見せること。それさえ押さえれば、男心をつかむことができるかもしれません。


Text/kikita

この記事のライター

DRESS恋愛マガジンでは、結婚から離婚、不倫に浮気、セックスにまつわるエピソードなど、さまざまな恋愛コンテンツを配信していきます。

関連する投稿


「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第4回では、職場でパワハラにならない上手な叱り方について解説してもらいます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 『DRESS』でお届けする1月特集は「トモダチってナニ?」。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男性から人気のある女性は、外見が優れているというわけではありません。女性から見ると平凡だけど、男性が魅了されるようなタイプの女性は存在します。実は、周囲に男性の輪ができる女性には「男心をくすぐるのが上手」という共通点もあるのです。今回は、男心をくすぐるのが上手な女性の魅力についてお話します。


夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第3回ではイラッとしたときの、怒りとの付き合い方をご紹介します。


人望が厚い「ねぎらい上手」さんが最後にねぎらうのは自分

人望が厚い「ねぎらい上手」さんが最後にねぎらうのは自分

「ねぎらい」についてのコラムを2本お届けしてきました。ねぎらい上手な人が最後にねぎらう相手は「自分」です。年末のこの時期だからこそ、1年がんばってきた自分をきちんとねぎらってあげませんか? 今回は、自分で自分をねぎらって、心のごちそうを味わいましょう。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい