1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 浮気する心理は男女で違う! 浮気の心理を徹底分析

浮気する心理は男女で違う! 浮気の心理を徹底分析

Share

「どうして浮気なんてするんだろう」自分が絶対浮気しないタイプだと、浮気する人の心理がまったく理解できないと思います。そこで今回は、浮気の心理を徹底分析! 男性と女性にわけて浮気する心理について解説します。

浮気する心理は男女で違う! 浮気の心理を徹底分析

■男性と女性ではセックスの許容が違う

まず、浮気の心理を解説する前に、セックスについて男性と女性では許容に大きな差があるということについてお話します。

古い調査ですが、心理学者のクラーク・レナード・ハルが1982年に大学生に対して、「キャンパス内で見知らぬ異性に誘われたら、どこまでOKするか」という実験をおこないました。誘いの内容は、デート、家に行く、セックスの3つで、誘う異性は一般的に魅力的と思われるタイプ、声をかけた対象には「以前からずっと気になっていた」と、告白に近い言葉をかけます。

この実験では、男女において大きな差が出ました。デートは男女共に50%がOKしましたが、家に行くことについては、すべての女性が拒否、当然セックスも全ての女性が拒否しています。一方男性は、家に行くことを69%がOKし、そのままセックスも69%がOKという結果が出ました。

この実験は1978年にもおこなわれているのですが、このときの結果も、セックスについては女性が0%、男性が75%と大きな差が出ています。

(参照:http://www2.hawaii.edu/~elaineh/79.pdf

この実験結果から、男性はセックスに対しての許容が女性よりもずっと広いことがわかります。しかし、デートに応じる率は男女差がありません。このふたつの結果から、男性と女性の浮気に対する心理の違いを読み解くことができそうです。

■男性が浮気する心理は本能のなせる業

クラーク氏の実験では、見知らぬ異性からのデートに誘われたとき応じる率よりも、セックスの誘いに応じる率の方が高いという結果がでました。これには「デートだけなら面倒だけど、セックスできるなら付き合っても良い」という男性心理が働いているのではないかと推測されます。

男性は繁栄のため種をまく本能があると言われており、上げ膳据え膳にはつい応じてしまう心理が働くのでしょう。男性の浮気は、「セックスできるならしたい」という本能のなせる業なのです。

また、男性の中には、いかに多くの女性とセックスをしたかを自慢するタイプがいます。女性の場合、「私は100人の男性とセックスした」と豪語するようなタイプは非常に稀で、経験者数の多さを自慢するというのは、男性独特の心理です。

これは、「自分はこれだけ多くの女性に種をまいた」という本能的なところからくる心理です。また、多くの女性と関係を持つことで、「自分は女性にとって価値が高い存在」と、男性は自己顕示欲を満たします。このふたつの心理が、男性が浮気をする大きな理由なのでしょう。

■女性が浮気するふたつの心理

一方、クラーク氏の実験では、女性は半数がデートに応じるものの、初対面の異性から家に誘われてOKする人はゼロ、当然セックスに応じる人もゼロという結果でした。セックスする相手選びは、女性の方が男性よりもずっと厳しく、時間をかけて判断するということなのでしょう。

女性が男性よりセックス相手の許容が狭いのは、妊娠のリスクはもちろん、見知らぬ異性とふたりきりになる危険性が男性よりもずっと高いからですが、それだけではありません。女性は本能的に「良い種を残したい」という意識があり、そのため子を作る行為であるセックスの相手には、高い能力を求めるのです。だから、良く知らない相手と安易にセックスする女性は非常に少ないのです。

また、女性が簡単に男性の誘いに応じると、「尻軽女」「すぐ関係を持てる女」と、女性の価値を下げてしまう可能性があります。これもまた、女性の方がセックス相手の許容が狭い理由です。

それでも、女性が彼氏以外の男性と浮気するのには、男性とはまったく違う女性ならではの心理が働いています。

もっとも多いのは、彼氏への不満や寂しさがあるときの浮気です。彼氏との交際に満たされているときは、他の男性など眼中にありませんが、恋愛がうまくいかないときに他の男性から優しくされると、その優しさにすがって流れで浮気してしまうことがあるのです。

これは、彼氏への当てつけ行為でもあります。そして、彼氏から浮気相手に乗り換える可能性を秘めているケースも多いです。どちらにしろ、誰でも良い感がある男性とは違い、女性は浮気相手を選んでいます。女性にとって、浮気する男性は自分の味方、もしくは将来的に恋愛感情が芽生える可能性のある相手なのです。

女性が浮気する心理はこれだけではありません。もうひとつ、女性ならではの浮気する心理があります。それは、「拒否したら申し訳ない」という心理です。

女性は男性より争いを好まない平和主義が多いですが、恋愛に関しても例外ではないという女性が一定数います。このタイプの女性は、男性からセックスを懇願されると「断るのは申し訳ない」「拒否したら傷つくかも」と考えてしまいます。そして、自分が応じることで丸く収めようとするのです。

浮気することで彼氏を傷つけるので、まったく丸く収まっていないのですが、そこまで考えられないからこそ、懇願されて応じてしまうのです。

もちろん、女性の中にも男性と同じく、肉欲主義でセックスのチャンスがあれば浮気するタイプも存在します。しかし、男性に比べるとその数は少数派です。

■浮気する心理を理解する必要はない

男性と女性では浮気する心理に大きな違いがあります。そのため、お互い浮気するタイプだったとしても、男女間で相手の浮気を理解するのは困難です。自分が浮気しないタイプならば、言葉で説明されても、恋人の浮気の心理など心が受け付けないことでしょう。

『大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連』という論文では、大学生に対して浮気への価値観を問う調査をしています。この論文の結果では、浮気を許せると答えたのは、男性も女性も37%で、許せないと答えた方が多数派です。また、浮気は避けられるかという問いに関して、「避けられる」と回答した割合は、男性66%、女性63%です。多くの人が、「浮気は自分の意思でおこなうものだ」と考えているのです。
(参照:http://ci.nii.ac.jp/naid/110005998584

恋人が浮気をしたとき、許せるか許せないかは人それぞれです。許せない人が許せる人を理解する必要はありませんし、その逆もそうです。大切なのは、あなたがどう感じるかです。「やっぱり浮気する人の心理など理解できない、したくもない」というのであれば、その気持ちを尊重してください。

Share

DRESS恋愛マガジン

DRESS恋愛マガジンでは、結婚から離婚、不倫に浮気、セックスにまつわるエピソードなど、さまざまな恋愛コンテンツを配信していきます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article