チェコにも冬が訪れました。フォークロア祭り「Hody(ホディ)」をレポート

チェコにも冬が訪れました。フォークロア祭り「Hody(ホディ)」をレポート

大人から子どもまで町中の人が参加する、フォークロア祭り「Hody(ホディ)」をレポートしてきました。


こちらチェコは、寒さが増す一方。

11月11日は、キリスト教の聖人Martin(マーティン)の日でした。「聖マーティンが白い馬に乗ってやって来る」と言われています。これは、雪が降る合図なのです。

■チェコの名前の日とは

そもそも、「聖マーティンの日」とは何だろう? と思われるでしょうが、チェコには誕生日とは別に”名前の日”というものが存在します。

チェコのカレンダーには、キリスト教の聖人の名前が書いてあり、基本的にチェコの人たちはそこから子どもの名前を決めます。

例えば、Martinマーティン(マルティン:チェコ語読み)。
これは男の子の名前ですが、5月に生まれた男の子にマーティンという名前を付けると、この子は5月の誕生日と、11月11日の名前の日にもお祝いをしてもらえます。カレンダーに書かれた聖人の名前は不動なので、11月11日に生まれてしまうと、1年に一度しかお祝いしてもらえません。

そういうわけで、我が家の子どもたちにはカレンダーの中にあるキリスト教の聖人の中から命名しました。そのため、1年に二度もパーティーとプレゼントが。1年のほとんどが誰かのお祝いです(笑)。

■Hody(ホディ)とは

「Hody(ホディ)」とは、秋の収穫が無事終わり、冬の訪れを祝うお祭りです。特にこの町の人たちにとっては、一年の中でも待ちに待ったイベントになります。

大人から子どもまで民族衣装を身にまとい、朝から晩まで大騒ぎします。

お祭りの名前は、その町の教会に由来されるので、各地域名称が違います。
この町は「マーティンのお祭り」。そのため、毎年マーティンの日にちなんで11月11日前後の週末で開催されています。開催時期も地域により違います。

お祭りが開催される期間は3日間。金曜日の夜が前夜祭になります。

夜になると、たくさんの人たちが民族衣装を着て、ダンスパーティーへ繰り出します。チェコの人たちはダンスが大好きです。

■色鮮やかな民族衣装

2日目、3日目には民族衣装のパレードがあります。

色鮮やかな民族衣装を着て市役所前まで歩くと、市長さんがお出迎え。

広場で歌やダンスが繰り広げられます。パレードには音楽隊もいるので、常に生演奏。

そして下の写真に写るズボンの色が違う男性。
このふたりは、この年のお祭りのメインキャラクター。

メインキャラクターは、毎年男女2カップル選ばれます。1年を通して町のフォークロア行事のキャンペーンやお手伝いをします。これは、日本のお祭りと似ていますね。

今は立候補もできるようですが、昔はフォークロアグループから推薦のあった人たちに与えられる名誉ある役なのです。今でもよく、町でおじいちゃんやおばあちゃんに会うと、「彼は19○○年のメインキャラクターだったんだよ。」なんて紹介されます。

カップルは、本当のカップルというわけではなく、ダンスのパートナー。なかでは、長い時間を一緒に過ごすので、本当に結婚してしまうカップルもいます。

このままパレードは続き、ペアの女の子の家まで歩きます。女性は家の中で男性が来るのを待ち、男の子が、「扉を開けてください。」という趣旨の歌を歌いだすと、出てきます。一連のお芝居仕立てになっているので、見どころがあります。

その間、歌ったり飲んだり、なかなか次へ進みません。メインキャラクターに選ばれた女性の家では、お酒や焼き菓子が振る舞われ、大騒ぎです。

2カップルいるので、市役所前まで戻るころには相当な時間を要します。外は、すっかり暗くなっています。

この時期は、移動式遊園地もやってくるので、子どもたちには楽しみがたくさん。寒さも忘れて、お祭り騒ぎ。パレードが終わるとダンスパーティーへ向かいます。ダンスホールは、信じられないぐらいの人たちで朝まで賑わっていました。

最終日には、パレードの他に、教会での儀式やガチョウの取り合いという競技があります。ガチョウはお祭りのシンボルで、うんと昔にはお供え物でもあったとか。

男女でダンスをし、音楽が止まると生きたガチョウを男性陣で取り合います。勝者には、ワインがプレゼントされます。

■三日三晩楽しんで

お祭りは、これから迎える長いチェコの冬を前に、三日三晩めいっぱい楽しみます。

それにしても、この町の人たちは本当にお祭りが大好き。
おじいちゃんおばあちゃんから子どもまで、陽気に歌って踊って飲み続けます。みんなエネルギッシュです。伝統文化が根強く残っているのも特徴。

今では私も、3日3晩町のみんなと和気あいあいと過ごしています。きっと、伝統文化に交わらなければ、こんなに町の人たちと仲良くなることもなかったのかもしれないな、と思うほど。

そしていつしか、年に1回のこのお祭りを心から楽しみにしている自分に気づくのです。

この記事のライター

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。 美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年夫の故郷チェコへ移住。

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

11月末に2週間ほどカンボジアへ旅行に行ってきました。滞在したカンポットの街は、世界で一番美味しいと言われる胡椒の産地。現地の有機農場で学んだカンポットペッパーの魅力についてお届けします。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい