すべての人間には、加害者性がある【痴漢から見る日本の病とは~緊急討論#1】

すべての人間には、加害者性がある【痴漢から見る日本の病とは~緊急討論#1】

すべての人間中には、「加害者性」がある。私たちは、その加害者性とどう向き合っていくべきなのか。


2017年8月に刊行された『男が痴漢になる理由』(斉藤章佳著,イースト・プレス刊)は、痴漢の実態を解き明かし、その撲滅の手段を探る一冊となっている。男性の中には、タイトルを見ただけで、苛立ちを覚える人もいるだろう。

『男が痴漢になる理由』はすでに多くの話題を呼び、各メディアに取り上げられている。そして今回、著者・斉藤章佳さんと、痴漢をはじめとする性犯罪にまつわる問題を追うライター・小川たまかさん、そしてAV業界で長年仕事をしてきた二村ヒトシ監督、同書の企画・編集をしたフリー編集者の三浦ゆえさんが、痴漢問題に見る「日本の病」を、それぞれの立場から解き明かすトークイベントが開催された。

ここでは、イベントで繰り広げられた討論の一部を全3回に分けて紹介していく。

出演者プロフィール

・三浦ゆえさん(フリー編集&ライター)
・斉藤章佳さん(精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長)
・小川たまかさん(性暴力、教育、働き方などを取材するライター)
・二村ヒトシさん(アダルトビデオ監督)

第二回:「女性専用車両」は、なぜ憎しみを産むのか?

第三回:性犯罪の一次予防は「性教育」から始まる

■痴漢行為は、ストレスを解消するためにおこなわれる?

三浦ゆえさん(以下、三浦):今回は、『男が痴漢になる理由』にも書かれていないテーマも混ぜてお話させていただければと思います。最初のテーマは「痴漢の動機は性欲だけでない」。こちらは本にも書いてあるんですけど、痴漢の実態について斉藤さんからお話いただけますか。

斉藤章佳さん(以下、斉藤):我々には「痴漢をしている人の大部分は性欲のはけ口がなく勃起してやってるんじゃないか」というような思い込みがありました。ですが、当時創価大学教育学部の阿部惠一郎(あべ・けいいちろう)教授が「実は、痴漢をする人の中には勃起しない人もいるんだよね」と仰っていたんです。私はそれを聞いて衝撃を受けました。

それから痴漢加害者200名以上の方にヒアリングをしていくと対象行為時“勃起してない人”が半数以上いた。これは混合している人もいて、「勃起するときもあれば、しないときもある」と答えた人もいました。それじゃあ“勃起をしていないとき”ってなんなのかって聞いてみると「相手をいじめたい」「サディスティックで支配的な気持ちがある」という回答が多かったんです。

男性の性欲を勃起にだけ集約するのはちょっと乱暴ですが、例えば“勃起”や“射精”という言葉が性欲を連想させるキーワードとするのであれば、そういった行為を痴漢中や直後にやる人って実は少数派なんですね。

三浦:本書の中では、「痴漢はストレスへの対処法」というように明かしていきます。さまざまなストレスの解消法がある中で、一部の男性はそれがこうした性的な問題行動になってしまう、と。そこに近い話題として、最近小川さんの知人の方が痴漢に関する興味深い本を出されているんですよね。

小川たまかさん(以下、小川):私の知人に、日本人女性でフランス在住の佐々木くみさんという方がいるんです。彼女は女子中高生時代を日本で過ごしていたときに、通学電車の中で日常的に痴漢に遭っていました。その経験を小説家の方が短編に仕上げた本を10月にフランスで出版しています。

『Tchikan』

リリース日:2017年10月5日

公式ホームページ
http://www.editions-marchaisse.fr/catalogue-tchikan.html#.WgV0g2i0OUm

小川:彼女は中学一年生で電車に乗り始めて、標準の長いスカートをはいていて、そんな状況ですぐ痴漢に遭った。すごくびっくりしたけれど、お母さんや学校の先生に言っても、適切な対処をしてもらえなかった。この本の中では、そういうことが淡々と書かれていきます。

くみさんはいろいろ「なんであの男の人たちは自分のことを触るんだろう」とかすごく考えるんですよね。彼女を触るのはみんなスーツを着たサラリーマンだったので、サラリーマンの日常のことを考える。彼らはおそらく長時間労働で、家と会社の往復で一日の中に自分の時間なんてほとんどないんじゃないか、ストレスを抱えているのかもしれないってことに思い当たるんです。そんな彼らが唯一「自分の時間」を持てて、なおかつ匿名性が付与される場所が満員電車なのではないかと。

■「すべての男性の中には、加害者性が潜在している」に反発する男性たち

三浦:もちろんストレスを抱えている人がすべて痴漢になるわけではなく、満員電車という温床があれば誰もが痴漢になるわけではないけれども、『男が痴漢になる理由』の中ではあえて「すべての男性は痴漢予備軍である」「痴漢になる可能性がある」と斉藤さんは書いています。

これは「すべての男性には加害者性が潜在している。だからこそ痴漢になる可能性がある」という指摘なのですが、実はこの一文に対して男性から激しい反応がきているんですね。

二村ヒトシさん(以下、二村):「すべての男性には加害者性が潜在している」っていうのは、その通りだと思います。ぼくも人生のいろいろな場面で加害者だから。もっと言っちゃうと人間は女性も含めてみんな加害者だと思います。だからその一文を読んだとき、我が身を振り返らないで怒る男性ってのんきだなぁ、と。自分が加害しないって自信があるからそんなこと言えるのかなって思います。

三浦:それは自信なんですかね。

二村:「自信」っていうのは挑発的な言いかただけど、怯えちゃうのかもしれませんね。自分が加害者である可能性があるってことに。ただ、そういった可能性を考えながら行動したほうが、いろいろうまくいくんじゃないかなって感じがしますけどね。いきなり哲学的な話になってますけど(笑)。

三浦:「すべての男性に加害者性が潜在している」って聞いたとき、私はこの一文に対して疑問に感じる女性ってあまりいないんじゃないかなって思いました。女性の中に加害者性がまったくないのかっていう話は、別として。一方で男性からは反発もあって、ギャップが激しいなという印象です。

二村:「すべての男性は」って言うと、「主語が大きいよ」って言われちゃうでしょうね。でも、これは男全体を指してるというより、「〈あなた〉は加害者になる可能性を内在させている」って話だと思うんです。そう言われれば、ぼくは、なるほど自分の中に加害者性があるなと感じる。

でもね、「あらゆる男性が痴漢予備軍です」って言われたとき、痴漢をしていない人や痴漢行動を我慢している人はきっと傷ついているんですよ。女性と男性の間で反発が起きるときって、ものすごい醜い言葉で罵り合うじゃないですか。そういうのを聞いていて、あぁ、男性も傷ついているんだなって思うんです。

■自分の中にある「加害者性」を受け入れることができるか

二村:その一方で、痴漢が「犯罪」であると同時に「依存症」だと考えることが大切だとも思います。

痴漢は犯罪だってことは、みんな知ってますよね。痴漢をする男も、しない男も、それが犯罪だとはわかってる。犯罪だからこそ、痴漢をする男性は「捕まらなければいい」と考えちゃうんじゃないかな。

彼らの心の底にはストレスに追い込まれた「みじめな人間」がいると思うんですが、多くの男性には「自分はみじめである」と認めることができない傾向がある。奥底にみっともない感情があっても「捕まらない俺かっこいい」って表面で思っていたとしたら、痴漢が犯罪だと何回言ったところで、彼らはそこにロマンを感じますよね。

斉藤:加害者臨床は臨床家が「自らの加害者性の承認」っていう作業を現場でやっていかないと、性犯罪加害者の再犯防止プログラムを続けることができないという側面があります。見たくないものを見ないという弱さに気づき自己受容していくプロセスも加害者臨床の中では重要な作業です。

男性と女性の加害者性については、上野千鶴子(うえの・ちづこ)さんの「男は殴って女性を殺す」「女性はケアで男性を殺す」という話があって。以前、BLOGOSの中で対談したアーヤ藍さんは、この「ケアをする」女性の加害者性にとても共感していました。このあたりはジャーナリストの渋井哲也さんがまとめて記事にしてくれています。(BLOGOSでのシリーズ対談)

痴漢をするのは「ザ・サラリーマン」

男尊女卑的な文化が痴漢を生み出す?

痴漢は学習された行動で、環境要因が大きい。

ここでは「すべての男性は」と書きましたけど、男女の加害者性は質が違うので、二村さんが言ったように、人間すべてにそういう側面があって、そこを受け入れることがサバイバルスキルとして重要なのかなと思います。

第二回:「女性専用車両」は、なぜ憎しみを産むのか?

第三回:性犯罪の一次予防は「性教育」から始まる

(Text/小林航平)

『男が痴漢になる理由』の購入はこちら

男が痴漢になる理由

出演者プロフィール

斉藤章佳(さいとう・あきよし)
精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。 1979年生まれ。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症ケア施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとして、アルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV・クレプトマニアなどさまざまなアディクション問題に携わる。その後、2016年から現職。専門は加害者臨床で「性犯罪者の地域トリートメント」に関する実践・研究・啓発活動を行っている。著者に『性依存症の治療』、『性依存症のリアル』(ともに金剛出版/共著)がある。その他、論文多数。

小川たまか(おがわ・たまか)
文系大学院卒業後、フリーランスを経て2008年から編プロ取締役。主に性暴力、教育、働き方などを取材。2015年に自身の性被害を書いたことをきっかけに性暴力に関する取材に注力。エロは好き、暴力は嫌い。近々、性暴力とジェンダーに関する本を出版予定。

二村ヒトシ(にむら・ひとし)
アダルトビデオ監督。1964年東京都生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶応義塾大学文学部中退。監督作品として「美しい痴女の接吻とセックス」「ふたなりレズビアン」「女装美少年」など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。現在は、複数のAVレーベルを主宰するほか、ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)、『淑女のはらわた』(洋泉社)、『僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに』(KADOKAWA)など。

三浦ゆえ(みうら・ゆえ)
フリー編集&ライター。女性の性と生をテーマに取材、執筆活動を行うほか、『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズをはじめ、『サクラ先生が教える! コウノドリ 妊娠・出産 Q&Aブック』(講談社)、『失職女子。〜私がリストラされてから、生活保護を受給するまで〜』『私、いつまで産めますか?〜卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存〜』(ともにWAVE出版)などの編集協力を担当。著書に『セックスペディアー平成女子性欲事典ー』(文藝春秋)がある。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


社会問題

関連する投稿


性犯罪の原点は「家族」にある。女性をモノ化する男尊女卑的価値観

性犯罪の原点は「家族」にある。女性をモノ化する男尊女卑的価値観

痴漢という性犯罪の根本に潜んでいるのは、日本社会に蔓延る「男尊女卑」という価値観。わたしたちは、この差別的な考えを次世代に連鎖させないために、どうしていけば良いのでしょうか。痴漢問題の実態に迫りながらそのヒントを探ります。


男性に無視され、女性に軽視される痴漢問題

男性に無視され、女性に軽視される痴漢問題

痴漢という性犯罪の根本に潜んでいるのは、日本社会に蔓延る「男尊女卑」という価値観。わたしたちは、この差別的な考えを断ち切るために、どうしていけば良いのでしょうか。痴漢問題の実態に迫りながらそのヒントを探ります。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


性犯罪の一次予防は「性教育」から始まる【痴漢から見る日本の病~緊急討論#3】

性犯罪の一次予防は「性教育」から始まる【痴漢から見る日本の病~緊急討論#3】

痴漢とAVの関係から、「痴漢」と聞くと冤罪問題を挙げる男性心理の話へ。最後には、痴漢を少しでも減らすためのアイデアを探っていきます。


「女性専用車両」は、なぜ憎しみを産むのか? 【痴漢から見る日本の病とは~緊急討論#2】

「女性専用車両」は、なぜ憎しみを産むのか? 【痴漢から見る日本の病とは~緊急討論#2】

痴漢被害を防ぐために、そして女性ケアのために設置された女性専用車両。このように男女を「断絶」することは、痴漢の根本的な解決に繋がるのか。


最新の投稿


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。危険人物・江戸川の登場に驚く井伏たち。気になる11話の展開は――。


大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

「安心・安全・高品質」のジャパンクウォリティの代表製品として確固たる地位を確立し、世界にもその名を広げている今治タオル。海外での人気も高く、お土産としてもぴったりの商品です。そんな今治タオルのメッセージタオルギフトが登場しました。


マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

山田養蜂場は、生マヌカハニーやマヌカオイルのほか、5種の和洋ハーブなどの自然素材を用いた保湿クリーム「マヌカハニークリーム」を新発売しました。話題の「マヌカハニー」をはじめとした自然素材をぜいたくに使用したほか、フォトジェニックなパッケージにも注目です。


おっぱい