1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. クリスマスは「ギリシャ風 苺のサラダ」で彩りを【パリから届いた料理#2】

クリスマスは「ギリシャ風 苺のサラダ」で彩りを【パリから届いた料理#2】

Share

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回はクリスマスのテーブルを綺麗に彩る苺を使ったレシピです。

クリスマスは「ギリシャ風 苺のサラダ」で彩りを【パリから届いた料理#2】

■「ギリシャ風 苺のサラダ」でホームパーティをおしゃれに演出

材料

・苺 1~2個
・フェッタチーズ 少々(お好みで)
・はちみつ 大さじ1
・ホワイトバルサミコ 大さじ1
・オイスターリーフ 数枚

作り方

1.はちみつとホワイトバルサミコを1:1で混ぜ合わせ、ドレッシングをつくります。

はちみつを大さじ1

ホワイトバルサミコを大さじ1

はちみつをホワイトバルサミコでのばすように混ぜ合わせます。

2.苺を適当な大きさにカットし、ドレッシングをかけます。

3.フェッタチーズを適量削り、ふんわりとのせます。

4.最後にオイスターリーフをのせて完成です。

今回ご紹介した「ギリシャ風 苺のサラダ」は、サラダと銘打ってはいますが、時にデザート、時にアペリティフ、時にオードブルとして、さまざまなシチュエーションに合わせて、手軽に作ることができます。とても美味しく見た目もおしゃれな一品です。

突然の来客に、ホームパーティーに、仕事から帰ってきて、いつもと違う苺を味わいたいときに、このような一品があると、心も満たされるのではないでしょうか?

TOYOでは、「素材の旨みを活かす」ことを大切にしています。それは、ミニマリズムとも言えますね。シンプルだからこそ、簡単レシピのひとつのレパートリーとして加えていただければ、嬉しく思います。

Text/中山豊光(なかやま・とよみつ)

フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ。1971年生まれで1994年に渡仏。パリのフレンチレストランと日本料理店で経験を積んだ後、髙田賢三(デザイナー)の専属料理人を経て独立し、2009年12月にパリ6区にRestaurant TOYOをオープン、人気のレストランとなる。

2018年3月「RESTAURANT TOYO」東京ミッドタウン日比谷出店

パリで注目されている中山豊光シェフが手掛ける「TOYO」の 日本初店舗が2018年の3月29日に東京ミッドタウン日比谷にオープンする。

パリの本店同様、オープンキッチンでフレンチでは珍しいカウンターも据え、新鮮でかつ旬な食材にこだわりを持つ。懐石料理の美意識が存在し、西洋と東洋の融合を感じさせる「TOYO」では、唯一無二の究極のフレンチを提供する。また、料理をフレンチカウンターで味わうこともできる。

http://toyojapan.jp/

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article