1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 男性が恋愛で優位に立ちたがるのは、あなたを守りたいから

男性が恋愛で優位に立ちたがるのは、あなたを守りたいから

Share

「何で男ってこんなにプライドが高いんだろう」。付き合っている男性の態度によっては、そう感じる女性もいるかもしれません。何でも優位に立ちたがる姿を見ると、愛されていないのかと不安になりますよね。ですが、彼女より上にいたがるのは、ひとえにあなたを「守りたい」と思っているから。不器用な男心についてお話しします。

男性が恋愛で優位に立ちたがるのは、あなたを守りたいから

■付き合い始めのテンションは男女で違う

男性は「釣った魚に餌をやらない」とよく言われます。付き合いだした途端に連絡がこなくなったり、デートに誘わなくなったりと、「手抜きしているの?」と思うような態度を取られた経験がある女性もいるのでは。

「付き合う前はあんなに私に興味を持ってくれていたのに……」

男性は追いかけたい生き物です。

付き合う前は、まだあなたを手に入れていない状態。つまり、追いかけて自分のものにしたい情熱があります。

必死にLINEの文章を考えたりプレゼントを送ったり、あなたの気を引くためにあれこれと策を練るのは、男性にとっては「作戦」のようなもの。

ほかの男に取られまいと、自分の魅力を最大限にアピールするのですね。

ですが、両想いになり、晴れて交際できることがわかると、ここで男性の熱はいったん落ち着きます。「手に入れる」という目的を果たしたことで、達成感とともにテンションがフラットな状態に戻るのです。

女性は逆ですよね。

駆け引きやジレンマなど、片想いのときも自分の恋愛感情を楽しみますが、相手の男性からいざ「好きだ」と言われたら、それからが女性にとっては「本番」。

男性のことが好きな気持ちも、愛したい情熱も、これからたっぷりと味わいたいテンションは、交際が決まった後からさらに高まります。

このギャップが、男性の気持ちを不審に思うことにつながります。

すでに「安心」を手に入れてしまった男性と、これから積み重ねていきたい女性。

付き合い始めのテンションが違うことを、まずは頭に入れておきましょう。

■いつでも自分に自信を持っていたい男性

じゃあ、男性の気持ちはずっとフラットなままなの? と言われると、そうではありません。

手に入れたあと、男性が考えるのは「常に彼女の前で自信を持てる自分」でありたいということ。

苦労して手に入れたのなら、それを守りたいのが男性。

仕事でも、高いステータスを目指してその位置に立てたら、次はその立場をキープするためにまた努力を重ねていくことと同じです。

愛する女性と付き合えることになった幸運を手放すまいと、改めてがんばろうと思います。

ただし、彼女の見えないところで。

交際前に必死に彼女を追いかけた自分の姿を、男性は覚えています。

彼女の目に自分がどう映っていたか、どんなイメージを持たれているか、それも考えます。

次は、それを崩さないことに気を配るのです。男らしい、カッコいい自分を彼女に見せてきたのだったら、それを継続させないと彼女に愛されなくなる(かもしれない)。

そんな恐れを男性は持っています。

手に入れたあとは、付き合う前とは違うやり方、さらに愛される自分になるための努力を考えるのですね。

何だか付き合う前のように自分を追いかけなくなってきたな、と感じるのは、手に入れたあとは努力の方向が違うからです。

女性のように、付き合いが始まったあとも変わらず積極的に自分を見せていく、自分と関わることを望む姿を見せるのとは、少し違います。

今度は、彼女の中で揺らがないような大きな存在になりたい。それが男性の願いです。

「男らしさ」に縛られるのは、いつでも自分に自信を持っていたいから。

それが、「優位に立ちたがる」と女性に思わせる一因でもあります。

彼との気持ちの温度差がつらいなら、「期待」を手放してありのままを受け止めてみる

https://p-dress.jp/articles/5237

彼のために尽くしているのに、何だかいつも素っ気ない態度。本当は好かれてない? こんな不安は、一方的な期待とのギャップから生まれます。望み通りの反応を求められると、男性は逆に愛情を伝えにくくなるものです。気持ちの温度差を感じてつらいときは、心のフィルターを外して、ありのままの彼を受け止めてみてください。

■頼られることで自分の価値を確認する

・喧嘩をしても謝らないとか、些細なことでも自分の意見を通したがる
・彼女のことを褒めない、感謝しない

など、一見マイナスに見えるこれら男性の態度は、女性にしてみれば「私より上にいたがっている」「私より優位だと思いこんでいる」など、どうしてもプラスの方向には受け取れないものです。

プライドが高いのが男性とはよく言いますが、プライドの中身は何でしょうか。

振る舞いに自信を持っている自分、彼女に「すごい」と思われ、頼りにされる自分です。

謝ってしまうのは自分のミスを認めること。それは彼女に「(間違いを犯す)頼りない彼氏」のレッテルを貼られることになるかもしれません。

自分の価値が下がるようなことは徹底して避ける。そんな一面も多くの男性は持っています。

本当は、潔く謝ることこそ男らしいし、彼女の機嫌も直るとわかっていても、そこで折れてしまうと威厳が保たれない、と考えるのですね。

謝っても、もし許してもらえずに振られるかもしれません。

それなら、我を通すことで自分のプライドを守ることを男性は考えます。

決して彼女のことを下に見ているわけでも、ないがしろにしたいわけでもありません。

女性は自分の気持ちを理解してもらえないと思って悲しくなりますよね。

その裏で、彼氏のほうはもっと深く、彼女を傷つけた自分、ダメな自分を感じて後悔の念でいっぱいかもしれません。

それでも、そんな自分を見せるのは男らしくないと思って、自分のプライドを優先させます。

これがネガティブな方向に現れると、すぐに「もう別れよう」と言い出すことで彼女の気持ちを試すようになります。

好きなら引き止めるだろう、まだ付き合いたいとすがってくれるだろう。

自分に自信のない男性ほど、彼女を愛している気持ちを隠したがります。

受け入れてもらえなかったときに傷ついて苦しむし、先に相手の愛情を確認できればそれで安心できるからです。

身勝手で一方的なやり方であっても、こうすることでしか自分の価値を確かめられない男性もいます。

すぐに「もう、別れよう」と言う男はこちらから捨ててみる

https://p-dress.jp/articles/3200

ちょっと喧嘩するとすぐに「もう、別れよう」と言う男。まるで飽きたおもちゃを捨てるように、簡単に別れを口にできる男をあなたは愛していけますか? いつもこちらが泣いてすがって、よりを戻すことを繰り返していても、2人の関係は何も変わりません。そんな男は、一度こちらから捨ててみればいいのです。

■好きな女性は守りたいと思うのが男性の本音

「頼られたい」のは、何かあったときに力になるとか、いろいろなことを教えるとか、表面的なことだけではありません。

男性が考える「頼られる」とは、彼女に「あなたに側にいてほしい」と存在を望まれることです。

何より、彼女に自分の存在を認めてほしい。カッコいい、男らしいと思われたいのは優位に立ちたいからではなく、それが彼女にとって一番の自分であると思っているからです。

彼女と衝突してまで自分を崩せないのは、ある意味男らしいとは言えないと感じる女性もいるでしょう。

あなたのほうはただ、彼氏と幸せな良い関係を築いていきたい。願いはそれだけなのに、どうして男性はそれを邪魔するように素直になってくれないのか。

それは、男性の中では愛情が大きくなると、彼女を「守りたい」と思うから。

お付き合いが進んで、結婚の2文字が彼の頭をよぎるとき、そこには「頼られたい」を超えて彼女を「守りたい」気持ちがあります。

結婚のような人生の一大事は、特に家族を背負って養っていく役割を担う男性にとっては、中途半端な気持ちでは決められません。

この女性と生きていこうと決心するのは、この人を一生守ろうという覚悟ができたときです。

好きな女性を一生かけて守ることこそ、男性が持つ本当のプライド。

彼女を守れるくらい、頼れる自分でありたいと思うために、ときには自分を押し通して存在を主張するのですね。

■男心を汲んだ行動が愛情を引き出す

それじゃあ、自分は我慢するしかないのかな、とも思いますよね。

好きだから素直になれない、我を通すことがあるのはわかったけど、じゃあ、衝突するたびに自分が折れないといけないの?

一番良いのは、そんな男心をこちらからどんどん汲み取っていって、彼を満足させてあげることです。

「ガキ大将のような子どもっぽさ」だなと筆者は思うのですが、張り合うとこちらが疲れます。

私を傷つけたいわけじゃないんだとわかれば、その場は自分が引いて、彼の気持ちをなだめてあげることもできます。

そのほうが嫌な感情を加速させずに済むし、彼の態度を責めればそれだけ解決から遠ざかるからです。

そのあと、落ち着いたときに改めて自分の気持ちを伝えます。冷静になれば男性のほうも自分の非を認めやすくなります。

男性は、本当はあなたが自分のせいで傷ついていることも自覚しているし、また、あなたがすごい人であること、自分より賢い人であることもわかっています。

ただそれを口にするのは男らしくないから、言わないだけなのです。

実は俺のほうが尻に敷かれている……と気がついていながら、折れてくれるあなたに内心は感謝の気持ちでいっぱいのはずです。

そんな女性こそ、これからも全力で守っていきたいと彼は思うでしょう。

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

https://p-dress.jp/articles/3629

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article