「副腎皮質ステロイドホルモン」とはどんなホルモンなのか?【赤池智子】

「副腎皮質ステロイドホルモン」とはどんなホルモンなのか?【赤池智子】

副腎皮質ステロイドホルモンとはどんなホルモンなのか解説します。ニュースで見聞きすることの多い「ステロイド」を恐れず、リアルを知るために、副腎皮質ステロイドホルモンの知識を持っておくことが大事です。


前回のコラム「『ステロイド』は総称。ドーピング問題のステロイドとは違う」で「ステロイド」自体はステロイド核という構造をもった物質全般の「総称」であることをお伝えしました。

この違いをわかっていただいた上で、今回からは核心に迫っていきますね。

テレビなどの報道で度々議論となっている「ステロイド」である「副腎皮質ステロイドホルモン」についてお話していきます。

■「副腎」の役割

そもそも「副腎」とは、私たちの体の中にある臓器のひとつです。

副腎の腎という漢字は腎臓と同じですね。腎臓の主な役割は、血液中のいらない物質や必要な物質を選別し、いらない物質を尿として体の外に出し、体内の状態を常に一定に保つことです。

副腎はこの腎臓の上にちょこんと乗っかかるようにして体の中にあります。働きは違いますが、小さい腎臓のような、サブ的なイメージ「副」=副腎と考えていただくと、わかりやすいかと思います。

腎臓の位置は、だいたい腕をからだの横におろして、ピンと立ったときに肘にあたる高さの背中側のあたり。副腎はその上にあり、だいたい肘の高さよりちょっと上くらいだと想像していただけたらと思います。

■副腎の成り立ち

次に副腎の構造について説明します。この副腎は大きく「副腎皮質(ひしつ)」と呼ばれる外側の部分と、「副腎髄質(ずいしつ)」を呼ばれる内側の部分で構成されています。

皮質は、皮という漢字が示す通り、外側というイメージがつくと思います。そして髄質は骨髄などと同様に中心、内側のイメージです。大きくこの外側と内側からなります。

この副腎皮質と副腎髄質はともにホルモンを分泌し、それぞれまったく違う働きをするホルモンですが、体にとっては生命に関わる重要な働きをします。。

今回の一連のテーマである、「副腎皮質ステロイドホルモン」はつまり、副腎の外側にある皮質部分から出されているホルモンということです。

この副腎皮質ステロイドホルモンは、ステロイドの一種であるコレステロールが材料となってつくられます。

コレステロール自体はこのようなホルモンをつくる材料になるなど、実は私たちの体の中で非常に重要役割を果たしています(今後の連載でコレステロールについても別途解説します)。

■副腎皮質ステロイドホルモンの役割

この副腎皮質ステロイドホルモンは、体の中でどんな役割を果たしているホルモンなのでしょうか。

副腎の外側にある副腎皮質はさらに3層にわかれ、3種類のホルモンが作られます。「電解質コルチコイド」「糖質コルチコイド」そして「副腎アンドロゲン」の3種類です。

聞き慣れないコルチコイドというのはコルチコステロイド、つまり皮質ホルモンという意味です。

副腎皮質そしてステロイドホルモンの中には、
・ 電解質:体の中のカリウムやナトリウムなどを調節する電解質コルチコイド
・ 糖質:糖に関係する糖質コルチコイド
・ アンドロゲン:男性ホルモンに関係する副腎アンドロゲン
大きくこの3つがあるとイメージしてください。

この中でアレルギーや喘息、その他、医療現場で幅広く使われているステロイドは、この中の「糖質コルチコイド」の作用を期待しているものです。糖質コルチコイドが体内でどんな役割を果たしているか、しっかり理解することが大切です。一言で説明できないほどいろいろな作用があります。

次回からこの作用を詳しく説明していきます。この作用がわかると、薬としての効果や、副作用なども理解いただけると思います。

漠然と、なんとなく、「怖い」と感じていた印象が変わり、何が問題となるのか、わかっていただけるようになるでしょう。

少しずつ理解していただき、皆さんの中で知識となり、知った上でご自身の考え、価値観をつくっていただけたらなと思っています。それではまた。

この記事のライター

医師、内科/皮膚科医。内科認定医。2006年準ミス日本。 患者の視点に立った医療を行うことを何よりも大切にし、論文執筆、学会発表と共に日常診療を第一に行っている。 2006年準ミス日本の経歴も生かし、女性ならではの視点か...

関連するキーワード


健康

関連する投稿


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


自分に合う「やせる味」がある!? 『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』

自分に合う「やせる味」がある!? 『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』

合う味ダイエットFSEMトレーナー、パーソナルトレーナー庄島義博さんの著書『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』が発売に。自分に“合う味”でやせる!? お正月太りもリセットし、元のボディラインをゲット! 3万人が効果を実感した画期的な「合う味ダイエット」とは。


ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすい、そんなお悩みを持っている方は少なくないのでは。知らず知らずのうちに溜まっているストレスは、あなたの身体になんらかの影響をもたらしているかもしれません。ストレスチェックからストレス対策まで、溜まりがちなストレスを解消する方法をご紹介します。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

5年以上経血コントロールを続けている長谷川朋美さん。難しそう……と思われる方も多いかもしれませんが、骨盤底筋を鍛えることで経血コントロールは徐々にできるようになる、と話します。その方法や得られる実感などを綴っていただきました。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。