1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 気になる髪のパサつき、広がり。正しいヘアケアと改善方法

気になる髪のパサつき、広がり。正しいヘアケアと改善方法

Share

30代からのエイジング髪はなにかとパサついたり、うねったり、広がったり、扱いにくくなってくるもの。そんな髪質の変化のなかでも、特にボリュームダウンの方法をレクチャーします。

気になる髪のパサつき、広がり。正しいヘアケアと改善方法

20代までは気にもしなかった髪のトラブル。髪は30代の半ばすぎくらいから、大きくコンディションが変わってきます。

そのうちのひとつが乾燥です。髪の約15%程度が水分として保持されていると、良いコンディションと言えます。一方、頭皮や髪から油分が失われると、髪の内部の水分を保持する力がなくなり、パサパサとしてきてしまうのです。

■髪が乾燥すると、広がってしまう理由

髪がパサつくと広がってしまうのはなぜでしょうか?

まず、ダメージヘアの仕組みから説明します。

髪を守っているキューティクルが傷つくと、髪の内側からたんぱく質が流出し、ダメージホールと呼ばれる穴ができてしまい、そこから水分が入り込んでいきます。

髪は水分を含むとやや膨らんでいく性質を持ちます。加えて、ダメージの程度が髪の箇所によって異なるため、髪一本の中でうねりが生じ、結果的に広がってしまうのです。

また、キューティクルが開いていると、空気中の水分まで吸収してしまうことも。

キューティクルはもともと水を弾く性質を持つため、きちんと閉じている状態であれば水分を吸収しにくくなっています。

ダメージによってパサついている状態は、必要な油分がほとんど足りていない状態です。髪自体が軽くなりすぎて、ストンと落ちないのも、髪が広がりやすくなる原因になります。

■正しいヘアケアができていますか

普段からヘアケアをきちんとしているのに、パサパサして広がってしまうとお悩みの場合、ヘアケアの方法が合っていないかもしれません。

そもそもヘアケアはきちんと正しい方法でしていないと、逆に髪にダメージを与えてしまうこともあるのです。

例えば……

【髪がパサつく原因】
1.シャンプー後はいつも自然乾燥させている
2.1日2回以上しっかりシャンプーしている
3.毎朝ヘアアイロンでしっかりクセを伸ばしている


こちらに当てはまってはいないでしょうか?

これらはすべて、髪が乾燥してパサつく原因になってしまいます。

パサつきが解消されてしっとりしてくれば、うねりが落ち着いてイヤな広がりも解消されてきます。髪のパサつきを解消するには、まずは日常の髪の扱い方から注意して見直してみると良いでしょう。

しっとりスルンとまとまった髪は上品に見えますし、清潔感も出ます。ツヤが出て髪質が変われば見た目の印象は大きく変わってくるものです。

それでは、どうすれば髪の広がりを抑えてまとまりのある髪にできるのか、考えていきましょう。

■シャンプーは1日1回まで!

頭皮のベタつきや臭いを気にして、毎日朝夜の2回、しっかりシャンプーをしていませんか? シャンプーのしすぎはパサつきの原因にもつながります。

シャンプー後は、頭皮の皮脂が洗い流された状態。そこから時間をかけて皮脂が徐々に髪につたって行き渡ることで自然と保湿効果が生まれます。

せっかく皮脂が行き渡ったところに、再びシャンプーをして洗い流してしまうと、髪に油分が常にない状態となってしまい、パサつく原因になるのです。

シャンプーは1日1回で大丈夫! ですよ。

■髪はすぐに乾かしましょう

濡れた髪はキューティクルが外側に膨らんでいるため、はがれやすくなっている状態です。

特に乾かさずにそのまま寝るのはNG! 雑菌の繁殖など頭皮の衛生面でも良くないですし、摩擦でキューティクルが傷ついてしまいます。

シャンプー後はすぐに髪を乾かすことを心がけてください。

そしてドライヤーを上手に使うポイントは、

同じ箇所にずっと温風を当てない
頭皮から15cmくらい離して使う
温度が高すぎるドライヤーは使わない
マイナスイオンドライヤーで静電気を抑える


髪全体をまんべんなく優しく乾かして、1カ所だけバサバサと乾かしすぎないことが大切です。

髪を巻く際にも熱に注意!

髪はたんぱく質が主成分なので、熱に弱い性質を持っています。

180度以上の熱で何秒も当てていると、すぐにダメージを受けてしまいます。髪質に合わせた温度で手早く巻いていきましょう。

ストレートアイロンでクセを伸ばす際にも、ゴシゴシ摩擦しすぎないように注意が必要です!

■すでにパサついてしまった髪には?

ここまで、パサつき、広がりが起きないようにケアする方法をご紹介してきました。では、すでにパサついてしまっている髪のケアはどうすればよいのでしょうか?

それにはアウトバストリートメントが効果を発揮します。

シャンプー後のドライ時に使う、洗い流さないタイプのトリートメントで、スタイリング剤のようにお出かけ前などにも使えて、早く効果を実感できるものです。

キューティクルをコーティングするような作用で、内側の水分を逃がさずに保湿効果を得ることができます。オイルタイプやクリームタイプを使うことによって一本一本に毛束感やまとまりも出るので、パサついて不規則に広がってしまっている髪を抑えるのにも効果的です。

さらにはブラッシングです!

基本的な方法ですが、髪をブラッシングすることで髪内部の水分が均一になり、うねりを緩和して広がりが抑えられます。頭皮の必要な皮脂が髪にも行き渡り、保湿効果も出てきます。

以下にブラッシングのコツをご紹介しておきます。

1.根元から毛先に向かってブラッシングしていく
2.もつれや引っ掛かりがある髪は丁寧に優しくとかしてほぐす
3.目が粗めの引っかかりにくいブラシを選ぶ
4.むやみに力は入れずに優しく行う
5.頭皮をゴシゴシとこすらない

■正しいヘアケア方法をおさらい

1.シャンプー後はアウトバストリートメントをつけてすぐに乾かす
2.シャンプーは1日1回で
3.ヘアアイロンは髪質に合わせて適温の設定で短時間で済ませる


正しいヘアケアはできていましたか?

パサつき、広がりの原因がわかれば、日常のヘアケアを見直すだけでも、ずいぶんと改善してくると思います。特にキューティクルを傷めないように気をつけて、丁寧に髪を扱ってみてください!

Share

荒木 隆広

美容師。神奈川県生まれ。表参道NORAのマネージャーとしてサロンワークを行う傍、各種雑誌のヘアメイクやセミナー講師も行っている。

ゲスト一人一人の個性とライフスタイルに合わせたヘアスタイル提案、豊富な薬剤知識と経験、確かなカット技術で幅広い年齢層から支持を持つ似合わせ術の達人。

関連記事

Latest Article