過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


◼︎映画『ナラタージュ』のストーリー

高校時代、いじめにあっていた泉(有村架純)は、演劇部の顧問教師・葉山(松本潤)から演劇部にスカウトされます。

どこにも自分の居場所を見つけることができずにいた孤独な自分に、居場所を与え、救ってくれた葉山に、泉は次第に惹かれていきます。

そして、卒業式の日。誰にも言えないふたりだけの思い出をもらった泉は、その想いを胸にしまったまま、大学に進学するのでした。

大学に入り、2回目の春。

泉のもとに、葉山から久しぶりの連絡がきます。後輩のために卒業公演に参加してくれないか、と誘われた泉は、葉山と再会し、彼への想いがさらに募っていくことを実感するのでした。

そんなある日、泉は葉山から、とある事件をきっかけに別居することとなった妻がいることを知らされます。

許されない恋に、葉山を忘れようと決意した泉は、同じく卒業公演に参加した大学生の小野(坂口健太郎)から告白され、彼と付き合うことを決めるのですが……。

◼︎「壊れるくらい、あなたが好きでした。」――描かれるのは、切ない恋模様

誰もが一度は、生涯忘れられないような、ほろ苦い恋を経験したことがあるのではないでしょうか?

『ナラタージュ』では、恋愛の甘い部分だけでなく、欲望や苦しさをも描き出します。

本作のメガホンを取った行定勲(ゆきさだ・いさお)監督は「好きになるほど疑惑は生まれ、欲望は先回りし、相手のためを思ってやったこともズレてしまい、グチャグチャになってしまう。それが本当の恋愛だと思っています」と語ります。

「キラキラしたボーイミーツガール映画はたくさん作られてきたけど、現実の恋愛はそうじゃない。こんなことだったら恋愛なんてしなきゃよかった……というもう一面の恋愛を描いて、いい意味で若い人たちに傷をつけたかった」と語る行貞監督。

『ナラタージュ』では、泉・葉山・小野、だれにとっても「もう恋なんてしたくない」ような現実を突きつけられながらも、「それでも恋せずにはいられない」主人公たちの愛おしさを感じさせてくれます。

◼︎まさに体当たり! 過激なベッドシーンにも注目

連続テレビ小説『ひよっこ』の主人公・谷田部みね子役や、映画『何者』の田名部瑞月役、テレビドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の杉原音役など、どちらかと言えば清純派のイメージの強い有村架純。

映画『3月のライオン』では主人公・零(神木隆之介)の義姉・幸田香子役で妖艶な演技も見せた彼女ですが、本作ではさらに驚くような過激なシーンに挑んでいます。

坂口健太郎演じる小野とのベッドシーン。

そして松本潤演じる葉山とのベッドシーン。

一番に好きではない人に初めて抱かれるシーンも、一番好きな人に最後に抱かれるシーンも、どちらも言い表せない切なさに溢れ、目を離すことができません。

また、とくに必見なのは、泉が葉山の家の浴室で、彼の髪を切る場面。

恋心を制御できなくなった泉が、葉山に口づけをし、シャワーに濡れながらお互いの感情をぶつけ合うシーンは、ヒリヒリとした恋愛の緊張が溢れています。

葉山と小野……泉はどちらを選び、幸せを手にすることができるのか。彼女が最後にした選択とは――?

映画『ナラタージュ』は今週末10月7日(土)より公開です。物語の結末は、ぜひスクリーンで見届けてください。

◼︎『ナラタージュ』公開情報

『ナラタージュ』
10月7日(土)全国ロードショー
監督:行定勲 
原作:島本理生(『ナラタージュ』角川文庫刊) 
出演: 松本潤、有村架純、坂口健太郎
配給:東宝=アスミック・エース
上映時間:140分
公式サイト: https://www.toho.co.jp/movie/lineup/tamioboy.html
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

この記事のライター

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連する投稿


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが贈る興奮が再び!『グレイテスト・ショーマン』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#38

『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが贈る興奮が再び!『グレイテスト・ショーマン』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#38

19世紀半ばのアメリカで、ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師P.T.バーナムを描いたオリジナル・ミュージカル『グレイテスト・ショーマン』がついに公開されます! ヒュー・ジャックマンを主演に迎え、全9曲のミュージカル・ナンバーを『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが手がける本作は、誰もが楽しめるエンタテイメント作品です。


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


【チケプレあり】映画『ラッキー』試写会にご招待!

【チケプレあり】映画『ラッキー』試写会にご招待!

90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る、「死とはなにか」。 『パリ、テキサス』の名優ハリー・ディーン・スタントン、最後の主演作。『ラッキー』が3月17日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町アップリンク渋谷ほかにて全国順次ロードショー。こちらの試写会に5組10名様をご招待します。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。