相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


20代のころは積極的に料理を振舞ったことがあまりない。


思えば料理だけでなく、相手のために尽くすタイプではなかった。そんな恋愛でも十分楽しかったし、相手のことをいつも信用していた。自分で言うのもなんだけれど、とてもいい関係性だったと勝手に思っている。


紆余曲折を得て、30を過ぎたあたりから遅ればせながら料理に興味を持ち始め、教室にも通った。

あるとき、相手がカレー好きだと言うので週末におもてなしをすることになった。そうと決まった当日までの1週間、ひたすらカレーと格闘する日々が続いた。

カレー粉からこだわるが、作っても作っても、納得のいく味にならない。気付けば1日3回、朝の出勤前から帰宅して眠るまでひたすらカレー作り。冷凍庫にどんどん溜まっていく容器。これだけがんばれるなら試験勉強もっとがんばれたよね、と思うほどのやる気。完璧を求めすぎていた。


――当日、「小腹が空いた」と彼が近所の唐揚げ屋に立ち寄ろうとしたときには、「150%空腹で来いや!」と心底思った。

「あんなに練習して、全力で作るんだから、あなただって全力で味わって……!」などという勝手な想いが胸の中を占領していた。

いざ相手が食べ終わって帰っていったときは一気に力が抜け、ひと仕事終えた気さえしてホッとした。しかし、そんな風に料理をがんばっても、相手との関係性が良い方向に発展することはなかった。

「こんなに尽くしている私、女性らしいでしょ。大事にしてね」、という無意識な期待。与えた分だけの見返りを求めていた自分に気づいた。料理と一緒にいろいろな感情も乗せていたのだろうか。カレーを見て彼を見ず。

お粗末さまです。


一方で、知り合いの女性は「結婚するまで男性に料理を作らない。当然、家にもいれない」と言う。

男性に料理を作ってあげると、女性に対して渇望感がなくなってしまい、興味半減、がんばらなくなるとのことだった。一理あるな、と思う。

そもそも相手の望みはなんだろう?

この夏の間、短期限定だが縁あって知り合いの築地の飲食店で働かせてもらった。
お客さんが帰り、仕事が終わったあとにいただく「賄い」がなにより美味しい。賄いが美味しいからこそ、がんばれた部分もある。

昼過ぎには今まで感じたことがなかった穏やかな日差しが店に入り心が和む。忙しくはあった。けれど、そこには相手への気遣いや思いやりがあふれ、時には冗談を言いながら――とても居心地が良い空間ができあがっていた。


気が上がるってこういう場所を言うのだな。


その相乗効果もあって賄いがさらに美味しかったのだと思う。もし、環境が違っていたら、こんな風に「美味しい」と思うことはなかったかも。

賄いをいただきながら改めて思った。

相手の胃袋を掴もうとする前に、居心地の良い時間を共有し、相手を思いやることができたら、初めて胃袋とともに心を掴めるようになるのではないか。20代のころの私は料理が得意でなくとも、胃袋以前にそれができていたのかもしれない。

相手に期待するよりも、まずは自分が楽しむこと。相手と向き合うこと。

胃袋も心も掴むための最初の一歩だ。

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・女恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校・大学野球・アクリル画、銭湯。

関連するキーワード


恋愛 婚活 料理

関連する投稿


「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、射手座にとっては自分を解放することがテーマに。これまで上手くいかなかったこともすんなりクリアできるシーズンになりそうです。


山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、山羊座にとってはが自分の世界を広げていくことがテーマに。思いきりが重要なシーズンになりそうです。


ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

サンドウィッチとスイーツが35種も! 行列必至のビュッフェ、食欲の秋にいかがですか? ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」で、窓一面に広がる日本庭園の紅葉を眺めながら優雅に楽しんで。


おっぱい