相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


20代のころは積極的に料理を振舞ったことがあまりない。


思えば料理だけでなく、相手のために尽くすタイプではなかった。そんな恋愛でも十分楽しかったし、相手のことをいつも信用していた。自分で言うのもなんだけれど、とてもいい関係性だったと勝手に思っている。


紆余曲折を得て、30を過ぎたあたりから遅ればせながら料理に興味を持ち始め、教室にも通った。

あるとき、相手がカレー好きだと言うので週末におもてなしをすることになった。そうと決まった当日までの1週間、ひたすらカレーと格闘する日々が続いた。

カレー粉からこだわるが、作っても作っても、納得のいく味にならない。気付けば1日3回、朝の出勤前から帰宅して眠るまでひたすらカレー作り。冷凍庫にどんどん溜まっていく容器。これだけがんばれるなら試験勉強もっとがんばれたよね、と思うほどのやる気。完璧を求めすぎていた。


――当日、「小腹が空いた」と彼が近所の唐揚げ屋に立ち寄ろうとしたときには、「150%空腹で来いや!」と心底思った。

「あんなに練習して、全力で作るんだから、あなただって全力で味わって……!」などという勝手な想いが胸の中を占領していた。

いざ相手が食べ終わって帰っていったときは一気に力が抜け、ひと仕事終えた気さえしてホッとした。しかし、そんな風に料理をがんばっても、相手との関係性が良い方向に発展することはなかった。

「こんなに尽くしている私、女性らしいでしょ。大事にしてね」、という無意識な期待。与えた分だけの見返りを求めていた自分に気づいた。料理と一緒にいろいろな感情も乗せていたのだろうか。カレーを見て彼を見ず。

お粗末さまです。


一方で、知り合いの女性は「結婚するまで男性に料理を作らない。当然、家にもいれない」と言う。

男性に料理を作ってあげると、女性に対して渇望感がなくなってしまい、興味半減、がんばらなくなるとのことだった。一理あるな、と思う。

そもそも相手の望みはなんだろう?

この夏の間、短期限定だが縁あって知り合いの築地の飲食店で働かせてもらった。
お客さんが帰り、仕事が終わったあとにいただく「賄い」がなにより美味しい。賄いが美味しいからこそ、がんばれた部分もある。

昼過ぎには今まで感じたことがなかった穏やかな日差しが店に入り心が和む。忙しくはあった。けれど、そこには相手への気遣いや思いやりがあふれ、時には冗談を言いながら――とても居心地が良い空間ができあがっていた。


気が上がるってこういう場所を言うのだな。


その相乗効果もあって賄いがさらに美味しかったのだと思う。もし、環境が違っていたら、こんな風に「美味しい」と思うことはなかったかも。

賄いをいただきながら改めて思った。

相手の胃袋を掴もうとする前に、居心地の良い時間を共有し、相手を思いやることができたら、初めて胃袋とともに心を掴めるようになるのではないか。20代のころの私は料理が得意でなくとも、胃袋以前にそれができていたのかもしれない。

相手に期待するよりも、まずは自分が楽しむこと。相手と向き合うこと。

胃袋も心も掴むための最初の一歩だ。

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校野球・アクリル画、銭湯。

関連するキーワード


恋愛 婚活 料理

関連する投稿


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


#モデルがこっそり飲んでいる『3日で2kgやせる魔法のスープ』

#モデルがこっそり飲んでいる『3日で2kgやせる魔法のスープ』

野菜ソムリエプロ Atsushiさん“初”のレシピ本『#モデルがこっそり飲んでいる 3日で2kgやせる魔法のスープ』が12月15日に発売。消化・吸収がよく、身体のデトックスにもぴったりなスープは、満足感いっぱいなのに、どんどんスリムになっていくボディラインの変化を感じられるメニューです。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


「失恋しました」【経沢香保子】

「失恋しました」【経沢香保子】

失恋はつらくて苦しくてしんどい。でも、失恋を乗り越えたあなたが身につけるものはたくさんある。人の心を無理にコントロールしようとしない品格、愛する人に通じるすべてのもの受け入れる「愛の作法」、現実を受け入れる忍耐力など。そんな大きな愛を持つあなたを周囲は放っておかない。失恋を通じてあなたの人としての器は大きくなるのだ。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用シャツとネクタイの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用シャツとネクタイの常識

ビジネスシーンに最もふさわしくクラシカルなドレスシャツは、綿100%の白無地と言われているのをご存知ですか。男性用シャツの歴史を知ると、TPOに合ったシャツ選びができるようになります。シャツの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしいシャツ選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法

冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法

老け顔をメイクで“なかったことにする”方法をご紹介します。寒い冬は、顔や手足が冷えて全身の血流が悪くなり、顔色が冴えなかったり、疲れているように見えたりと、老け顔になりがち。目元や口周りなど、気になるポイントを押さえて、メイクでささっとカバーしてしまいましょう。


LINEの返信が遅い彼にイライラ……怒りを生み出しているのは自分かも【大人の上手な怒り術#2】

LINEの返信が遅い彼にイライラ……怒りを生み出しているのは自分かも【大人の上手な怒り術#2】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第2回ではパートナーとのLINEのやりとりでイラッとしたときの、怒りとの付き合い方をご紹介します。


【GINZA SIX限定】フランク ミュラー×極上森伊蔵の2018年正月限定セット

【GINZA SIX限定】フランク ミュラー×極上森伊蔵の2018年正月限定セット

GINZA SIXの「フランク ミュラー ジュネーブ」では、FRANCK MULLER×極上森伊蔵 霧島切子セット<2018年正月限定>を発売中。1日1本限定で、全30本のご用意になります。高い美的感覚と最高の品質を貫くフランク ミュラーに共鳴する極上森伊蔵 霧島切子セットとGINZA SIXで出会ってください。


大人上品なブラウンヘアに仕上がる、おしゃれな白髪染め

大人上品なブラウンヘアに仕上がる、おしゃれな白髪染め

植物ヘアカラーのイメージ「染まらない」「髪色が合わない」「使いにくい」を払拭した画期的な商品「エコーレア ブラウン」(頭髪用化粧品)が、自然派化粧品エコーレアから新登場。高品質のヘナ色素とインディゴをブレンドした初めての方にも使いやすいヘナカラーです。


おっぱい