1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 仕事運を上げたいなら「恵方参り」がおすすめ! 方法を詳しく解説します

仕事運を上げたいなら「恵方参り」がおすすめ! 方法を詳しく解説します

Share

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第3弾! “氣学”は、「占い」とは違い、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、“仕事がうまくいく”開運術を教えてもらいました。

仕事運を上げたいなら「恵方参り」がおすすめ! 方法を詳しく解説します

■仕事に関する悩みを、氣学で解消しましょう

これまでの連載でもお話しした通り、氣学とは、エネルギー(運気)の流れを知り、それに沿って運気を高めていくという学問です。

地球も人間も自然の一部。人は誰でも誕生した瞬間から、その場に流れているエネルギーの影響を受けています。そのため、運気が循環する法則を知って、自分に足りないものを効果的に取り込めば、なりたい自分になることができるのです。

さて、本日のお題は「仕事運を上げる」。がんばっているのに成績があがらない、企画がまとまらない、大事なときに限ってうまく話せない……など、仕事をしていると、悩みはつきものです。

ダメ男と別れて次の人生に進みたい! そんなお悩みを“攻めの開運術”氣学で解決しよう

https://p-dress.jp/articles/4846

自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく攻めの開運術「氣学」。開運実践氣学アドバイザーとして大人気の勝沼慧衣さんによる新刊『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、皆さんのお悩み別“開運術”をご紹介します。

貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

https://p-dress.jp/articles/4864

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第2弾! “氣学”とは、「占い」とは違って、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、今回は“お金が貯まる”開運術を教えてもらいました。

■恵方の方角にある神社をお参りする「恵方参り」

本書では「営業成績をあげたい」「企画、プレゼン力を上げたい」「独立、転職でステップアップしたい」など具体的な項目ごとにも解説していますが、全般的に仕事運を上げたい人におすすめなのは、「恵方参り」です。

「恵方」とは節分のときの「恵方巻き」でおなじみとなりましたが、その年の「幸せを呼び込む方角」です。

毎年、節分の日に恵方を向いて「恵方巻き」を食べると、1年を幸せに暮らすことができると言われていますが、「恵方参り」は、恵方にある神社にお参りすることを指します。

この「恵方参り」のポイントは、家を起点に750メートル以上離れた、恵方の方角にある神社をお参りすること。こうすることで、願いをかなえるチャンスを引き寄せることができます。

この場合、なるべく遠くへ行けばいくほどエネルギーを使っていることになり、その情熱が願いを叶えやすくします。あえて労力を使って神仏に意思表示をすることで、自分のなかのエネルギーを高めることができるのです。

ちなみにこの「恵方参り」は、節分の日だけでなくいつ行ってもかまいませんが、立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめです。

■恵方は、毎年変わります

2017年の恵方は北北西。2018年の恵方は南南東です。そもそも恵方参りとは、年が切り替わる立春(2月4日)に、恵方の方角の神社に参拝をすることです。古くからある習慣でこれが現在の初詣のもとになっています。

恵方参りは1年中、いつ行ってもかまいませんが、立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめです。

■恵方参りをする際のルール

「恵方参り」をする際には、いくつかのルールがあります。まず、お願いごとは欲張らずにひとつだけ。どうなりたいか、できるだけ具体的にお願いすると、自分の志もはっきりします。

志がたくさんあるなら、何度行ってもいいのです。ただし、1年の最後には必ずお礼参りに行きましょう。礼を欠いて、願うだけなのはもってのほかです。

楽をしないで、しっかりと目標を立て、自らチャンスを穫りにいきましょう。みなさまがますますの幸せを手に入れられますよう願っています。

■恵方参りのやり方まとめ

・家を起点に750メートル以上離れた、恵方の方角にある神社をお参りする
・立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめ
・お願いごとは欲張らずに、一回につきひとつだけ
・1年の最後には必ずお礼参りに行く

『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』書籍情報

あたらしい自分になる運の磨きかた百科

著者:勝沼慧衣 発行:かんき出版 単行本:208ページ

[公式サイト]
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761272784

著者 勝沼慧衣(かつぬま さとえ)さんプロフィール

東京都在住。開運実践氣学アドバイザー、氣学塾塾長、社会運勢学会理事。氣学を用いた「社会運勢学」の第一人者でロングセラー『展望と開運』(KADOKAWA)などの著書もある村山幸徳氏に師事。現在、全国16カ所にクラスをもち、海外でも定期的に氣学講座を行うほか、家相(風水)鑑定、姓名鑑定、引越し方位や、恋愛・結婚・家庭・仕事などの個人鑑定も数多く行う。
「人それぞれが持つ力を最大限に引き出し、輝く人を増やす」をモットーに、幸せを求めて自ら行動することの大切さを説いている。その的確なアドバイスは、多くのファンを魅了し、芸能人や作家、企業家などからの支持も厚い。
著書に『あなたにも信じられないほど幸せが舞いこむ 開運氣学』(二見書房)。かんき出版のホームページにて、毎月「攻めの開運術! ビジネスパーソンのための九星氣学」のページを担当。
https://kanki-pub.co.jp/pub/ninestarki/

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article