仕事運を上げたいなら「恵方参り」がおすすめ! 方法を詳しく解説します

仕事運を上げたいなら「恵方参り」がおすすめ! 方法を詳しく解説します

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第3弾! “氣学”は、「占い」とは違い、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、“仕事がうまくいく”開運術を教えてもらいました。


■仕事に関する悩みを、氣学で解消しましょう

これまでの連載でもお話しした通り、氣学とは、エネルギー(運気)の流れを知り、それに沿って運気を高めていくという学問です。

地球も人間も自然の一部。人は誰でも誕生した瞬間から、その場に流れているエネルギーの影響を受けています。そのため、運気が循環する法則を知って、自分に足りないものを効果的に取り込めば、なりたい自分になることができるのです。

さて、本日のお題は「仕事運を上げる」。がんばっているのに成績があがらない、企画がまとまらない、大事なときに限ってうまく話せない……など、仕事をしていると、悩みはつきものです。

ダメ男と別れて次の人生に進みたい! そんなお悩みを“攻めの開運術”氣学で解決しよう

https://p-dress.jp/articles/4846

自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく攻めの開運術「氣学」。開運実践氣学アドバイザーとして大人気の勝沼慧衣さんによる新刊『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、皆さんのお悩み別“開運術”をご紹介します。

貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

https://p-dress.jp/articles/4864

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第2弾! “氣学”とは、「占い」とは違って、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、今回は“お金が貯まる”開運術を教えてもらいました。

■恵方の方角にある神社をお参りする「恵方参り」

本書では「営業成績をあげたい」「企画、プレゼン力を上げたい」「独立、転職でステップアップしたい」など具体的な項目ごとにも解説していますが、全般的に仕事運を上げたい人におすすめなのは、「恵方参り」です。

「恵方」とは節分のときの「恵方巻き」でおなじみとなりましたが、その年の「幸せを呼び込む方角」です。

毎年、節分の日に恵方を向いて「恵方巻き」を食べると、1年を幸せに暮らすことができると言われていますが、「恵方参り」は、恵方にある神社にお参りすることを指します。

この「恵方参り」のポイントは、家を起点に750メートル以上離れた、恵方の方角にある神社をお参りすること。こうすることで、願いをかなえるチャンスを引き寄せることができます。

この場合、なるべく遠くへ行けばいくほどエネルギーを使っていることになり、その情熱が願いを叶えやすくします。あえて労力を使って神仏に意思表示をすることで、自分のなかのエネルギーを高めることができるのです。

ちなみにこの「恵方参り」は、節分の日だけでなくいつ行ってもかまいませんが、立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめです。

■恵方は、毎年変わります

2017年の恵方は北北西。2018年の恵方は南南東です。そもそも恵方参りとは、年が切り替わる立春(2月4日)に、恵方の方角の神社に参拝をすることです。古くからある習慣でこれが現在の初詣のもとになっています。

恵方参りは1年中、いつ行ってもかまいませんが、立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめです。

■恵方参りをする際のルール

「恵方参り」をする際には、いくつかのルールがあります。まず、お願いごとは欲張らずにひとつだけ。どうなりたいか、できるだけ具体的にお願いすると、自分の志もはっきりします。

志がたくさんあるなら、何度行ってもいいのです。ただし、1年の最後には必ずお礼参りに行きましょう。礼を欠いて、願うだけなのはもってのほかです。

楽をしないで、しっかりと目標を立て、自らチャンスを穫りにいきましょう。みなさまがますますの幸せを手に入れられますよう願っています。

■恵方参りのやり方まとめ

・家を起点に750メートル以上離れた、恵方の方角にある神社をお参りする
・立春、春分、夏至、秋分、冬至などパワーの高まる節目の日がおすすめ
・お願いごとは欲張らずに、一回につきひとつだけ
・1年の最後には必ずお礼参りに行く

『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』書籍情報

あたらしい自分になる運の磨きかた百科
著者:勝沼慧衣
発行:かんき出版
単行本:208ページ
発売日:2017年8月9日
価格:1404円

[公式サイト]
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761272784

著者 勝沼慧衣(かつぬま さとえ)さんプロフィール

東京都在住。開運実践氣学アドバイザー、氣学塾塾長、社会運勢学会理事。氣学を用いた「社会運勢学」の第一人者でロングセラー『展望と開運』(KADOKAWA)などの著書もある村山幸徳氏に師事。現在、全国16カ所にクラスをもち、海外でも定期的に氣学講座を行うほか、家相(風水)鑑定、姓名鑑定、引越し方位や、恋愛・結婚・家庭・仕事などの個人鑑定も数多く行う。
「人それぞれが持つ力を最大限に引き出し、輝く人を増やす」をモットーに、幸せを求めて自ら行動することの大切さを説いている。その的確なアドバイスは、多くのファンを魅了し、芸能人や作家、企業家などからの支持も厚い。
著書に『あなたにも信じられないほど幸せが舞いこむ 開運氣学』(二見書房)。かんき出版のホームページにて、毎月「攻めの開運術! ビジネスパーソンのための九星氣学」のページを担当。
https://kanki-pub.co.jp/pub/ninestarki/

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


開運

関連する投稿


2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年はいったいどのような一年になるのでしょうか。さまざまなメディアを舞台に占い師として活躍するそまり百音さんが、東洋占星術の視点から徹底解説! 合わせて、2018年に運気をアップさせるメイク術もご紹介します。


【算命学占星術】十干から見る結婚相性占い

【算命学占星術】十干から見る結婚相性占い

どんなに経験を重ねても、相手の本質を見抜くまでにはそれなりに時間が必要なもの。気になる相手との相性や性格をこっそり知って上手く付き合っていきましょう。算命学で十干から読み解く結婚相性占いをお教えします。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「洗濯機のようにグルグルと回り続ける暮らしの中にこそ、隙間を作り出し、体と呼吸を整える時間をつくってほしい」そう話す女性僧侶・大澤香有さんの想いとは。


Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

爪先は「幸せの入り口」です。全国のネイルクイックグループでは、風水の家相・方位・インテリア学の第一人者である、Dr.コパ先生が監修するネイルクイックの「開運ネイル」を2月末まで展開中です。2018年におすすめのラッキーカラーやラッキーアイコンを知りましょう。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。