『ウチの夫は仕事ができない』第9話あらすじ - すれ違う夫婦。そして妻は出ていった!?

『ウチの夫は仕事ができない』第9話あらすじ - すれ違う夫婦。そして妻は出ていった!?

『ウチの夫は仕事ができない』第9話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第9話ではついに、自他共に認める仕事ができる男になった司だったが、夫婦の関係には変化が訪れていた。


『ウチの夫は仕事ができない』第8話のレビュー・あらすじ

社長賞を受賞して以降、すっかり仕事ができる男になった司(錦戸亮)。新たにパリでのイベントを任せられるなど、仕事に邁進中だ。

一方、沙也加(松岡茉優)は忙しくなってしまった司との時間が減ったことを寂しく思っていた。話しかけても上の空。それでも、毎日のお弁当は欠かさず作っていた。

そんなある日、お弁当を食べずに持って帰ってきた司。そのお弁当を泣きながら捨てる沙也加。

翌日、司が目を覚ますと、沙也加は置き手紙を残して姿を消す。「しばらくひとりになりたいです。沙也加」。

■『ウチの夫は仕事ができない』第9話の感想 - 「できるようになったけど、その分イヤな奴になったな」

注目のイベントを仕切ることになり、社内報の取材を受ける司。記事を担当するのは、以前、司の写真を間違えて掲載した宝田(小林隆)だった。

再び、社内報でミスをする宝田。司はすぐに修正するよう伝えるが、仕事より大事なことがある、と言って宝田は帰ってしまう。

でも、クライアントから無理難題を突き付けられたときに助けてくれたのは宝田で……。

司が変わったなあ、と感じるのは宝田との絡みの中でだった。やる気があるように見えない宝田の印象について、「これまできっと仕事で頼りにされるようなこともなかったんじゃないのかな」と田所(藪宏太)に言う。

それを聞いた黒川(壇蜜)が放ったセリフが、「お前、仕事できるようになったけど、その分イヤな奴になったな」。

仕事ができるようになった司はとにかく忙しい。ごはんを食べながら書類を見ているし、お風呂上りにもパソコンと向き合っている。

確かに仕事に一生懸命。前向きだし、無理めな要望も受ける。

でもずっとしんどそうな顔をしていて、笑顔もない。それに、前なら宝田に共感こそすれ、先のようなことは言わなかったはずだ。どんな思いで仕事をしていたんだろうな……。

仕事で頼られるようなことがなかったから嬉しくなっちゃって、と司は言う。嬉しかったけど、苦しかったのか。ずっとプレッシャーに感じていたのか。

でも、実はなんだかんだ言って、仕事はできる人だったんじゃないか、司……。

■『ウチの夫は仕事ができない』第9話の見どころ - 仕事と家庭の両立は難しかった

司が忙しくなって話をすることも減ったし、夕食を一緒にとれなくなっても、沙也加はニコニコしている。夫が仕事ができるようになったんだから、応援しなきゃ! と。

最近忙しくなったから、両親学級にも行けないかもしれない、と司が言い出しても責めない。しかし、司がお弁当を食べていなかったことに、フツッと何か糸が切れたようになる。

一緒の時間が減っても、沙也加にとってお弁当は司とのコミュニケーションツールのひとつだった。
泣きながらお弁当を捨てる姿を見るのはなんとも辛い。

あんなに沙也加に優しかった司と今の司とを重ねて、胸が痛くなった第9話。沙也加が一番! だったのに、急に仕事に傾いた。

沙也加がいなくなり、沙也加のお弁当ノートを見つけて、司は改めて沙也加の存在の大きさを知る。それでも、最初は「大きな仕事を任されて、責任だってあるし。沙也加と生まれてくる子どものためにがんばってるのになんでわかってくれないの」なんて言ってたけれど!

「私の好きだったつかポンはどこに行っちゃったの!」と沙也加に怒られるのも仕方がない。

夫婦は他人だ。「なんでわかってくれないの」。それは日々の生活の中で何度も思うことだけれど、わかろうとする努力も、わかってもらおうとする努力もする。ただ、気持ちがすれ違い始めると、その努力が辛くなってくる。

投げ出したくもなる。でも、そこでわかり合おうという気持ちがあるからこそ、家族になれるのではないだろうか。

本当なら「仕事ができるいい人」になれるのが一番いいのだろうけれど、司にはキャパオーバーだった。二期連続の社長賞も、任命される可能性の高かった大きなプロジェクトのリーダーも辞退してしまう。

なんとなく、夫婦で協力して、違う着地点を見つけることができたんじゃないのかなあ、とも思うけれど、沙也加が好きになったのは今のように「仕事ができる司」ではないし、「仕事ができる司」では前と同じように沙也加が愛せなかったのかもしれない。

それにしても、錦戸さんの泣きの演技はどのドラマでも観ている方の涙も誘う。「ああもう司が泣いちゃう泣いちゃう、いやもう私は泣いてますけど!」とこちらがギリギリになっているところで、ボロボロと泣く司。

そんなの号泣に決まってる。まんまと今週は泣かされてしまった。

さて、次週はついに最終回。「仕事ができない」お荷物社員のニモちゃん、だなんて言われていた小林司は、最終的にどんな「夫」になるのだろうか。

■『ウチの夫は仕事ができない』キャスト

錦戸亮
松岡茉優
佐藤隆太
壇蜜
藪宏太
イモトアヤコ
柳生みゆ
屋敷紘子
江口のりこ
吉本実憂
ほか

『ウチの夫は仕事ができない』最終話あらすじ - 胸を張って言う「僕は仕事ができません」

https://p-dress.jp/articles/4920

『ウチの夫は仕事ができない』最終話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。最終話ではついに小林家に待望の赤ちゃんが生まれる。そして、司の仕事は……。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連する投稿


『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介ほか。しのぶの息子・勇介が吾郎に引き取られ、勇介ロスに陥ったカヨたち。一方、吾郎からはなかなか真相を聞き出すことができず……。


『フリンジマン』第7話あらすじ - 不倫には進めない……ふたりが別れを選んだ理由

『フリンジマン』第7話あらすじ - 不倫には進めない……ふたりが別れを選んだ理由

『フリンジマン』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。ミエとの仲を深めようと張り切る満島。気になる7話の展開は――。


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


『監獄のお姫さま』第5話あらすじ - 母性ってなんだろう

『監獄のお姫さま』第5話あらすじ - 母性ってなんだろう

『監獄のお姫さま』第5話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介ほか。しのぶが無事に出産を終え、子どもの勇介と一緒に刑務所へ戻ってきた。協力し合い、勇介を育てていくことになるが……。


『フリンジマン』第6話あらすじ - ホテルへ行けたのに……焦ってデキない男

『フリンジマン』第6話あらすじ - ホテルへ行けたのに……焦ってデキない男

『フリンジマン』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。愛人候補のミエに妻帯者だと伝えていない満島。気になる6話の展開は――。


最新の投稿


白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

趣味と実益を兼ねて『医者が教える食事術 最強の教科書』を読みました。「医学的に正しい食べ方」が書かれた本の内容は、アラフォーの美容と健康の学びになる1冊。読書の習慣がない方でも読みやすく作られたこちらの本。いつまでも健康で美しくいたい方におすすめです。


「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

クリスマスの定番料理といえば「ローストチキン」。難しそうなイメージがある料理ですが、実はオーブンがなくてもOK。"土鍋"を使えば簡単に作ることができます。今回は美味しすぎるローストチキンのレシピをご紹介します。


ご褒美アイスが今年も登場。ハーゲンダッツのスペシャリテ「抹茶のオペラ」

ご褒美アイスが今年も登場。ハーゲンダッツのスペシャリテ「抹茶のオペラ」

年に一度のご褒美です。今年は抹茶が主役のぜいたくスイーツSpécialité(スペシャリテ)「抹茶のオペラ」が11月21日より期間限定で新発売に。濃厚な抹茶アイスクリームと大人な味わいのブロンドチョコレートアイスクリームがポイントです。


「自分らしく」働きながら、求められる人材になるヒント~「自己分析」できていますか?

「自分らしく」働きながら、求められる人材になるヒント~「自己分析」できていますか?

広告代理店、ITベンチャー会社の転職を経て、女性向けメディアアプリ「LOCARI(ロカリ)」セールスマネージャーとして活躍する木村沙友里さん。自分らしい働き方を手に入れ邁進する彼女に、女性が陥りがちなキャリアの悩みを解きほぐすコツや自己分析方法をお聞きしました。


ブラジリアンワックス脱毛で、ランジェリー選びが自由になる

ブラジリアンワックス脱毛で、ランジェリー選びが自由になる

VIOなどのムダ毛を簡単かつきれいに脱毛できるブラジリアンワックス。衛生面以外にも、たくさんのメリットがあり、日本でもかなり普及してきました。今回はブラジリアンワックス脱毛の基本や、アンダーヘアをきれいにして挑戦したい、Tバックやタンガのランジェリーをご紹介します。


おっぱい

MENU

DRESS部活