夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


イタリアの学校は6月はじめから3カ月の夏休みに突入します。海に囲まれ、北から南まで数多くの山々が連なるイタリアは、ビーチ天国、ハイキング天国。

なかでも夏はやはり海が人気、なぜならイタリア人は日焼けが大好き。大好きを超え、いかにブロンズ色に肌を焼くかに命をかけているくらいの気合いが感じられます。

男性はもちろんのこと、女性も! というのがすごいところ。イタリアに美白なんて言葉はありません。夏に白い肌でいるのは、バカンスにも行けない可哀想な人、という認識なのです。

ヨーロピアンの中でも、イタリア人はオリーブ色の肌を持つと言われ、真っ白な肌ではありません。日焼けして真っ赤になる肌質ではない上に、見事なブロンズ色に変身します。

それが彫りの深い、ガッチリした彫刻のような体型と相まって、素晴らしい効果を生み出すのです。

■週末を利用してビーチの旅へ

4月に気候が良くなってくると公園などで日焼けに勤しみ、来たる夏の日に備えるイタリア人。6月からは学校の休みとなり、週末ごとに海に向かう高速がかなりの混雑を見せ始めます。

まずは子供と妻が海辺の町へ、夫は週末だけ参加。8月になると、仕事もおしまい、およそ1カ月の休暇がスタートして家族と合流、というのが大抵のイタリア家庭。なんだか羨ましい限りです。

さて、今夏、アフリカからシロッコと呼ばれる熱波が襲来していたイタリア、ミラノでは連日37〜38℃、フィレンツェは40℃超えを記録する猛暑日が1週間ほど続きました。日陰や家の中にいればまだしのぎやすいとはいえ、街中ではぐったりする日差しが容赦なく照りつけてきます。

海に行きたい! と思っていたところに、海辺の町に住む友人からタイムリーなお誘いがあり、週末を利用してビーチ三昧してきました。

日の出は車窓から、サングラスをかけると誰もがカッコよくなるイタリア人。彫りが深いせい?

アドリア海に面するアンコーナの街は、ギリシアやクロアチアにもフェリーが出る港町ですが、界隈には数多くのビーチがあり、どこも多くのイタリア人で賑わっています。

ミラノを出て3時間、海沿いを走る列車から見えるビーチはどこも大賑わい

■プライベートとパブリックに分かれた、快適なイタリアのビーチ

イタリアのビーチのいいところはたくさんありますが、まずは人が多すぎないところ。海に囲まれたイタリア、至るところにビーチがあるので人が分散、どこでも快適に過ごせます。また、プライベートとパブリックのスペースに分かれています。

プライベートスペースは「Bagno(バーニョ)」というイタリア版・海の家が経営するフルサービスで、パラソルと寝椅子2つを1日単位で貸してくれて、レストランも併設、飲み物やジェラート、ちょっとした軽食を買えるバールもあります。

パラソルと寝椅子は、庶民的なところでは1日20ユーロから、高級バーニョでは80〜100ユーロほど。高級なところでは、3メートル四方ほどの屋根付き天蓋に寝椅子、椅子が2つずつ、テーブルや金庫(!)まで完備されている至れり尽くせりなところもあります。

1〜3カ月契約をして好きなときにビーチで寛ぎ、海辺の生活を満喫する家族が多いのです。片や、パブリックスペースはパラソルや椅子は持参で、大多数はビーチタオルだけ持って寝そべって過ごします。パブリックスペースは圧倒的に少ないので、ビーチの景観を保てるのでしょう。

店ごとに色の揃ったパラソルが整然と並ぶ、美しい夏のビーチ

■とにかく、日焼け! 海辺での過ごし方

プライベートビーチでは、波打ち際から最も近い最前列が一番人気で価格も高く、奥の列に行くに従って空きも出てきます。綺麗に列をなして並べられ、番号で振り分けされているので、基本的に割り当てられた場所から動かずに過ごします。

太陽の当たる位置に合わせて少しずつ寝椅子を移動するのはアリで、できるだけたっぷり日差しを浴びるよう、日時計のようにくるくる回るのがイタリア人、パラソルの陰からはみ出さないよう移動するのがアジア人。

海辺での過ごし方は、とにかく日焼け、日焼け。裏も表も念入りに、ムラなく焼けるようトップレスも当たり前。トップレスで焼いている最中に知り合いに会っても、慌てることなくそのまま「チャオ」などと平気で話しています。あまりに平然としているので、逆にいやらしさが微塵もありません。

イタリア女性の夏の装いは、肌の露出が激しく、胸元に至っては半分見せているようなもの。それでも淫猥な感じがしないのは、焼けた肌と堂々たる態度なのかもしれません。

■澄み渡った美しい海岸

この日、久しぶりの海で1時間くらい沖まで泳いでいたら、心配顔で青ざめたふたりがもう少しで捜索願いを出そうと思っていた、と腰まで海に浸かり、消えた日本人を探し続けていたのでした。

そう、イタリア人は海でもメインは日焼け、少し暑くなるとチャプっと水に浸かり、また浜辺に横たわって日焼け。海で本気で泳ぐなんてあり得ないのでした。

イタリアのビーチは空も海も澄み渡って綺麗、小魚が泳いでいるのがクリアに見えるくらいです。波もほとんどなく穏やかな海、遠浅なところが多いので、子供連れも安心です。

綺麗に澄んだ海!

■新鮮なシーフードをワインと一緒に楽しむ

ビーチはフルサービスで快適、そして忘れてはならないのが、レストランがどこも最高に美味しいこと! 新鮮なシーフード三昧、よく冷えたワインと一緒に海辺でつまむフリットは最高です。

そして、価格も普通であること、よほど高級なエリアのレストランでない限り、至って気軽に美味しくシーフード三昧できるのが良いところです。

まずは海辺の新鮮な魚のフリットを、よく冷えた地元の白ワインで

この日は、友人夫妻の地元のビーチで懇意にしているレストランでのランチ。前菜をつまみながらよく冷えた白ワインで乾杯、シーフードパスタに、今日のオススメの大きなロンボ(日本でいうヒラメ)をグリルにしていただきました。

ロンボのグリル、ポテトと一緒に

翌日は違うビーチに。こちらでは、オリーブにひき肉を詰めてフライにしたアンコーナの名物、「Ascolane(アスコラーネ)」をつまみ、同じく名物のムール貝と小粒で美味しいボンゴレ(アサリ)で白ワインを。海の幸のキタッラ(ギターの弦が由来のパスタの名前)とボンゴレパスタでお腹いっぱい。海辺で食べるシーフードは格別です。

シーフード三昧な海辺のランチ

■ビーチには物売りも。木の工芸品を購入

物売りがやってきてはいろいろなものを見せてくれるのも面白いところ。寝椅子に敷く大判ビーチタオルや、砂浜に直に敷く大判の綿の敷物、水着の上に着るのにちょうどいいコットンワンピース、サングラス、などなど。

アフリカ系の外国人がそれぞれ大量の売り物を器用に頭に乗せて、歩いています。見せてほしいものがあれば、目配せすればすぐに気づいて、寝椅子の傍らで店開き。大きな布なども次々に広げて見せてくれます。

大判の敷物を広げて見せてくれる物売り

今回は、初めて訪れたビーチで、面白い木製品の物売りを発見。畳むと鍋敷き、開くとカゴになる、リンゴやパイナップル、魚の形の木の工芸品を、お隣のイタリア人たちが見せてもらっているのをチラ見。私も見せてもらい、魚を購入、友人はパイナップルを買っていました。

魚のかご、組み立てるとこんな感じ

■のんびりしたイタリアの夏を思い出しながら

朝から晩までビーチ三昧のイタリアの夏、今回は週末利用の1泊2日でしたが、イタリア人はバカンスの時期ずっと滞在しています。なんとも優雅でのんびりしたライフスタイル、人間らしい生活です。

後ろ髪を引かれながらミラノへ、今、東京で魚のかごとビーチで拾って来た小石を見て、楽しいバカンスを思い出しながらこれを書いています。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

フィレンツェの街歩きでは絶景のバールや、レストランなど、ぜひご自身で体験していただきたい魅力的なスポットがたくさん。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、後編です。


魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

古いものをきちんと残しながらも、上手に進化している花の都フィレンツェ。大聖堂や美術館から、美味しいものが揃うメルカートまで、ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、前編です。


【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

年末にブラジルに住む家族とマイアミで落ち合い、クリスマスを含む1週間のカリブ海クルーズに行ってきました。下は7歳、上は75歳という年齢差のある全10名みんなが楽しく過ごせるはずだ、と選んだクルーズ船での旅。今回は、実体験を元にその長所と短所を検証します。


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。