1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大ぶりイヤリングの作り方。5分でできる超簡単アレンジ

大ぶりイヤリングの作り方。5分でできる超簡単アレンジ

Share

大ぶりイヤリングは今年のトレンドアイテムのひとつ。秋冬に活躍する「グレンチェック」と「スウェード」を取り入れた、フリンジ付きの大ぶりイヤリングを、市販のイヤリングと手近な材料でアレンジして作ってみました。5分ほどで仕上がり、フリンジも取り外し可能です。

大ぶりイヤリングの作り方。5分でできる超簡単アレンジ

◼︎今年は大ぶりイヤリングが旬

9月に入り、涼しく過ごしやすい日が続いていますね。あっという間に、夏が終わりそうです。

CHANELの2017年の春夏コレクションでは、大ぶりイヤリングが取り入れられており、わたしのイヤリングコレクションも、今年は大胆なデザインのものが多いです。

春夏ファッションには、ビーズやパールなどの素材を取り入れていましたが、秋冬ファッションのイヤリングはおおぶりで、かつ「フリンジ」や「スウェード調」などがおすすめです。

このイヤリングを身に着けるだけで、旬のアクセサリー使いを楽しめます。

◼︎旬のグレンチェックも、大ぶりイヤリングで取り入れる

前回のコラムでは、グレンチェックのパンツをおすすめさせていただきました。

洋服だけではなく、アクセサリーでグレンチェックを楽しむのも良いなと思っている矢先、プチプラなイヤリングを発見したので早速購入したんです。

ボタンのようなイヤリングは、300円というプチプライス! 茶色系で顔映りもよく、気に入りましたが、もう少し旬っぽさがほしい。

そこで、今年らしい大ぶりイヤリングにアレンジしてみることにしました。

1枚で旬コーデ。UNIQLOグレンチェックパンツがあればいい

https://p-dress.jp/articles/4745

グレンチェック柄が今秋のトレンド。UNIQLOのグレンチェックのパンツを主役にしたコーデをご紹介します。レトロ感、70年代感を取り入れたコーデをこの秋、しっかり楽しんで!

■簡単にできる、大ぶりイヤリングの作り方

簡単アレンジ 材料

【用意するもの】

 ・イヤリング
 ・スウェード紐 1m×2本
 ・刺繍糸(糸など) 適量
 ・大きめの丸カン  2個
 ・アクセサリー用ペンチ

簡単アレンジ 作り方

【作り方】

1. 丸カンにスウェード紐を通す。
フリンジの長さがここで決まるので、お好きな長さに調整する

2. スウェード紐を丸カンの近くでまとめます。
その際、スウェードで結んでも良いです。
わたしの場合は、刺繍糸できつくしっかり結びました。

3. 丸カンをイヤリングの金具に通し、アクセサリー用ペンチで留めます。

4. スウェードの折り返し部分をハサミでカットし、フリンジにします。
さらに、長さを綺麗に揃えます。
スウェード紐の残りで、刺繍糸の結び目を隠します。

簡単アレンジ 完成!

ボタン型のイヤリングにフリンジをつけたことで、今年らしい大ぶりイヤリングになりました。

もし、ボタン型に戻したくなったら丸カンを外すだけ。簡単に取ったりつけたりできるようにしておくのが、自分でアクセサリーをアレンジする楽しみ方でもあります。

◼︎大ぶりイヤリングで小顔効果も狙う

大ぶりイヤリングの魅力は、ファッションを旬っぽく仕上がるだけでなく、縦のラインを取り入れることで、丸顔をシャープに見せる効果も狙っています。

丸顔に、丸いボタンイヤリングをすれば、丸×丸で、横広がりになってしまうので、わたしは密かに縦のラインで小顔効果を作っているのです。

そんなとき、フリンジなら軽くて着け心地も抜群です。さらに、スウェード素材を取り入れることで、秋らしい雰囲気が出せます。

ファッションのマンネリを感じている方や、今年らしさをどこかに取り入れたい方は、大ぶりイヤリングがおすすめですよ。

素材を楽しみながら、小顔効果も狙って秋ファッションを楽しみませんか?

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article