1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「尽くす恋愛」は何年経っても実らない。その理由とは。

「尽くす恋愛」は何年経っても実らない。その理由とは。

Share

これだけ尽くしているのに、どうして好きになってくれないの……たしかに「尽くす恋愛」には辛いイメージがありますよね。そこには「尽くすほどに相手の心は遠ざかる」という驚きのメカニズムがありました。同時に「どうすれば尽くす恋愛を脱出できるか?」も考えます。

「尽くす恋愛」は何年経っても実らない。その理由とは。

■なぜ「尽くす恋愛」は不幸になるのか?

「これだけ尽くしているのに、どうして振り向いてくれないんだろう?」
「このまま尽くし続けて、いつか幸せになれるんだろうか?」
「気づいたら、いつも恋人に尽くすのが当たり前になっている……」

好きになった相手に「とことん尽くす」タイプがいます。

・長時間かけて車を運転して相手の家に行く
・呼び出されたら、どんな場所でも会いにいく
・相手のために、ご飯をつくってあげる
・ついついレジで会計してあげる
・なんでもお願いを聞いてしまう

あなた自身がそうかもしれません。そんな人物がまわりにいるかもしれません。

ピンとこなければ、友人、家族、職場……その他の人間関係に当てはめてもいでしょう。コミュニケーションのスタイルは、どんな状況でも変わりませんから。

同時に、その関係が「上手くいっているか?」を考えてみましょう。

その場合「長く続いているか」「本人が〝これでいい〟と言っているか」は、あまり気にしないでください。よくない関係が長続きすることもあれば、本人だからこそ真実が見えなくなることもあります。

どうでしょう? 

なんだかバランスの悪そうな感じがしませんか? 

少なくとも、気が休まらない印象はあるでしょう。相手の顔色をうかがって、相手の機嫌をうかがって。自分の時間を削って……大変そうです。

そもそも「尽くす」とは、相手の利益のために動くことです。相手を喜ばせると、向こうも好きでいてくれるはずなのに。では、どうして、そんなことが起きるのでしょう?

■「尽くす」とは、相手にへりくだる行為である

それは「主導権」を明け渡しているからです。

結局のところ、人間は、社会性を持った動物にすぎません。無意識に「自分より上か下か」で、相手を分けているのです。

・ルックス
・地位
・身長
・かしこさ
・学歴
・コミュニケーション能力
・交友関係
・能力
・年収
・ブランド
・恋人の有無

なにを重視するかは人それぞれです。本能的によるもので、本人にもわからないのかもしれません

自分より「上」だと感じたなら、丁寧に接します。

自分より「下」だと感じたなら、ぞんざいに扱います。

あなたにも思い当たる節はありませんか? 

好きな人の連絡は心待ちにするのに、興味がない相手のメールに返信しなかったり……。高級ブランドの店員には頭を下げるのに、居酒屋の店員には携帯電話を見ながら注文したり……。

これは黒いことでもなんでもありません。人間が動物である限り仕方のないことです。むしろ、それを「理解する」ことが大事なのだと思います。

もう、おわかりいただけたかもしれません。

つまり「尽くす」とは、「自分から相手の下にへりくだる行為」なのです。

はなから降参しているようなものです。言葉は悪いですが(そして苦い真実でもあります)犬でいうと、お腹を上に向けて足を上げている状態です。

あなたが尽くせば、たしかに相手は喜んでくれるでしょう。

けれど次第に、相手の無意識は、感謝の心を忘れてしまいます。やがて「こいつは、ぞんざいに扱っていい人間なんだ」と感じ始めるのです……それが幸せでしょうか?

■どうすれば「尽くす恋愛」を脱出できる?

それは「主導権」を取り戻すことです。

なんでも言うことをきいて、相手のために動いて……それでは、あなたのことを大切にしてくれるパートナーには出会えません。自ら「私は価値の低い人間です」と言ってしまっているようなものだからです。

あなたがするべきは、反対に「あなたの価値を高める」ことです。あなたを丁重に扱ってくれる相手を探す(そのように仕向ける)ことです。

具体的には「相手をあなたのために動かす」のです。

これを繰り返すことで、主導権はあなたのもとにやってきます。反対のことをして、相手に主導権を渡していたわけですから。といっても荒々しいことをするわけでありません。

・グラスに水をついでもらう
・食卓で、醤油やティッシュを取ってもらう
・背中をかいてもらう
・「足が痛いから」と迎えにきてもらう
・店員を呼んでもらう
・靴ひもを結ぶあいだカバンを持ってもらう
・出かけるときに、ついでに買い物を頼む
・「風邪だから」と薬を買ってきてもらう
・スマホの充電器を貸してもらう
・「不器用だから」と家具を組み立ててもらう

ささいなことでかまいません。相手を立てる形でかまいません。あくまで「相手があなたのために行動した」ことが重要ですから。それだけで「この人物は、大切にすべき存在なんだ」と相手の脳は判断します。

「尽くし上手な女性」という人種がいます。こうした人たちは、尽くしているようで、実はちゃっかり、こうした頼みごとで主導権を握っているものです。

■最後に

これは「尽くす恋愛(主導権をにぎられる恋愛)」を抜け出して、代わりに「尽くさせる恋愛(主導権をにぎる恋愛)」をしよう、という話でありません。

なにも極端から極端に走ることはありません。「あなたが必要以上に尽くしているのなら、もう少し、バランスを修正した方がいいかもしれない」というだけのことです。

解説のために使いましたが、本来なら、人間関係に〝主導権〟なんて言葉を持ち込む方がおかしいのです。同時に「尽くす・尽くされる」なんて気にすることのない関係が理想といえます。

お互いを尊重して、適度に尽くし合って、適度に尽くされ合って、「上でも下でもない、同じ目線の関係」をつくること。それこそが、素晴らしい関係だと思いませんか?

Share

浅田 悠介

マジシャン。日本催眠心理協会認定 心理療法士。いつも「ウインナー珈琲を飲みたいな」とか考えながらコミュニケーションについて書いてます。おかげさまで「最近なにしてるの?」「愛について考えてるよ」が鉄板の返しです。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article