「尽くす恋愛」は何年経っても実らない。その理由とは。

「尽くす恋愛」は何年経っても実らない。その理由とは。

これだけ尽くしているのに、どうして好きになってくれないの……たしかに「尽くす恋愛」には辛いイメージがありますよね。そこには「尽くすほどに相手の心は遠ざかる」という驚きのメカニズムがありました。同時に「どうすれば尽くす恋愛を脱出できるか?」も考えます。


■なぜ「尽くす恋愛」は不幸になるのか?

「これだけ尽くしているのに、どうして振り向いてくれないんだろう?」
「このまま尽くし続けて、いつか幸せになれるんだろうか?」
「気づいたら、いつも恋人に尽くすのが当たり前になっている……」

好きになった相手に「とことん尽くす」タイプがいます。

・長時間かけて車を運転して相手の家に行く
・呼び出されたら、どんな場所でも会いにいく
・相手のために、ご飯をつくってあげる
・ついついレジで会計してあげる
・なんでもお願いを聞いてしまう

あなた自身がそうかもしれません。そんな人物がまわりにいるかもしれません。

ピンとこなければ、友人、家族、職場……その他の人間関係に当てはめてもいでしょう。コミュニケーションのスタイルは、どんな状況でも変わりませんから。

同時に、その関係が「上手くいっているか?」を考えてみましょう。

その場合「長く続いているか」「本人が〝これでいい〟と言っているか」は、あまり気にしないでください。よくない関係が長続きすることもあれば、本人だからこそ真実が見えなくなることもあります。

どうでしょう? 

なんだかバランスの悪そうな感じがしませんか? 

少なくとも、気が休まらない印象はあるでしょう。相手の顔色をうかがって、相手の機嫌をうかがって。自分の時間を削って……大変そうです。

そもそも「尽くす」とは、相手の利益のために動くことです。相手を喜ばせると、向こうも好きでいてくれるはずなのに。では、どうして、そんなことが起きるのでしょう?

■「尽くす」とは、相手にへりくだる行為である

それは「主導権」を明け渡しているからです。

結局のところ、人間は、社会性を持った動物にすぎません。無意識に「自分より上か下か」で、相手を分けているのです。

・ルックス
・地位
・身長
・かしこさ
・学歴
・コミュニケーション能力
・交友関係
・能力
・年収
・ブランド
・恋人の有無

なにを重視するかは人それぞれです。本能的によるもので、本人にもわからないのかもしれません

自分より「上」だと感じたなら、丁寧に接します。

自分より「下」だと感じたなら、ぞんざいに扱います。

あなたにも思い当たる節はありませんか? 

好きな人の連絡は心待ちにするのに、興味がない相手のメールに返信しなかったり……。高級ブランドの店員には頭を下げるのに、居酒屋の店員には携帯電話を見ながら注文したり……。

これは黒いことでもなんでもありません。人間が動物である限り仕方のないことです。むしろ、それを「理解する」ことが大事なのだと思います。

もう、おわかりいただけたかもしれません。

つまり「尽くす」とは、「自分から相手の下にへりくだる行為」なのです。

はなから降参しているようなものです。言葉は悪いですが(そして苦い真実でもあります)犬でいうと、お腹を上に向けて足を上げている状態です。

あなたが尽くせば、たしかに相手は喜んでくれるでしょう。

けれど次第に、相手の無意識は、感謝の心を忘れてしまいます。やがて「こいつは、ぞんざいに扱っていい人間なんだ」と感じ始めるのです……それが幸せでしょうか?

■どうすれば「尽くす恋愛」を脱出できる?

それは「主導権」を取り戻すことです。

なんでも言うことをきいて、相手のために動いて……それでは、あなたのことを大切にしてくれるパートナーには出会えません。自ら「私は価値の低い人間です」と言ってしまっているようなものだからです。

あなたがするべきは、反対に「あなたの価値を高める」ことです。あなたを丁重に扱ってくれる相手を探す(そのように仕向ける)ことです。

具体的には「相手をあなたのために動かす」のです。

これを繰り返すことで、主導権はあなたのもとにやってきます。反対のことをして、相手に主導権を渡していたわけですから。といっても荒々しいことをするわけでありません。

・グラスに水をついでもらう
・食卓で、醤油やティッシュを取ってもらう
・背中をかいてもらう
・「足が痛いから」と迎えにきてもらう
・店員を呼んでもらう
・靴ひもを結ぶあいだカバンを持ってもらう
・出かけるときに、ついでに買い物を頼む
・「風邪だから」と薬を買ってきてもらう
・スマホの充電器を貸してもらう
・「不器用だから」と家具を組み立ててもらう

ささいなことでかまいません。相手を立てる形でかまいません。あくまで「相手があなたのために行動した」ことが重要ですから。それだけで「この人物は、大切にすべき存在なんだ」と相手の脳は判断します。

「尽くし上手な女性」という人種がいます。こうした人たちは、尽くしているようで、実はちゃっかり、こうした頼みごとで主導権を握っているものです。

■最後に

これは「尽くす恋愛(主導権をにぎられる恋愛)」を抜け出して、代わりに「尽くさせる恋愛(主導権をにぎる恋愛)」をしよう、という話でありません。

なにも極端から極端に走ることはありません。「あなたが必要以上に尽くしているのなら、もう少し、バランスを修正した方がいいかもしれない」というだけのことです。

解説のために使いましたが、本来なら、人間関係に〝主導権〟なんて言葉を持ち込む方がおかしいのです。同時に「尽くす・尽くされる」なんて気にすることのない関係が理想といえます。

お互いを尊重して、適度に尽くし合って、適度に尽くされ合って、「上でも下でもない、同じ目線の関係」をつくること。それこそが、素晴らしい関係だと思いませんか?

この記事のライター

マジシャン。1990年生まれ。O型。 トランプやコイン等の、クロースアップマジックを得意とする。 日本クロースアップマジシャンズ協会「Johnny Wong Future Award(審査員特別賞)」受賞。 企業の...

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

恋愛経験値の少ない男性との恋愛は、何かと苦労する場面があるのが現実です。問題なのは、彼らは自分の振る舞いが女性を傷つけたり、がっかりさせたりするのに気づかないこと。彼らには「客観的な視点」が足りないだけなので、なぜそうなってしまうのか、彼らが思うところも、女性には知っておいてほしいです。


LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

会っているときであれば、彼の気持ちの変化は態度や口調でわかるけれど、LINEは相手の本音がわかりにくいもの。今回は、そんなLINEのやりとりに現れる恋愛アラート、つまり彼の気持ちのマイナスな変化”のサインについてご紹介します。


最新の投稿


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

「継続は力なり」という言葉があります。これはスポーツや勉強だけに限らず、貯金も同じこと。少額でもいいので、少しでも長くお金を貯めた方がいいのです。でも継続するって、難しい。そんなあなたのために、今回の【100万円のオンナ貯金】ではお金を貯めることをクセにする方法をご紹介します。


コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

ニューヨーカーが、綿100%でありながら、撥水性に優れた素材「MENNANONY(メンナノニー)」を使用したチェスターコートを、9月29日より新発売。秋冬のファッションを軽やかに楽しめるシンプルなチェスターコートは、オン・オフ問わず様々なシーンで活躍するはずです。


おっぱい

MENU

DRESS部活