「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた【母でも妻でも、私#1】

「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた【母でも妻でも、私#1】

夫とのふたり暮らしも仕事も楽しくて、なかなか次のステップに踏み切れない。当時、結婚3年目、28歳、フリーランスのライター。子供を産んで、失うもののことばかり考えてしまう。それでも妊娠を決めたときのことを書きました。同じ部分がある人の励みになったら、うれしいです。


フリーランスのライターをしながら、1歳5カ月の男の子を育てている。

いまではもはや、普通の顔をして。でも、子供を産むまでには、さまざまな葛藤があった。

■心地よい“いま”と子育ては、引き替えなのか

ハタチのときからお付き合いしていた彼と結婚をして、丸2年。
私は28歳になっていて、いまの暮らしは最高に心地よいけれど、子供を産むなら30歳くらいには動き出さなきゃな、と、ぼんやり考えていた。それが2015年のこと。

体力がないから、早く産むに越したことはない。婦人系の病気にかかったことがあるから、妊娠するまでに時間がかかるかもしれない。そもそも子供を持たない人生も素敵だと思っているから、年齢的に妊娠しにくくなった体ではきっと、がんばりがきかない。

そんなふうに、そろそろGOするべき理由はいくらでも思いついた。
けれど、そのどれもが「子供を産みたい」という前提に立っている。私の前提は、それでいいんだっけ? わからないまま、時が過ぎていく。

いまの暮らしの楽しさは、私たち夫婦が何かしらの方向転換をしない限り、ずっと続く気がした。

つまり「自分たちのことはそろそろ気が済んだから、腹をくくって子供を持とう」と思う日は、きっと、一生こない。なのに、そんな日を待ち続けた結果、タイムアップで選択肢をなくすのだけは、いや。だからやっぱり、私はいつか子供が産みたかった。

でも、私にとって子供を産むことは、すばらしい人生経験と引き替えに、多くを諦めることにも見えていた。育児は自分を犠牲にすることだって、多かれ少なかれ、みんな言っているような気がする。
子供を産んだらできなくなると言われていること。手放さなくてはいけない、手放すべきだと言われていることが、山のようにあった。

そもそも妊娠・出産・子育てには、なんだかネガティブな情報が目立つ。待機児童やベビーカーのマナーみたいな社会的問題はもちろん、夜泣きでまったく眠れないとか、発熱した子供のお迎えばかりで同僚の視線が痛いとか、おもちゃがあふれて部屋が一気にダサくなるとか。

そして、フリーランスの私に、産休や育休はない。休めば休んだぶんだけ収入が減るし、ポジションを失う。「子供を産んだら、仕事の優先順位は自然に下がるから、悩まなくても大丈夫」みたいなことをよく言われたけれど、そんな言葉は求めてない。

子供と仕事は、本当に引き替えなのかな。

■アイデンティティを失わないための、決意

仕事が一番大きな懸念だったけれど、不安やためらいはほかにもあった。

子供を産んだら、これまで大切にしてきた“自分自身”のさまざまな要素が、どんどん失われていくんじゃないか。よく聞く「○○くんママ」といった呼ばれ方も、子供中心の生活も、想像のうえでは全然しっくりこない。いままで私は私として生きてきたのに、子供を産んだ瞬間から、”母親”というアイデンティティに塗り替えられてしまうんだろうか。

そんなことをぐるぐる考えていて、踏み切ることも、開き直ることもできずにいたある日。ふと、ひらめいた。

「腹をくくって子供を持つ」のではなくて、「子供を持っても諦めないと、腹をくくる」のは、どうだろう。

未知の不安を想像してばかりいてもしょうがない。
仕事も、自分自身も手放したくないのなら、腹をくくろう。子供ができても、なんとかして仕事を続ける。なんとかして、好きな服を着る。愛すべき時間をつくる。私は私のままでいることを、諦めない。

子供を産んだって、やりたいことは全部なんとかするって決めた。そうしたら、その時点ではなんにも解決していないのに、不思議と気が楽になった。いろんな先入観をとっぱらって、わたしと彼の子育てをつくっていけばいい。

そこまで考えて避妊をやめた2カ月後、妊娠がわかったのでした。

たくさん考えて、本当によかったと思う。納得して進んだから、いまも人生はとっても楽しいし、子供はとってもかわいい。

この記事のライター

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連する投稿


自分にとっての仕事とは。再就職を決意するまで

自分にとっての仕事とは。再就職を決意するまで

今回は、仕事と子育ての両立に悩み、一旦仕事を辞めたものの、再就職を決意した田中雅子さん(49歳)に、復帰までの道のり、仕事の魅力、再就職へのアドバイスなどについて取材しました。


排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、6回目では「排卵誘発剤」の「注射薬」のしくみを説明します。


「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

息子はそろそろ2歳。ほどよい年齢差の兄弟姉妹を持つには、ちょっと遅いくらいの妊娠タイミングがやってきています。でも、頭で考えたら、ふたり目なんて全然ぴんとこない。はじめて子どもを妊娠する前と、似たようなことを考えています。


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。