「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

夫とのふたり暮らしも仕事も楽しくて、なかなか次のステップに踏み切れない。当時、結婚3年目、28歳、フリーランスのライター。子供を産んで、失うもののことばかり考えてしまう。それでも妊娠を決めたときのことを書きました。同じ部分がある人の励みになったら、うれしいです。


フリーランスのライターをしながら、1歳5カ月の男の子を育てている。

いまではもはや、普通の顔をして。でも、子供を産むまでには、さまざまな葛藤があった。

■心地よい“いま”と子育ては、引き替えなのか

ハタチのときからお付き合いしていた彼と結婚をして、丸2年。
私は28歳になっていて、いまの暮らしは最高に心地よいけれど、子供を産むなら30歳くらいには動き出さなきゃな、と、ぼんやり考えていた。それが2015年のこと。

体力がないから、早く産むに越したことはない。婦人系の病気にかかったことがあるから、妊娠するまでに時間がかかるかもしれない。そもそも子供を持たない人生も素敵だと思っているから、年齢的に妊娠しにくくなった体ではきっと、がんばりがきかない。

そんなふうに、そろそろGOするべき理由はいくらでも思いついた。
けれど、そのどれもが「子供を産みたい」という前提に立っている。私の前提は、それでいいんだっけ? わからないまま、時が過ぎていく。

いまの暮らしの楽しさは、私たち夫婦が何かしらの方向転換をしない限り、ずっと続く気がした。

つまり「自分たちのことはそろそろ気が済んだから、腹をくくって子供を持とう」と思う日は、きっと、一生こない。なのに、そんな日を待ち続けた結果、タイムアップで選択肢をなくすのだけは、いや。だからやっぱり、私はいつか子供が産みたかった。

でも、私にとって子供を産むことは、すばらしい人生経験と引き替えに、多くを諦めることにも見えていた。育児は自分を犠牲にすることだって、多かれ少なかれ、みんな言っているような気がする。
子供を産んだらできなくなると言われていること。手放さなくてはいけない、手放すべきだと言われていることが、山のようにあった。

そもそも妊娠・出産・子育てには、なんだかネガティブな情報が目立つ。待機児童やベビーカーのマナーみたいな社会的問題はもちろん、夜泣きでまったく眠れないとか、発熱した子供のお迎えばかりで同僚の視線が痛いとか、おもちゃがあふれて部屋が一気にダサくなるとか。

そして、フリーランスの私に、産休や育休はない。休めば休んだぶんだけ収入が減るし、ポジションを失う。「子供を産んだら、仕事の優先順位は自然に下がるから、悩まなくても大丈夫」みたいなことをよく言われたけれど、そんな言葉は求めてない。

子供と仕事は、本当に引き替えなのかな。

■アイデンティティを失わないための、決意

仕事が一番大きな懸念だったけれど、不安やためらいはほかにもあった。

子供を産んだら、これまで大切にしてきた“自分自身”のさまざまな要素が、どんどん失われていくんじゃないか。よく聞く「○○くんママ」といった呼ばれ方も、子供中心の生活も、想像のうえでは全然しっくりこない。いままで私は私として生きてきたのに、子供を産んだ瞬間から、”母親”というアイデンティティに塗り替えられてしまうんだろうか。

そんなことをぐるぐる考えていて、踏み切ることも、開き直ることもできずにいたある日。ふと、ひらめいた。

「腹をくくって子供を持つ」のではなくて、「子供を持っても諦めないと、腹をくくる」のは、どうだろう。

未知の不安を想像してばかりいてもしょうがない。
仕事も、自分自身も手放したくないのなら、腹をくくろう。子供ができても、なんとかして仕事を続ける。なんとかして、好きな服を着る。愛すべき時間をつくる。私は私のままでいることを、諦めない。

子供を産んだって、やりたいことは全部なんとかするって決めた。そうしたら、その時点ではなんにも解決していないのに、不思議と気が楽になった。いろんな先入観をとっぱらって、わたしと彼の子育てをつくっていけばいい。

そこまで考えて避妊をやめた2カ月後、妊娠がわかったのでした。

たくさん考えて、本当によかったと思う。納得して進んだから、いまも人生はとっても楽しいし、子供はとってもかわいい。

この記事のライター

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード


出産 キャリア

関連する投稿


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


『コウノドリ』第4話~自然分娩じゃないと良い母親になれないって本当ですか?

『コウノドリ』第4話~自然分娩じゃないと良い母親になれないって本当ですか?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第4話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。SNEで話題になった“屋形船旦那”の正体とは……?


『コウノドリ』はパパこそ見るべきドラマ~「夫婦はふたりでひとつ」じゃない

『コウノドリ』はパパこそ見るべきドラマ~「夫婦はふたりでひとつ」じゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第3話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。ゲスト出演したナオト・インティライミがSNSで話題です。どんな話題でしょう……?


排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、3回目では排卵誘発剤の基礎知識を取り上げます。


妊娠・出産を経ても、自分らしく暮らすためにーーできるのは「人事を尽くして天命を待つ」こと

妊娠・出産を経ても、自分らしく暮らすためにーーできるのは「人事を尽くして天命を待つ」こと

産前産後を快適に暮らすには、とにかく入念な準備が効いてくると思っています。私は仕事を休みたくなかったから、余計にそうでした。もちろん、運によるところがとても大きい。だからこそ、私たちにできるのは丁寧な準備しかないのです。どんなふうに働きながら出産を迎え、どんなふうに子どものいる暮らしを始めたか、書きました。


最新の投稿


書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、漢字「一文字」を書いていただき、『DRESS』読者にその漢字の意味やメッセージをいただくコーナー。第三弾の漢字は「天」。


手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

リンクス オブ ロンドンから、ブランドのアイコン商品「スウィーティー」ブレスレットに、お好きなアルファベットチャームとスタイリッシュなミニブレスレットをセレクトしてパーソナライズする、スターターセットが限定発売に。


肌と心を解きほぐすようなエイジングケアクリーム

肌と心を解きほぐすようなエイジングケアクリーム

うるおいと柔軟感を引き出す”肌本来の力“に着目した、なめらかなテクスチャーで、心まで解きほぐすクリーム「エンリッチ クリーム」が、オルビスから11月23日に新発売します。


白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

趣味と実益を兼ねて『医者が教える食事術 最強の教科書』を読みました。「医学的に正しい食べ方」が書かれた本の内容は、アラフォーの美容と健康の学びになる1冊。読書の習慣がない方でも読みやすく作られたこちらの本。いつまでも健康で美しくいたい方におすすめです。


「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

クリスマスの定番料理といえば「ローストチキン」。難しそうなイメージがある料理ですが、実はオーブンがなくてもOK。"土鍋"を使えば簡単に作ることができます。今回は美味しすぎるローストチキンのレシピをご紹介します。