自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

東証マザーズ上場会社の女性最年少取締役のキャリアを経て、2008年に衣食住に携わるコンサルティング会社を設立。 2014年には体験型イベント「日本女子博覧会」を発足し延べ4万人を動員。現在は日本の食文化やアニメ、アイドル市場に着眼した事業展開をするインタラクションメディアグループ取締役の東貴代さんにお話を伺いました。


■やりたいことで事業を立ち上げる時に大切なこととは

――学生時代から事業家として活動し、現在も複数の事業をパラレルに動かしていますが、“やりたいこと”を仕事にするために大切なことはなんだと思いますか。

大切なことはシンプルに考えて3つあるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、可視化(具体化、数値化)する
2、市場(マーケット)を分析し研究する
3、学ぶ姿勢を持ち続ける
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

――それぞれ詳しくお話を聞かせてください。

■やりたいことは具体的に可視化して、仲間を呼び寄せる

――やりたいことを仕事にしたいと考えたときに最初にすることは?


可視化することですね。つまり具体化と数値化するということ。
ぼんやりしているアイデアは実現できません。より具体的な言葉にできることはアクションにつながります。事業の概要(コンセプト、戦略、マニフェストなど)を明確にし、最終的には、事業計画として数字に落とし込むことからスタートします。

――どのように可視化したら良いのでしょうか。

シンプルに5つのポイントで物事を整理してみましょう。

よくマーケティング戦略を立てるときには4Pという考え方が応用されます。

自社サービスにおける製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)それぞれの要素がターゲットに刺さるように構成されているかを分析する方法です。私の場合は4Pでなく5P――人(Person)という要素も追加して考えるようにしています。

まず自分のやろうとしていることを、届けたい人に必要としてもらうにはどうしたら良いのかを整理してみましょう。このポイントで分析やプランニングしていく習慣をつけると、最終的には具体的な言葉になり、数値化されていくことになります。


――やりたいことを事業にするには必要としてくれる人の存在は不可欠ですね。

女性は自分の想いを口にすることも、ボキャブラリー豊富に表現することも上手なので、もともとプレゼン能力は高いと思います。ですから私は、男性よりも女性の方が共感してくれる仲間を引き寄せる求心力には長けていると感じます。

自分のやりたいことを一度俯瞰し整理する作業を行うと、アクションプランが明確になります。それを周囲にアウトプットすることによって、必要としてくれる取引先やサポートしてくれる仲間を引き寄せやすくなると思います。

■市場の分析は、本屋さんから始まる……?

――事業を立ち上げるときに大切にしていることはありますか?

やりたいと思ったことの市場価値(マーケットの大きさや可能性)を知ることです。

私はクライアントから依頼された事業コンサルティングのみならず、自ら発案して事業を展開し実践することも大切だと考えています。

現在私は、ヨーロッパやアジア市場を視野に入れたアイドルグループの育成事業(*1)や、ユネスコ文化遺産にも認定された「和食」に着目した飲食事業(*2)も展開しています。

成長市場であり、日本ならではのコト(コンテンツ)でインバウンド需要や海外展開が見込める事業は、可能性を見据えて自らのリスクテイクで積極的に展開するようにしています。

*1 アイドルグループ「P.IDL」の妹分「W.(ダブルヴィー)」のプロデュース
*2 完全自家製粉の十割蕎麦屋「蕎麦あずま」


――市場ってどうやって見たら良いのでしょう?

一番簡単なのは、日頃から興味のある分野についてアンテナを張っておくことです。私の場合、周囲の事業家仲間との会話や本屋さんで情報収集しています。


――本屋さんでの情報収集ならすぐに真似できそうです。

もともと本屋さんが好きで、待ち合わせを本屋さんにしたりもしています。少し前に発売された堀江貴文さんの『君はどこにでも行ける』、松浦弥太郎さんの『センス入門』はとても参考になりましたね。

『君はどこにでも行ける』は、堀江さん独自の切り口で見る世界情勢について述べられた本で、私の考える世界の将来市場と照らし合わせ、整理することができました。

『センス入門』は、漠然とした「センス」について述べられています。ビジネス、ファッション、人間関係などすべてに適応する「センス」ってとっても漠然としていたのですが、読み終わったあとは私なりに「センス」というぼんやりした感覚を可視化できた本でした。

ほしかった情報を入手できたり、考え方の整理ができたりするので、空き時間に本屋さんに立ち寄るのはおすすめです。

■学ぶ姿勢とは、成功者を真似することである

――やりたいことを事業にするときに一番大切なことは何でしょうか?

やりたい! と強く思うなら実現する方法を見つけることです。

私の場合、「食」が好きという想いから蕎麦屋の事業へ。そして、新しい働き方をクリエイトしたい、やりたいことを実現しようとする人を応援したいという想いから、次世代のアイドル育成事業につながりました。

やりたいと思うことがあって、どう実現したら良いかわからなければ学ぶことから始めましょう。どんなに強い思いがあっても、思っているだけではスキルはつきません。

――学び方にコツはありますか?

ひとつの方法として、成功者を真似ることをおすすめします。

私は学生時代から、起業したい! 海外と日本を行き来する仕事がしたい! と思っていて、理想の生き方に近くて成功している経営者の本を読んでいました。そして真似できることからやってみる。

なりたいイメージが具体的であればあるほど、アクションプランも鮮明で実践力は高まります。もちろん事業計画も作ったことなどなかったので、自分で会計の勉強をしたり人に教えてもらったりしてスキルを身につけていきました。


――身近に真似できる人がいれば、その人を。いなければ本を読んでそこに書かれていることを真似してみる。そうしていくうちに学びはスタートしているということですね。

やりたいことを実現するためには、マーケットについて学び、どうしたら実現できるかをシンプルかつ客観的に考え、具体的なアクションに落とすことが大切だと東さんは言う。

やりたいことを仕事にしたい女性は、まずは東さんを真似てみることから始めてみてはどうだろうか。

取材協力/株式会社インタラクションメディアグループ

  http://japan-girls-expo.com

Text/Mediajo(取材:ZENKUMI/ライター:NAHOMI)

  http://mesher.jp

この記事のライター

ミーハーと私(ME)彼女(SHE・HER)を掛け合わせた造語で
ミーハーな女子ゴコロ=“女性の情報源”という意味を込めています

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第4回では、まちづくりに関わるいろいろなことを手がける田中元子さんをお招きしました。


2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

宮原健斗さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1989年生まれの28歳。団体の顔として、全日本プロレスの人気再燃に貢献してきました。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する、プロレス界で輝く若手エースのひとりでもあります。宮原選手のインタビューをお届けします。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


「自分のキャリアと向き合う」ために考えたい4つのこと

「自分のキャリアと向き合う」ために考えたい4つのこと

いつも忙しく働かれている女性のみなさん。一度、自分自身のキャリアや仕事をこれからどうしていきたいか、内に抱えた欲求と向き合ってみませんか。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい