おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

秋ファッションを楽しみ尽くすためのアイデアをご紹介します。用意するのはファッション誌と付箋。好きなスタイリング・着こなし、秋ファッションに使いたいと思う色、アイテムを付箋でチェックしていきます。付箋を貼ったページを分析し、購入するものを決めることで、本当に使えて自分らしい秋ファッションに仕上がるはず。


◼︎おしゃれな人は8月から、秋ファッションの準備をしている

8月に入り、「ラストセール」と共に「NEW ARRIVAL」の文字がショップに増えていますね。秋までまだまだ時間はあるし、秋物を購入するのはまだ先! と思っている方も、多いのではないでしょうか?

確かに、秋はまだまだ先。しかし、今の時期こそ、とても大事な準備期間。おしゃれな人は必ず8月中に準備をしています。

◼︎ファッション誌を活用しよう

Webコラムではリアルタイムで、鮮度の高い情報をお届けできるため、ファッションの情報を仕入れるのにとてもおすすめですが、先々の準備をしたいときにはファッション誌も活用したいもの。

コーディネートのパターンの多さはとても参考になります。

ただ、わたしにスタイリング依頼をくださるお客様の9割近くの方は、実はファッション誌を読んでいないというデータがあります。

たしかに今の時代、Webからの情報が主流になってきていると、実感しています。

Webコラムで「ファッション雑誌の読み方」を説明する違和感は少しありますが、皆さんに秋ファッションのおしゃれを120%楽しんでいただきたく、今回あえてご紹介します。

◼︎「なりたい私」を見つける3つの準備

【準備するもの】
・雑誌1〜2冊
・付箋3色


【付箋の使い方】
1.好きなスタイリング・着こなし
2.秋ファッションに使いたいと思う「色」
3.秋ファッションに使いたいと思う「アイテム」

1=黄色
2=水色
3=ピンク

という感じで、付箋を貼ります。

こんな感じで、付箋だらけになります!

さて、次に、直感的に選んだ1〜3をまとめていきます。

準備1 好きなスタイリングからわかること

好きなスタイリングの共通点を分析します。以下にわたし自身の分析をご紹介します。

1.ウエスト位置を必ず作っている

サッシュベルトや、ボトムスにトップスをすべてインして、ウエスト位置を必ず作っています。2017春夏ファッションまでは前だけインが多めでしたが、2017秋冬ファッションは、全部インする着こなしが主流になりそうです。

2.異素材ミックスが気分

好きなスタイリングをよく見てみると、ベロア、レザー、プリーツ素材など、素材で楽しんでいるスタイリングが好みだとわかります。コーディネートは一見シンプルで、素材を楽しむスタイリングを秋冬に楽しみたい気分。

準備2 秋ファッションに使いたい色を知る

使いたい色を知るには、「直感力」が大事。深く考えずに、「取り入れたい」と思う色を見つけたら、すぐに付箋を貼るのがコツです。

あくまでも「色」を見るので、アイテムはなんでもOK。わたしの場合、とにかく気になるのは、ボルドー、マスタードイエロー、チョコレートなど、深みのある色。

秋ファッションのどこかにこれらの色を取り入れるのがポイントになりそうです。

準備3 秋ファッションに使いたいアイテムを知る

この作業は「色」よりやや時間をかけて選びます。色と違って具体的な「アイテム」になるので、何を使うかじっくり考える必要があります。

・手持ちのアイテムで使えるアイテムはあるか?
・新しく買い足すものは?
など。

1.巾着型のバッグを取り入れたい

付箋を分析していくと、コロンとした巾着型のバッグをチェックしていることがわかりました。また、黄色の付箋でも巾着型のバッグをチェックしていたことから、秋ファッションに取り入れることは決定です。

2.足元にポイントを作る

ターコイズカラーのシューズを何点か選んでいました。ターコイズカラーのみならず、足元にポイントを作るコーディネートを楽しむことは決定です。

3.ボトムスにデザインアイテムを使う

引き続き、リメイク風のヴィンテージデニムを履きたい気分。そして、付箋を見て気づいたのが辛口デニムとは真逆の甘口スカートも多く選んでいたこと。トップスをシンプルにして、ボトムスを主役にするコーディネートが秋ファッションでも多くなりそうです。

◼︎秋ファッションの準備は今がチャンス

「NEW ARRIVAL」ラックを見て、衝動買いをした経験はありませんか? どのブランドも最新のアイテムを提案してくれるので、「買い」のアイテムが多いのは事実です。

でも、秋ファッションの計画をきちんと立てていないと、せっかく購入したアイテムをうまく使いこなせず、宝の持ちぐされになりかねません。

3つの準備をすることで、

・手持ち服に合うか?
・似たアイテムを持っていないか?
・自分が理想とする着こなしができるか?

をチェックして、自信を持って楽しめるはず。

私も、早速クローゼット内の、

・秋ファッションに使いたい色はないか?
・秋ファッションに使いたい素材はないか?

を確認しました。

すると、秋ファッションのスタメンになりそうなアイテムがたくさん! 少し涼しくなる日が今から楽しみです。

皆さんにとって、上記の方法が少しでも参考になりましたら嬉しいです。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


ファッションの未来を想像する展覧会「bionic by sputniko!」

ファッションの未来を想像する展覧会「bionic by sputniko!」

衣服もバイオ技術で作れる時代が訪れたら……? 新感覚のファッション展覧会「bionic by sputniko!」を8月18日より、西武渋谷店にて開催します。テクノロジーが未来のファッションにつながる、見て、買って、楽しめる、これまでにないタイプの展覧会です。


PEGGY LANA(ペギーラナ)のPOP-UPを銀座三越で開催

PEGGY LANA(ペギーラナ)のPOP-UPを銀座三越で開催

PEGGY LANA(ペギーラナ)2017A/Wコレクションがスタート。8月16日より 銀座三越にてPOP-UPを開催します。今A/Wシーズンはクレバーなジェントルウーマンをイメージしたコレクションを展開。


ディノスの『So close,』より、秋コレクションが発売開始に

ディノスの『So close,』より、秋コレクションが発売開始に

長谷川京子さんがイメージモデルを務めるディノスのファッションブランド『So close, (ソー クロース,)』より、秋コレクションが発売開始に。季節が変化する端境期に、機能的に、またおしゃれに着られるアウターから、ポイントとなるバッグ、シューズ、ストールなどの雑貨まで、バリエーション豊かなアイテムを展開します。


ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート=若い人向けのアイテム、と思い込んでいた筆者。SALEでたまたま立ち寄った店で勧められたモスグリーンのふんわりスカートを、半信半疑で試着したところ、購入に至ります。買った理由は案外大人っぽく着こなせると実感したから。さあ、既存のアイテムたちとどう組み合わせるか、夢が広がります。


「涼しい」と「きちんと感」を両立! 残暑を乗り切る通勤コーデ

「涼しい」と「きちんと感」を両立! 残暑を乗り切る通勤コーデ

洋服選びが「おしゃれ」「似合う」から「涼しいかどうか?」の基準一択になるこの季節。まだまだ残暑が厳しい8月に、私が日々取り入れている、涼しくてかつ、おしゃれ心を満たせるお仕事コーデの工夫をご紹介します。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


DRESS部活