おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

秋ファッションを楽しみ尽くすためのアイデアをご紹介します。用意するのはファッション誌と付箋。好きなスタイリング・着こなし、秋ファッションに使いたいと思う色、アイテムを付箋でチェックしていきます。付箋を貼ったページを分析し、購入するものを決めることで、本当に使えて自分らしい秋ファッションに仕上がるはず。


◼︎おしゃれな人は8月から、秋ファッションの準備をしている

8月に入り、「ラストセール」と共に「NEW ARRIVAL」の文字がショップに増えていますね。秋までまだまだ時間はあるし、秋物を購入するのはまだ先! と思っている方も、多いのではないでしょうか?

確かに、秋はまだまだ先。しかし、今の時期こそ、とても大事な準備期間。おしゃれな人は必ず8月中に準備をしています。

◼︎ファッション誌を活用しよう

Webコラムではリアルタイムで、鮮度の高い情報をお届けできるため、ファッションの情報を仕入れるのにとてもおすすめですが、先々の準備をしたいときにはファッション誌も活用したいもの。

コーディネートのパターンの多さはとても参考になります。

ただ、わたしにスタイリング依頼をくださるお客様の9割近くの方は、実はファッション誌を読んでいないというデータがあります。

たしかに今の時代、Webからの情報が主流になってきていると、実感しています。

Webコラムで「ファッション雑誌の読み方」を説明する違和感は少しありますが、皆さんに秋ファッションのおしゃれを120%楽しんでいただきたく、今回あえてご紹介します。

◼︎「なりたい私」を見つける3つの準備

【準備するもの】
・雑誌1〜2冊
・付箋3色


【付箋の使い方】
1.好きなスタイリング・着こなし
2.秋ファッションに使いたいと思う「色」
3.秋ファッションに使いたいと思う「アイテム」

1=黄色
2=水色
3=ピンク

という感じで、付箋を貼ります。

こんな感じで、付箋だらけになります!

さて、次に、直感的に選んだ1〜3をまとめていきます。

準備1 好きなスタイリングからわかること

好きなスタイリングの共通点を分析します。以下にわたし自身の分析をご紹介します。

1.ウエスト位置を必ず作っている

サッシュベルトや、ボトムスにトップスをすべてインして、ウエスト位置を必ず作っています。2017春夏ファッションまでは前だけインが多めでしたが、2017秋冬ファッションは、全部インする着こなしが主流になりそうです。

2.異素材ミックスが気分

好きなスタイリングをよく見てみると、ベロア、レザー、プリーツ素材など、素材で楽しんでいるスタイリングが好みだとわかります。コーディネートは一見シンプルで、素材を楽しむスタイリングを秋冬に楽しみたい気分。

準備2 秋ファッションに使いたい色を知る

使いたい色を知るには、「直感力」が大事。深く考えずに、「取り入れたい」と思う色を見つけたら、すぐに付箋を貼るのがコツです。

あくまでも「色」を見るので、アイテムはなんでもOK。わたしの場合、とにかく気になるのは、ボルドー、マスタードイエロー、チョコレートなど、深みのある色。

秋ファッションのどこかにこれらの色を取り入れるのがポイントになりそうです。

準備3 秋ファッションに使いたいアイテムを知る

この作業は「色」よりやや時間をかけて選びます。色と違って具体的な「アイテム」になるので、何を使うかじっくり考える必要があります。

・手持ちのアイテムで使えるアイテムはあるか?
・新しく買い足すものは?
など。

1.巾着型のバッグを取り入れたい

付箋を分析していくと、コロンとした巾着型のバッグをチェックしていることがわかりました。また、黄色の付箋でも巾着型のバッグをチェックしていたことから、秋ファッションに取り入れることは決定です。

2.足元にポイントを作る

ターコイズカラーのシューズを何点か選んでいました。ターコイズカラーのみならず、足元にポイントを作るコーディネートを楽しむことは決定です。

3.ボトムスにデザインアイテムを使う

引き続き、リメイク風のヴィンテージデニムを履きたい気分。そして、付箋を見て気づいたのが辛口デニムとは真逆の甘口スカートも多く選んでいたこと。トップスをシンプルにして、ボトムスを主役にするコーディネートが秋ファッションでも多くなりそうです。

◼︎秋ファッションの準備は今がチャンス

「NEW ARRIVAL」ラックを見て、衝動買いをした経験はありませんか? どのブランドも最新のアイテムを提案してくれるので、「買い」のアイテムが多いのは事実です。

でも、秋ファッションの計画をきちんと立てていないと、せっかく購入したアイテムをうまく使いこなせず、宝の持ちぐされになりかねません。

3つの準備をすることで、

・手持ち服に合うか?
・似たアイテムを持っていないか?
・自分が理想とする着こなしができるか?

をチェックして、自信を持って楽しめるはず。

私も、早速クローゼット内の、

・秋ファッションに使いたい色はないか?
・秋ファッションに使いたい素材はないか?

を確認しました。

すると、秋ファッションのスタメンになりそうなアイテムがたくさん! 少し涼しくなる日が今から楽しみです。

皆さんにとって、上記の方法が少しでも参考になりましたら嬉しいです。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

ニューヨーカーが、綿100%でありながら、撥水性に優れた素材「MENNANONY(メンナノニー)」を使用したチェスターコートを、9月29日より新発売。秋冬のファッションを軽やかに楽しめるシンプルなチェスターコートは、オン・オフ問わず様々なシーンで活躍するはずです。


胸が大きな女性向けブランド「HEART CLOSET」がリアル店舗に初出店

胸が大きな女性向けブランド「HEART CLOSET」がリアル店舗に初出店

胸が大きな女性向けアパレルブランド「HEART CLOSET」が、西武池袋本店に初出店。働く女性のための服を提案する売り場「リミテッド エディション @オフィス」にて全アイテムの試着・購入が可能です。10月31日までの期間限定。


【たかがタイツ・されどタイツ】毎日の幸福度が高まるタイツの買い方、選び方

【たかがタイツ・されどタイツ】毎日の幸福度が高まるタイツの買い方、選び方

ナチュラルストッキングが苦手で、出来れば1年中、素足でいるか、さもなくば厚手のタイツか靴下を履きたいと思っている私。秋になると、まず何よりも真っ先にタイツをまとめ買いするのがここ数年の習慣となった。最重要視するのは肌触りの滑らかさ。質のいいタイツを買い揃えて、幸せな半年間を過ごそう!


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい