「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


■独身でも既婚でも「気まずい」「残念だな」と思うことはある

先日、憧れていた料理家さんの料理教室に欠員が出て、念願叶って通えることになった。

その料理教室では、同じメンバーが定期的に顔をあわせて料理を習う仕組み。今後ずっとやっていくメンバーだから自己紹介しましょう、という先生の提案で、皆で作った料理を試食しながら、自己紹介タイムに。

ちょっと気まずかったのが、その自己紹介の内容だ。みんな名前を言ったあと、まず最初に「夫と子供ひとりの3人暮らしで……」といった家族構成の話をした。

私はバツイチの独身だ。ひとり暮らしです、と言うのが少し気まずい、肩身が狭い。そんなことを思った。

一方で、今年1月から参加しているオンラインサロンがある。そこのメンバーは下は高校生、上は還暦近くと幅広い。ゲストを呼んでの講演会やサロンメンバー同士の飲み会など、イベントが多く開催されるのだけど、その大半は平日の夜に行われる。

既婚の方、とくに小さなお子さんがいる方は、時間の融通を利かせることが厳しい場合がある。

「本当はもっと参加したいのですが……」

そう残念そうにコメントされた方がいた。

■隣の芝生が青く見えやすいアラフォー世代

そういえば結婚していたとき、

「今日飲みに行こうか」
「いいね」

そんなふたつ返事で飲みに行ける自由がある独身の同僚を羨ましく思うことがあった。

ただ、離婚し、仕事帰りどころかいつでもフラッと飲みに行ける気軽さを手に入れた今、それはいつしか「当たり前」であって、ありがたさを実感することはなくなった。

それどころか、結婚していたときにあまり実感しなかった、「結婚」という誓いをたてたパートナーがいることの安心感と世間体を羨ましく思うようになった。先の料理教室のような場で他の方の家族構成の話を聞くと、ひとり暮らし、というのが少し心細いようにも思える。

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」。

とくにアラフォーともなると、女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なる。たとえば結婚していて子供がいる専業主婦の方の1日と、独身で子供がいなくてフルタイムで働いている私の1日では、始まりから終わりまで、ほぼ重なるところがない。

■どのステータスにもメリットは必ずある

本当はどの生き方にも良いところがある。

たとえば自分のためだけに使える時間やお金。パートナーがいる安心感。子供を持つ充実感、子の成長に費やすことができる時間。責任ある仕事を担うやりがい。経済的に自立できているという自負。

そしてどの生き方にも「不自由なところ」がある。

世間体。自分のために使えない時間、お金。パートナーがいない心細さ。子供がいない寂しさ。子に時間を割けない歯がゆさ。責任ある仕事を持たない心細さ、または経済的な不自由さ。

ただ、冷静に考えるとわかる。とくに結婚、離婚を経た今だから分かるのは、それぞれのよさを同時には享受できないということ。

気軽にフラッと飲みに行く自由気ままさを持ったまま、手塩にかけて子を育て、自分だけの時間を作り、家事を完璧にこなし、仕事に納得がいくまで打ち込むことはできない。

■自分の持つものに目を向けて、それを生かして生きていく

「羨ましい」から自由になる方法。

どうすればよいのか――というと、やはり自分のステータスが持つ「よいところ」を定期的に振り返ること。そして、それを生かした毎日を送ることに尽きる。

たとえば目下独身の私には、自分のために使える時間と、少々の自由になるお金がある。せっかくの独身なのだから、気になるイベントにフットワーク軽く参加したり、ふらっとひとり旅などを楽しむことにする。

不自由なところに目を向けるのではなく、自分の持つ組み合わせのありがたいことに目を向けて、たとえばそれを書き出してみる。

そうすることで、「他人の芝生が青く見える」といった、そんな「羨ましい」感情から人は自由になっていくはずだ。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

自分の思い描いた理想に近づけていない、自分が望まないことばかり起きてしまう。そんな人は自分をコントロールし、理想や目標へ近づく方法を知らないだけかもしれません。そこで今回は、自分をコントロールし、うまくいくように自分を導くセルフプロデュースについてご紹介します。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、フランスで活躍しているラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。最終回では「ひとりで生きていくためには」を中心に話していきます。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい