「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


■独身でも既婚でも「気まずい」「残念だな」と思うことはある

先日、憧れていた料理家さんの料理教室に欠員が出て、念願叶って通えることになった。

その料理教室では、同じメンバーが定期的に顔をあわせて料理を習う仕組み。今後ずっとやっていくメンバーだから自己紹介しましょう、という先生の提案で、皆で作った料理を試食しながら、自己紹介タイムに。

ちょっと気まずかったのが、その自己紹介の内容だ。みんな名前を言ったあと、まず最初に「夫と子供ひとりの3人暮らしで……」といった家族構成の話をした。

私はバツイチの独身だ。ひとり暮らしです、と言うのが少し気まずい、肩身が狭い。そんなことを思った。

一方で、今年1月から参加しているオンラインサロンがある。そこのメンバーは下は高校生、上は還暦近くと幅広い。ゲストを呼んでの講演会やサロンメンバー同士の飲み会など、イベントが多く開催されるのだけど、その大半は平日の夜に行われる。

既婚の方、とくに小さなお子さんがいる方は、時間の融通を利かせることが厳しい場合がある。

「本当はもっと参加したいのですが……」

そう残念そうにコメントされた方がいた。

■隣の芝生が青く見えやすいアラフォー世代

そういえば結婚していたとき、

「今日飲みに行こうか」
「いいね」

そんなふたつ返事で飲みに行ける自由がある独身の同僚を羨ましく思うことがあった。

ただ、離婚し、仕事帰りどころかいつでもフラッと飲みに行ける気軽さを手に入れた今、それはいつしか「当たり前」であって、ありがたさを実感することはなくなった。

それどころか、結婚していたときにあまり実感しなかった、「結婚」という誓いをたてたパートナーがいることの安心感と世間体を羨ましく思うようになった。先の料理教室のような場で他の方の家族構成の話を聞くと、ひとり暮らし、というのが少し心細いようにも思える。

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」。

とくにアラフォーともなると、女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なる。たとえば結婚していて子供がいる専業主婦の方の1日と、独身で子供がいなくてフルタイムで働いている私の1日では、始まりから終わりまで、ほぼ重なるところがない。

■どのステータスにもメリットは必ずある

本当はどの生き方にも良いところがある。

たとえば自分のためだけに使える時間やお金。パートナーがいる安心感。子供を持つ充実感、子の成長に費やすことができる時間。責任ある仕事を担うやりがい。経済的に自立できているという自負。

そしてどの生き方にも「不自由なところ」がある。

世間体。自分のために使えない時間、お金。パートナーがいない心細さ。子供がいない寂しさ。子に時間を割けない歯がゆさ。責任ある仕事を持たない心細さ、または経済的な不自由さ。

ただ、冷静に考えるとわかる。とくに結婚、離婚を経た今だから分かるのは、それぞれのよさを同時には享受できないということ。

気軽にフラッと飲みに行く自由気ままさを持ったまま、手塩にかけて子を育て、自分だけの時間を作り、家事を完璧にこなし、仕事に納得がいくまで打ち込むことはできない。

■自分の持つものに目を向けて、それを生かして生きていく

「羨ましい」から自由になる方法。

どうすればよいのか――というと、やはり自分のステータスが持つ「よいところ」を定期的に振り返ること。そして、それを生かした毎日を送ることに尽きる。

たとえば目下独身の私には、自分のために使える時間と、少々の自由になるお金がある。せっかくの独身なのだから、気になるイベントにフットワーク軽く参加したり、ふらっとひとり旅などを楽しむことにする。

不自由なところに目を向けるのではなく、自分の持つ組み合わせのありがたいことに目を向けて、たとえばそれを書き出してみる。

そうすることで、「他人の芝生が青く見える」といった、そんな「羨ましい」感情から人は自由になっていくはずだ。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

水、油、フッ素のミルフィーユベールで、手のうるおいがずっと続く。マナラ ハンドケアベールが、11月15日(水)数量限定で発売します。


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


おっぱい