なぜ今、あなたに「いいこと」が起きないのか?

なぜ今、あなたに「いいこと」が起きないのか?

なぜ今、あなたのまわりには「いいこと」が起きないのか? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


理由はないんだけど、なんだかうまくいかない。この先も何かが変わる気がしない、そんなとき、「人生は意図的に好転させることができますよ」と言われたら?

ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から抜粋して、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回に渡って、公開します。

■わたしたちの人生は降り忘れてしまう高速道路のようなもの

旅は「引き寄せの法則」をもっとも簡単に取り入れる古来からのシステム。

あなたが望む、より好ましい現実を手に入れることができる状態になるまであなたの心を洗い、人生を整えてあげる時間。大切なことに気づく時間。
そのための旅をわたしは「引き寄せの旅」と呼んでいます。

わたしたちの人生は、えてして、「つい降り忘れてしまう高速道路」のようになりやすいものです。

50歳になったら、本来やりたかった生き方をする、55歳になったら。60歳になったら。と言いながら、わたしの父は69歳で他界しました。「あ、今出口だった」、「しまった」と言うけれど、もう戻れない。人生もまさにそれと同じことの繰り返しなのです。

■不幸な現実が来て、そこから自分を変えたいと願っても遅すぎる

あなたは、「3つの大変」を経験したことがありますか? ひとつは、大きなお金のトラブル、ひとつは、大きな人間関係のトラブル、もうひとつは、身近な人の死。それによって、自分の人生が大きく変わるので「大変」と書きます。

自分の身に「大変」な現実が振りかかって、初めて、わたしたちはそもそも自分はどうやって生きたかったのか、本当にほしい現実はなんだったのか、といった、「本来の願い」を考えようとします。そのような願いを考えることこそ「引き寄せ」の始まりです。

ですが、なかなか普段の暮らしの中で、そもそも自分はどうやって生きたかったか、といったところまで考えを巡らすことは難しいですよね。

昨日やり残したこと、今日やらないといけないこと、明日のためにやっておきたいこと、に、時間をかけているだけで、十分、人生は埋まっていきます。

そうこうしているうちに、本当に大変な「不幸な現実」が来てしまう。そこから「自分を変えたい」「現実を変えたい」と願っても、ちょっと遅すぎるのです。

ならば、そうなってしまう前に自分で意図的に「転機」をつくってしまった方がいい。そう思いませんか?

わたしたちが意図的に自分の人生を好転させる方法、そのひとつが「旅」なのです。

■あれこれ行動する前に日常からあなたを抜け出させてあげる

運気を上げよう、とあれこれ行動する前に、旅に出て、まずは「日常」からあなた自身を抜け出させてあげましょう。

この本では、なぜ今あなたのまわりには「いいこと」が起きないのか? そもそも、引き寄せの法則とはなにか? 引き寄せの旅とは、どんな旅なのか? そして、今日からあなたはなにをすべきなのか? についてお話しするのはもちろんのこと、この本を読む時間そのものがまるで、引き寄せの旅の「疑似体験」になればと思い、世界中の絶景や美しいパワースポットの写真の上にわたしからのメッセージを載せました。

人生に傷を持つすべての人へ。それでも、人生を好転させたいと願うあなたへ。この本にある一つひとつの言葉が、大切なことに気づく、きっかけとなりますように。「引き寄せの旅」が起こす奇跡のような体験が、どうか、あなたの願いを現実にしますように。

次回は、「そもそも引き寄せの法則とはいったい何なのか」についてお話しします。

『大切なことに気づく引き寄せの旅』書籍情報

大切なことに気づく引き寄せの旅
著者:山崎拓巳
発行:ライツ社
単行本:128ページ
発売日:2017/7/29
価格:1400円+税

[公式サイト]
http://wrl.co.jp/2017/07/25/hikiyose-travel/

著者 山崎拓巳さんプロフィール

1965年三重県生まれ。広島大学教育学部中退。22歳で「有限会社たく」を設立。以来30年間、多岐にわたる事業を同時進行に展開中。 現在まで30冊以上を上梓し、累計120万部のベストセラー作家でもある。主な著書に、『やる気のスイッチ! 』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(いずれもサンクチュアリ出版)などがある。『やる気のスイッチ! 』は、2011年には英語版『SHIFT』となり全米で発売されるなど、他の著書も香港、台湾、韓国ほか、広く海外で翻訳出版されている。 また、「凄いことはアッサリ起きる」‐夢‐実現プロデューサーとして、コミュニケーション術、リーダーシップ論、メンタルマネジメントなどさまざまなテーマで登壇する一方、世界50カ国以上を訪れた旅人でもある。 本書は、これまでに夢‐実現プロデューサーとして培った引き寄せ力に、豊富な旅の経験を組み合わせて生まれた「引き寄せの旅」のレシピを公開した一冊であり、著者初の「旅の本」である。

セルフイメージを変えることで人生は好転していく

https://p-dress.jp/articles/4508

もし今、望んでいる現実とはまったく違う状況でも、それはすべてあなた自身が引き寄せたもの? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


人生を好転させる

関連する投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


旅に出ない言い訳をする前に、2泊4日の旅をしようと決める

旅に出ない言い訳をする前に、2泊4日の旅をしようと決める

あなたが旅に出ない理由は何ですか? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


旅は自分を「初期設定」に戻す儀式

旅は自分を「初期設定」に戻す儀式

あなたの頭の中の検索履歴はいっぱいになってしまっていませんか? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


想像を超えたものを見ると、自分でつくった壁は簡単に壊れる

想像を超えたものを見ると、自分でつくった壁は簡単に壊れる

なぜ大人になればなるほど「できない」と思うことが増えていくのか? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


「こうなったら嬉しい未来」を選択し続ける。それが人生好転の近道

「こうなったら嬉しい未来」を選択し続ける。それが人生好転の近道

セルフイメージを変えることで人生は好転する。でも、どうやって変えればいい? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。