浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、人間には浮気をしてしまう、何らかのルーツがあるのかもしれない。今回は浮気こそが人類を進化させたという「浮気人類進化論」についてご紹介します。


■なぜ人間は浮気をしてしまうのか

有名映画監督の不倫や、ミュージシャンのW不倫、芸能人の浮気など、日々浮気や不倫のニュースが後を絶たない。また現在人気を呼んでいるTBS火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』もW不倫をテーマにしている。

なぜ人間はダメだとわかりつつも、浮気や不倫に引き寄せられてしまうのか。もしかしたら人間の歴史に浮気や不倫をしてしまう秘密があるのかもしれない。

■人間の知能は「狩猟」「戦争」「浮気」で進化した?

人間の脳みそはほかの猿人類に比べ、とても大きい。これは進化の過程で脳みそを発達させる必要があったからだという。

「狩猟」戦略を立てたり、道具を作ったり

その理由について、イギリスの動物学者であるデズモンド・モリスは著書『裸のサル』の中で、人間の高い知能は狩猟生活で必要不可欠だったため、発達したと述べている。これは高い知能を持つものほど、優れた狩猟道具を作ることができ、狩猟においても戦略を立てて実践することができたから、と推察されている。

「戦争」集団を指揮し、優れた兵器をつくる

またイギリスの生物学者であるロバート・ダーウィンをはじめ、多くの人が「戦争」も人間の知能が発達した要因であったと指摘している。これも狩猟と同様、より高い知能を持つものほど優れた兵器を作ることができ、強力な集団を指揮できたからという。

「浮気」が人類の知能を進化させた⁉

そして今回人間の知能が発達した要因として注目したいのが、動物行動学研究家の竹内久美子氏が提唱する「浮気人類進化論」だ。

彼女の著書『浮気人類進化論―きびしい社会といいかげんな社会』によると、戦争や狩猟だけが知能を発達させたのであれば、女性の知能は発達しなかったはずであり、他に理由があるはずだというのである。

■生存戦略の中で浮気をしてきた人間

そこで竹内氏は下記のように提唱する。

男は女を口説くために、また女は男に関する情報交換を行うために、どちらも言語的能力を進化させた

狩猟時代、男たちは狩りに出かけ、女たちは子供の面倒を見ながら家のことをする。男たちは狩りに出かける間にさらに多くの子孫を残すために、浮気を試みる。男は外で見知らぬ女を口説くために、うまい言葉づかいが必要となるため、言語能力を発達させたのだという。

一方、女性は夫に浮気をさせないよう監視する必要がある。そこで女たちは近所の妻たちと井戸端会議を行い、お互いに情報を交換し、夫の浮気を防ごうとした。

また、女性たちは夫の浮気を防ぐだけでなく、悪い男につかまって身を滅ぼさないために、注意すべき男性についての情報交換も行う。

このように女性同士の情報交換に言語能力が必要不可欠だったために、女性は言語能力を発達させたという。今でも噂話が好きな女性が多いのも、この理由からなのではないかと竹内氏は言う。

■浮気や不倫は人間的な行為?

周りの人に迷惑をかけ、傷つける浮気や不倫は褒められた行為ではないだろう。

けれども、人間が男女の駆け引きや、生存戦略のひとつとして浮気をし、それにより人間は知能を高め、他の生物と一線を画す言語能力を手に入れたというのは一理ある。

ドラマ『あなたのことはそれほど』第9話でも、W不倫をしている主人公について友人の女性が「人間してるって感じがする」と発言している。

たしかに、自分の感情や欲望に忠実に行動した結果なされる浮気や不倫は、善悪は別として、人間的な行為であるのかもしれない。

【出典元】
竹内久美子著(1998年)『浮気人類進化論―きびしい社会といいかげんな社会(文春文庫)』文藝春秋.

この記事のライター

下北沢を愛するフリーライター、コラムニスト。女性向けウェブメディアでの編集・ライター経験を活かし、女性の生き方・働き方、恋愛や結婚など男女関係についてのコラムに加え、グルメメディアでの経験を活かしたグルメ記事、食レポを執筆中...

関連するキーワード


不倫 浮気

関連する投稿


【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「リアルチキン」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載最終回です。


【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「不安な王様」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第7弾です。


【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「悲劇のヒーローきどり」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第6弾です。


3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は「3年で愛が終わる」という説について、生物学的な観点で掘り下げていく。


至高の愛か、ただの不倫か。衝撃の結末を迎える、映画『昼顔』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#14

至高の愛か、ただの不倫か。衝撃の結末を迎える、映画『昼顔』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#14

2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』。待望の続編となる映画『昼顔』がいよいよ今週末より劇場公開されます。平日昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦のことを「昼顔妻」と呼び、社会現象にまでなった本作。ドラマ版のラストで引き裂かれた紗和(上戸彩)と、北野(斎藤工)。ふたりの愛のゆくえは――?


最新の投稿


「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

日本未上陸の最新韓国コスメが到着。美白大国・韓国でトレンドのUVコスメは「直塗りスティックタイプ」!? ETUDE HOUSE、MISSHAなど、人気韓国ブランドが こぞって発売しているスティックコスメに注目です。


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

ジバンシイファンはもちろん、ジバンシイ製品をまだ利用したことのない方でも、 ジバンシイの魅力と世界観を存分に体感できるイベントをジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。


『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第7話では司の父が突然上京してきて、小林家に滞在することになる。


料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

カルパッチョやサラダ、肉・魚料理にも。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料「塩とレモンとオリーブオイル」が8月21日より全国で新発売。かけるだけで美味しい一品に。


DRESS部活