こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


小さな女の子が庭の端っこにお花の種を植えました。

「大きくなあれ、まっすぐ伸びろぉ」

芽を出した花は女の子の言葉を素直に聞いているかのように、まっすぐ真っ直ぐ伸びていきます。
でも、つぼみをつけたころ、真っ直ぐ伸びていたはずの花はゆっくりと頭をもたげて茎は軽く曲がってしまいました。

女の子は言います。

「どうして真っ直ぐ伸びてくれないの? 美しくないし、こんな曲がったお花はいらないわ」

そうして女の子は毎日の水やりもやめ、二度とお花のところには行きませんでした。

■成長の過程で少しずつ曲がっていく私たち

花の種類によっていろいろあるのだろうけれど、真っ直ぐ伸びていた花でも、つぼみができると少し頭をもたげる。花が大きく、美しいものほどそうだ。ふと、人間と一緒だなあ、と思った。

子どものころは欲望に忠実で、嫌なものは嫌、好きなものは好き、と主張する。自分の主張が通らなければ泣きながら地団駄踏むことだってある。とても素直である意味「真っ直ぐ」だ。

しかし、年を重ねていくと、「ここでワガママを言ってはいけないんだ」「空気を読んで、みんなと同じようにしなくっちゃ」……そんなことを考えて、右倣え。

気がつけば周りと同じような格好、姿勢で歩いている。学校ってきっとそういう場所なんだろう。でも、大人になるためには必要なステップ、シーン。

しかし、学校を卒業すると、また新しい環境で右へ倣え。真っ直ぐ伸びていたはずの「わたし」はあっちへこっちへと方向を変えつつ、でも自分では真っ直ぐなつもりで伸びていく。

曲がっていくのは悪いことではない。ただ、昔一緒に真っ直ぐだった「あの子」は、隣にいる「あの子」の曲がり方が気に入らない、という感情が生まれ始めるだけだ。

■「あの子変わったなあ」と反発してしまう

人は変わる。それが自分の気に食わない変わり方だと、どうしても反発が生まれる。

「昔はあんな子じゃなかった」

そう言って距離を置く。自分だって、「昔はあんな子じゃなかった」と言われているのも気づかずに。

でも、何年も何十年も変わらないままの人間なんているのだろうか。

育ってきた環境が違えば性格も異なる。生活するシーンによって、また性格は変わっていく。それを思っている以上に許容できない。私が好きだったあの子はどこへ、と昔の幻影を求めて関係をこじらせていく。

■少なからず曲がっていて、こじらせた人たち。皆、同じだ

年をとれば、みんな少なからずこじらせる。

「彼女は○○を持っているのにどうして私は持っていないんだろう」

そんなものだらけだ。今の社会で過ごす女性は、それだけ多様化しているんだろうなあ、と思う。いや、もともと多様だったものが今は顕著に現れるようになっているのか。

周りの人が、「思っていたような人ではなかったんだ」といつの間にか変わってしまったとしても、「もう会いに行くのやーめた」とならないでほしい。

少し距離を置くのもありだけれど、「会話」という栄養を与え合うことによって、少しは同じ方向に成長できるようになるかもしれない。

真っ直ぐ、真っ直ぐ伸びろ、伸びなきゃもう構ってやらないんだから。

そんなふうに個性を潰してそっぽを向くのだとしたら、あまりにも愛がなさすぎるのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


人生

関連する投稿


私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

美意識、鍛えていますか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』を読んで気づいたのは、私らしさを出すためにも、仕事とのより良い向き合い方にも、美意識が欠かせないということでした。


「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


「三十路のオンナに価値はない」は、全力で蹴り飛ばすことにした

「三十路のオンナに価値はない」は、全力で蹴り飛ばすことにした

女はこうあるべきとか、30代はこうなっているべきとか、誰が決めたのかわからないルールを押し付けられるときがある。何もかも否定する人や、周りと同じであることを求めてくる人は、もう放っておこう。私たちはもっと自由に、軽やかに生きられるから。


松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの名言「考えろ! 考えるな!」をご存知ですか。自ら努力してどうにかなるものは、とことん考えて取り組みたい。一方、相手の気持ちや考えなど、自分の努力やコントロールが及ばないものは、考えても仕方がない。くよくよするくらいなら、ほかのことに時間を割こう。生きるのが楽になる、そんな考え方を筆者の経験と共にご紹介。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。