こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


小さな女の子が庭の端っこにお花の種を植えました。

「大きくなあれ、まっすぐ伸びろぉ」

芽を出した花は女の子の言葉を素直に聞いているかのように、まっすぐ真っ直ぐ伸びていきます。
でも、つぼみをつけたころ、真っ直ぐ伸びていたはずの花はゆっくりと頭をもたげて茎は軽く曲がってしまいました。

女の子は言います。

「どうして真っ直ぐ伸びてくれないの? 美しくないし、こんな曲がったお花はいらないわ」

そうして女の子は毎日の水やりもやめ、二度とお花のところには行きませんでした。

■成長の過程で少しずつ曲がっていく私たち

花の種類によっていろいろあるのだろうけれど、真っ直ぐ伸びていた花でも、つぼみができると少し頭をもたげる。花が大きく、美しいものほどそうだ。ふと、人間と一緒だなあ、と思った。

子どものころは欲望に忠実で、嫌なものは嫌、好きなものは好き、と主張する。自分の主張が通らなければ泣きながら地団駄踏むことだってある。とても素直である意味「真っ直ぐ」だ。

しかし、年を重ねていくと、「ここでワガママを言ってはいけないんだ」「空気を読んで、みんなと同じようにしなくっちゃ」……そんなことを考えて、右倣え。

気がつけば周りと同じような格好、姿勢で歩いている。学校ってきっとそういう場所なんだろう。でも、大人になるためには必要なステップ、シーン。

しかし、学校を卒業すると、また新しい環境で右へ倣え。真っ直ぐ伸びていたはずの「わたし」はあっちへこっちへと方向を変えつつ、でも自分では真っ直ぐなつもりで伸びていく。

曲がっていくのは悪いことではない。ただ、昔一緒に真っ直ぐだった「あの子」は、隣にいる「あの子」の曲がり方が気に入らない、という感情が生まれ始めるだけだ。

■「あの子変わったなあ」と反発してしまう

人は変わる。それが自分の気に食わない変わり方だと、どうしても反発が生まれる。

「昔はあんな子じゃなかった」

そう言って距離を置く。自分だって、「昔はあんな子じゃなかった」と言われているのも気づかずに。

でも、何年も何十年も変わらないままの人間なんているのだろうか。

育ってきた環境が違えば性格も異なる。生活するシーンによって、また性格は変わっていく。それを思っている以上に許容できない。私が好きだったあの子はどこへ、と昔の幻影を求めて関係をこじらせていく。

■少なからず曲がっていて、こじらせた人たち。皆、同じだ

年をとれば、みんな少なからずこじらせる。

「彼女は○○を持っているのにどうして私は持っていないんだろう」

そんなものだらけだ。今の社会で過ごす女性は、それだけ多様化しているんだろうなあ、と思う。いや、もともと多様だったものが今は顕著に現れるようになっているのか。

周りの人が、「思っていたような人ではなかったんだ」といつの間にか変わってしまったとしても、「もう会いに行くのやーめた」とならないでほしい。

少し距離を置くのもありだけれど、「会話」という栄養を与え合うことによって、少しは同じ方向に成長できるようになるかもしれない。

真っ直ぐ、真っ直ぐ伸びろ、伸びなきゃもう構ってやらないんだから。

そんなふうに個性を潰してそっぽを向くのだとしたら、あまりにも愛がなさすぎるのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい