「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


■我が家の「夫婦別財布」のしくみ

我が家は夫婦別財布にしている。

小遣い制にする話は最初からなく、どうやって支払いを分担するか、というところから始まった。結果、現在は夫が家賃、私が光熱費、固定通信費を含めた生活費を払うということで落ち着いている。それで大体同額になる。

大きな買い物をするときはさすがに相談をするけど、基本は何を買おうとどこへ行こうと自由だ。

しかし、結婚してすぐの頃、ある女性から衝撃的な一言をもらった。
「夫婦は小遣い制でないと離婚するよ」

■「お小遣い制」への違和感

確かに大学の同期などで集まると、男性陣はみな小遣い制だと言っていた。

月に2〜3万。服を買ったり、飲み会が続いたりしたら赤字にならない? と尋ねると、その場合は独身時代の貯金で補てんしているのだという。

少数派ではあるが、夫がお金を管理し、お小遣いをもらって生活している、と言っている女性もいた。

専業主婦/専業主夫だと、稼ぐのは一人になるわけだし、どちらかがお金の管理をして、お小遣いを渡すというのは自然なのかもしれない。

男性陣の中には、「俺が仕事をやめて家庭に入ってくれって言ったから、そこは仕方がないかなあ、と思ってる」と言っている人もいた。

でも、夫婦共に働いていて、かつ稼ぎが同程度なら、「お小遣い」という制度が納得いかない(もちろん価値観はさまざまなので、ここは私の個人的な見解です)。

必要経費は分割し、あとは自分の自由に使う。だって自分で働いて稼いだお金だもの! ……と言うと、それはエゴだ、と前出の女性に言われた。

夫婦は結婚したらひとつになる、夫の財産は妻のもの、妻の財産は夫のものだ、と言われたのだ。なにそれ、よくわからない。

■「夫婦だから」という理由で、財産を把握するのは当然なのか

これもまた衝撃的だったこと。私の周りにいる女性たちはみな、夫の貯金額を知っているらしい。知らないという私は「信じられない」と大層驚かれた。

ここでやっぱり出てきたのが、「夫婦なんだから」という言葉だった。

確かに友人間で「貯金いくら?」「給料毎月いくらもらってるの?」とは聞けない。

しかし、生活を共にするのだから、どれだけの財産を持っているのかは把握しておくべきだ、というのだ。

振り返ってみると私たち夫婦が確認したことなんて、互いに借金がないかどうか、ということだけだった。

■夫婦別財布はお小遣い制と比べて「夫婦になった感じがない」?

生活をしていく上で、互いにどれくらいの経済力があるのか、知っていることは必要だ。

でも、これだけ共働き夫婦が増え、子どもがいないならお小遣い制がナンセンスな気がしてならない。財布をひとつにしてしまうと、いざというときに共倒れする可能性があるのでは、と思ってしまうのだ。

しかし、これはただの私の体感で、お小遣い制のほうが快適な生活が送れるのかもしれない。金遣いの荒いパートナーを制するにはいい方法なのか。とはいえ、場合によってはどこからか借金をしてくる可能性だってある。

お小遣い制でないと離婚する、と言った女性はこう続けた。
「だって夫婦になったって感じがしないじゃない」

財布が一緒になるだけで、そんなに結束力が高まるのか。少し気になるところではある。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚 マネー

関連する投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


年末年始の貯金計画で、貯まる私になる方法

年末年始の貯金計画で、貯まる私になる方法

「うかうか1年」。これは、筆者が毎日通るお店に年末になると貼っている言葉です。今年も一生懸命働いたけれど、貯金残高は増えていない。かといって、満足感のあるお金の使い方をしていたかと聞かれれば、そうでもない。うかうか1年、たっていた。来年こそは、お金が貯まる“うはうは1年”にしませんか。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


見逃してはいけない。生命保険に加入するときのポイント

見逃してはいけない。生命保険に加入するときのポイント

「保険」よりも、もっと楽しいことや癒されることを考えたいですよね。たしかに、保険やお金のことを考えていても楽しくはないでしょう。それでも、生きていくにはかかせないアイテムだということを知ってほしいのです。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい